“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの騒音…大型水槽のブーンというモーター音

暑い夏が、またやってきました。
この時期になると、必ず出てくるのが、エアコンによる騒音です。

昨年の夏、都内のマンションにお住まいの方から、「エアコンの音がうるさく、寝られない」というご相談をいただき、測定調査をしました。
お隣のエアコン室外機、向かいのビルの大型エアコンの室外機、測定してみると、確かにそれなりの音はしているのですが、中心の周波数が違うのです。

その問題の音は、200Hzという、エアコンとしては、やや高い音が、リビングのそれも、一部の天井部分から、聴えて来るのです。
戸内の天井裏のダクト、換気扇などの音も調べてみましたが、聴感覚と波形が一致する音はありません。
もちろん、戸外の周囲もいろいろ調べてみましたが、該当する音はありません。
結論として、これは直上階から伝わっている、としか考えられません。直上階にある、何らかの機器のモーター音では?ということになりました。

しかし、それからが大変でした。
うかつに、「お宅から、うるさい音が響いてくる」とは言えません。
一緒に暮らしている、共同住宅ですから、簡単に調査させてもらうことは不可能です。
結局、組合の総会の議題に掛けていただいて、やっと調査が出来ました。
「とてもうるさい音がしていて、寝られない。立ち入り調査をして欲しい。」という要望として、挙げました。

原因はやはり、直上階にある、大型水槽のポンプの音でした。
床に直接置かれていたポンプを、台の上に、緩衝材を敷いて、置いてもらいました。
それだけで、解決しました。

たったこれだけのことですが、何気なくやってしまうのではないでしょうか。
共同住宅ですから、こういった所にも、気を遣うことが必要なんだなぁ、と気付かされることでした。

 

下階の音がうるさい…上階でなくても、響く
昨年、都内のマンションで、いつもとは違う、「下階の音がうるさい」というご相談がありました。
その方は2階にお住まいで、1階からの声、特に足音がよく聴える、というものでした。

調査にうかがってみると、確かに下階からの声・足音がよく聴えます。
上階からの音とは思われません。
ところがそのマンション、外から見ると、別棟になっていることが分かりました。
その間は、エキスパンションでおおわれていました。

「これは」と思い、屋内に入って、よく聴いてみると、その音はエキスパンション側の界壁から聴えていました。
その棟と隣の棟との間は、金属板で隠されてはいるものの、恐らく10僂らいは空間がある、と分かりました。

そしてその壁は、ご多分に漏れず、問題のGL工法の壁。
これが、1階で声・足音などを共振共鳴させ、コンクリート壁に挟まれた、せまい空間で反射を繰り返し、それがまた上階の壁から入り、GLで増幅され、大きな音になって聴えているのでは、と考えられます。

原因は分かりましたが、この問題を解決するためには、どうしたらよいのか?

ご相談者は、懸命に管理組合、管理会社に「何とかしてくれ」と訴えられましたが、ともに事なかれ主義、なかなか相手になってくれない。
となると残る手段は、自己防衛しかなくなります。

そこに面している壁はもちろん、空間でつながっている天井・床も、対策工事をしなければなりません。
工事業者に見積もってもらいましたが、かなりな金額になります。
とても、そんな多額の費用は、かけられない。
では、転売するのか?
結局、結論が出ず、そのままになってしまいました。

ボクの仕事は、『問題を解決すること』。
それを標榜しているのに、何も結局は出来ない、もどかしさ、悔しさ。
未だにその残念を、引きずっています。
「あと、何が出来たのかなぁ』
未だに解決の方法を、考えています。


 
マンションの遮音性能試験
今年の春、都内のマンション室内の、隣戸との遮音性能の試験を依頼されたことがありました。

どうも、改装した結果、「うるさくなった」というお隣の方から、苦情が出て、それで試験を、と言うことになったようです。

室内、3箇所で、雑音発生装置(ピンク・ノイズ)を音源にして、隣戸の室内で、測定しました。
元からの界壁は、D-50レベル、今回工事した壁は、D-55レベルと、むしろ良くなっていました。
その結果、数値で、お隣の方は納得して、問題は解決したようです。
ちなみに、窓からの回り込み音は、D-45レベルでした。

これは、測定して解決した、という最も好ましい例でした。

ところが、この測定によって、別の箇所が問題になりました。
それは、コンセント・ボックス、でした。
界壁がD-55レベルにあるにも関わらず、そこはD-35レベルしかなく、早速、高密度のウールを詰め込むことをお薦めし、解決したようです。
これは、結構大事な防音の落とし穴かな?と痛感しました。
騒音が聴こえる人、と聴こえない人…
これまで、低周波騒音を聴こえる人と、聴こえない人がいる、ということを、書いてきました。
でも先日、低音でなく、誰でも聴こえる中高音で、ボクに聴こえないのに、聴こえる人に出会いました。

埼玉のあるマンションで、管理される方から、騒音の苦情があって、それを調べて欲しい、というご相談がありました。
それで、そのマンションの苦情を訴えてみえる方の室内で、いざ騒音計を構えてみましたが、まったく騒音らしき音が聴こえません。
その時、その方が「ほら、聴こえる。トントンいっているだろ」 
ボクには、まったく聴こえません。
ひょっとして、と思って、聴診器を取り出し、床に当ててみました。
すると、それまで聴こえなかった、トントン音が聴こえるではありませんか!
計測してみると、トントン音の正体は、40Hzの低音で、50dBを越える音が出ています。

少しでも疑っていた自分を恥じるとともに、「世の中には、こんなに耳がよい人もみえるんだ」と、考えを改めました。
40Hzはボクにとって可聴域なのですが、まったく感じることができませんでした。

実は、トントン音だけではなく、その中には、女性の話し声・男性の話し声も、時々入っていました。
周波数でいうと、250〜500HZの中音域も存在していたのです。
もちろん、ボクには聴こえないのに、その人には聴こえているのです。

その方は、高い音は別にして、その他の音がよく聴こえ過ぎるようでした。
それで、このような苦情につながった、ということです。

普通の人には、聴こえない音でも、聴覚が敏感な方がいて、その人にとっては、苦痛なんだ、ということを、これまで書いてきたクセに、と反省するとともに、考えを改めることとなりました。

もう一つの問題として、『個人差』といえば個人差ですが、それだけで片付けて良いものか?
という疑問、課題が、改めてボクにのしかかっています。
もちろん、何とか解決に向けて、努めることが、ボクの仕事です。
できる限りのことをしてみよう、と今、考えています。
マンションの高周波騒音…低周波騒音じゃないの?
先々月、珍しいご相談がありました。
横浜のマンションで、「高い音がうるさくて、寝られない」という、これまでとはまったく逆の、高周波騒音の相談でした。
それは、管理会社からのご相談で、「先ず現場で…」とお話ししたのですが、その方はお忙しく、「自宅にいる時が少ない」とのこと。
どうしたものだろう?と思っていたところ、管理会社から、「問題の音をレコーダーに採りました」とのこと。
「そんなんで、分かるのかなぁ」と思いつつ、現場のマンションに行って、聴かせてもらいました。
ハッキリ、クッキリと、問題の高周波騒音が入っていました。その音を、レコーダー越しに測定してみました。
それから、その室の内には、入れなかったのですが、その周囲の暗騒音(余計な音がない、普段の状態の音)を測定してきました。
帰ってきて、メモリーを取り出し、グラフにしてみてビックリ。
レコーダーの音と暗騒音が、オール・パス(各周波数のフィルターを通さない、全体のエネルギー値)
を比較してみると、9.9dB引くとピッタリ、グラフの線が重なるではありませんか!



グラフを見ると、問題の音は、3150Hz辺りの音。
推測するに、高周波音を発する機器の何か?
線の接触が不具合で、何らかの音波・振動が発生しているのでは?
と考え、お伝えしました。

それにしても、現在のレコーダーの実力・性能、スゴイですね!
デジタルは、スゴイですね!


それにしても、その後どうなったのか、連絡がありません。
何も言ってこない、ということは、無事に解決した、のでは?と思われます。

あまり悪口は言いたくないですが、何も返事をくれない、というのは不親切だし、失礼だ、とボクは思います。
管理会社、とはそういう会社か、と思わざるを得ません。
音で困っている人が、少しでもいなくなれば、と思ってやっているのに…

残念です。


 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.