“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
戸建てのピアノ室、遮音性能調査が、決め手でした

夏の頃、戸建ての住宅に、グランド・ピアノを弾く室を造りたい、というご相談がありました。
これまでも、いくつか手がけてきましたが、今回のご要望は、「出来るだけ、お金を掛けないで」ということでした。
それで早速、遮音性能調査にうかがいました。

駅近くの住宅地にあり、家と家の距離はあまりなく、音漏れは必ず苦情になる、というような地域でした。
ピアノ室の中で、高い音から低い音を、同じエネルギーにそろえた、ピンク・ノイズを、ピアノが出すと思われる、100dB程度の

音エネルギーを発生させ、建物内、屋外の重要と思われる場所で、どれだけに聴えるか?測定調査をしました。

家の中はともかく、近隣に接している場所を中心に、測定調査をしてみました。
その結果、外壁の遮音性能は、思ったより良く、D−40レベル、騒音値AP(A)は、47.7dBも低減していました。
そして、これが重要なのですが、周囲の普段の音、『暗騒音』とほぼ同じくらいになっていました
たとえ遮音性能が、低くても、漏れる音が周囲の音以下であれば、聴えない、ということになる訳です。
実際には、人の聴感覚は素晴らしく、音を聴き分けてしまい、知覚してしまうのですが、原則としては、そうなります。

実はその遮音性能には、3mくらいしか離れていない窓があり、そこから回り込んでいて、そういう数値になっています。
実際の遮音性能は、もっとあるはずです。
また、周囲の環境は、自動車騒音が多く、よほど耳を澄まさないと、聴えないと感じました。

この建物の弱点は、窓と基礎にありました
この建物は、2×6で、輸入物の気密サッシが付いていましたので、窓の遮音性能は高く、D−30レベルでした。
基礎は、今はやりの基礎パッキン、基礎と土台のスキ間から、かなりの音が漏れていました。

それで対策は、思い切って外壁を止め、窓は内窓を付け二重サッシに、床はピアノの下に、振動を吸収する『緩衝材』と、音を遮る『遮音材』を、合板などとサンドし、床のフローリングには、絶対に音を伝えない、という対策をしました。
その結果、コストは安く、ご満足いただくことが出来ました。

これも、事前の測定調査があったればこそ。
そこで、ピン・ポイントの対策プランが、出来ました。

ピアノ・音楽防音室 | 10:34 | - | - | - | - |
オーディオ室の防音

 先日、ボクが設計させていただいた、オーディオ室ができあがりました。
そこは、鉄筋コンクリート造の地下で、コンクリートの界壁を挟んで隣戸という空間でした。
壁はともかく、天井高さが取れず、ギリギリのところで、プランを決めました。
映画など、遠慮せず低い音・響きを楽しみたい、というオーナーさまのコンセプトで、もちろんコストが掛からず、という条件の下でした。

工事は、その建物を請け負ったゼネコンさんにお願いして、ボクが現場指導をする、というチーム・ワークで、できあがりました。
そこの監督さんは、以前スタジオを造ったこともあり、『音』について、よく勉強されていて、ボクの言うことをすんなり現していただけました。
ただ、ボクが手配する、特殊防音材の発注ミスがあったり、防音ドアをこれまで頼んでいた会社が倒産したり、大変でしたが、それにも関わらず、施工チームは、よくやっていただきました。

竣工後、オーナーさまと一緒に、実際音を出して、いろいろな場所で体感、測定をしてみました。
最低限の仕様で、心配していた隣戸では、通常の音量ではまったく聴こえず、居づらくなるくらい音量を上げ、壁に耳を当てると、かすかに聴こえる程度でした。

オーナーさまから、「これで、大丈夫ですね」とお聞きした時、正直、ホッと肩の力が抜けました。
喜んでいただき、充足感をいただきました。

みんな、こんな風に、うまく行ってくれると好いのですが、『音』はやってみなければ、分かりません
大きな音響専門の会社やゼネコン、学会であれば、それなりの研究設備、シミュレーション装置があり、計算通り行けるのでしょうが、ボクのような零細な音職人は、経験・知識とカンでやるしかありません。
まぁ、その分、コストも掛からずに出来ますが…

満足と感謝のことでした。

ピアノ・音楽防音室 | 08:39 | - | - | - | - |
ピアノ教室防音工事…天井を破ってみたら

 今年の夏の、愛知の方の楽器店のピアノ教室の防音工事をしました。
隣のエレクトーン教室の音がうるさくて、レッスンにならない、ということで、ご相談をいただきました。
竣工した25年前の図面と現地調査・測定を基に、防音プランを作り、なるべく時間もコストも掛けないですむ方法を、提案しました。

いざ、工事に掛かり、天井を破ってみて、ビックリ。
何と、天井裏に、10本近くの給排水管が

走っているではありませんか(右の写真)

図面にもなく、担当の方も知らなかったことでした。
どうもこれが、音を伝えていた、と気が付きました。

さあ、どうしよう?
今さら管を移設など出来ません。

ともかく、この状態での最善を尽くすことにし、

界壁を天井裏に造り、大変な作業でしたが、

管1本1本の周囲をスキ間無く、遮音制振ゴムを

2枚張りしました。
かつ、ロックウールを目一杯、詰め込み、吸音

させることに努めました。
それでも、管は『伝声管』の働きをします。

それでも、工事後の測定では、中・高音で50dB以上、低減していました。
「よかったぁ」というのが、正直なところでした。

防音工事は、本当に怖い。
新築工事ならば、間違いなく目標の結果が得られるのですが、改装工事では、よくこんなことが起こります。
言わば『想定外』のことは、防音工事には必ずつきまといます。
それでも、何とかするのがプロ、と最近は、妙な自信が付いていますが

ピアノ・音楽防音室 | 10:42 | - | - | - | - |
鉛信仰と防音設計
 川崎の住宅街にあるカラオケ店の話です。
 公団の1階にあるお店で、3方がコンクリートの壁、それ以外のバス通りに面している壁から盛大に外の通りに音が響いていました。

 昼間は車が通るので、気にならないのですが、夜になると近隣、特に上階の住人から苦情が来ている、とのこと。
 その壁が見事に共振体になって、アーケード、道路、反対側の建物などに反射して、上階が一番うるさい、という状況でした。

 調べてみて、その外壁に向けて、スピーカーが二つ、言わば外壁が太鼓の皮のようになって、共振体になっていることが分かりました。

 苦情があって、その壁の内側に、高価な鉛シートを貼ってみたけれど止まらない、どうしたらいいでしょう、というご相談でした。

 防音には、遮音・吸音・制振が必要なのに、この場合、制振・吸音が弱かったため、このようなことになったようです。
 壁の中にグラスウール、密度24kg品、厚50mmを入れてあるから、と設計者は弁解していましたが、この程度ではほとんど糠に釘、状態です。

 これ以上壁は壊せない、というので、制振ゴムと制振フェルトを重ねて、新たに壁を付け、事なきを得ました。
 全く聴こえなくなり、喜んでいただきました。

鉛信仰、建築の世界には、依然蔓延しているようです。
鉛は確かに、比重が重く、質量則ではすぐれた防音材ですが、反射材で、少しでもスキ間があれば、そこから音は漏れていきますし、制振性はありません。
その上、有害で、環境によくありません。
かつ、高価です。
鉛を使わなくても、防音はできます。
ピアノ・音楽防音室 | 16:10 | - | - | - | - |
録音スタジオの設計(ミュージシャンAの音源ディレクター)

 有名な女性ミュージシャンAの音源ディレクターさんの録音スタジオを設計したことがあります。
 
この時の依頼は、音楽ブローカーというのか、正体不明の人間がリーダーで、その遊び仲間の建材会社社長からでした。
工事は、仲間の工務店がやることになっていて、話してみて、音の素人であることが分かりました。
その他、間に元ミュージシャンの音響専門家という人がコーディネーターに何人か入っていました。
話していて、要求は厳しいのですが(ボクにとってはそれ程でもない)、内容がいい加減。
実際にコーディネイトに入った人に、都内倉庫の中にある、スタジオに連れて行ってもらったのですが、音が屋外にダダ漏れ、ヒドイもので、「これで良いのですか?」と聞いたら、「こんなもんだよ」とのこと。
不安になって、一旦はお断りしました。

すると建材会社の営業マンが、「社長の顔をつぶすつもりか」とヤクザみたいなおどし。
結局、「全部あなたの言う通りにするから」ということで、引き受けることにしました。


しかし、途中いろいろなことがありました。
中古の木造の建売住宅を改造してのスタジオ造り、平気で柱を抜いてしまったり、音はもちろん、大工としても素人みたいな連中を相手に、苦戦しました。

何とか当初目標としていた60dB遮音性能が出て、一旦はOKとなったのに、その後、聞いてもいなかったアクティブ・ウーファーがついて、音が漏れると言いがかりを付けられ、結局オカネの一部しかもらえませんでした。

ミュージシャン相手は、お話しはありましたが、それ以降お断りしています。
どうも、ミュージシャンくずれ、と呼ばれる人種には、ろくな人間が居ないようです。
でも、すごく良い勉強になりました。

ピアノ・音楽防音室 | 08:10 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.