“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション騒音…24時間換気扇の音
以前にも、上げてみましたが、またまた24時間換気扇が原因の、騒音問題がありました。

新築から半年にも満たない、そのマンションの2階で、その『問題の音』はしていました。
『問題の音』は、ウィーンという中音のモーター音のような音でした。
測定してみると、その音は、400Hzをピークとする、やや高い音。それが響き続けているのです。

音量を測定してみると、一番南東の角の室が、最も大きな音になっていました。
それも床よりも壁、上階から、と考えられました。
日を改め、上階の測定調査にうかがいましたが、『問題の音』はありません。
下階では、盛んに音がしているのにも関わらず…

騒音源探しは、行き詰まりました。
原点に戻って、考え直してみました。
その室の壁は、悪名高い、GL壁でした。
ボードの裏の空間が、『タイコ現象』を起こして、ある周波数の音だけを共振共鳴させている可能性があります。
ボードの裏の音が、測定できる方法はないか?

ありました。
コンセント・ボックスです。
コンセントのプレートを外して、調べ直すと、その室よりも西隣の室の方が、断然音量が大きいのです。
それは、東よりも西の壁、床よりも天井方向から、ということが分かってきました。

今度は、西隣のお宅にうかがいました。
玄関に入ってすぐ、分かりました。
400Hzの音がしているのです。
でも、測定してみると、お隣のお宅よりも、音量は小さいのです。
そこにお住まいの方は、「特に気にならなかった」そうです。

騒音源は、『24時間換気扇』でした。
運転を止めて、測定してみると、ピークが消えました。
もちろん音は聴えません。
お隣のお宅に、お尋ねすると、「音が止まった!」とのこと。

 騒音源は、『24時間換気扇』でした。

しかし、疑問は残りました。
その音があるお宅は、そうでもないのに、お隣のお宅の方が、大きく響いている、ということ。

ボクの仕事は、『問題の音』の音源を見つけ、対策案を出すこと。
原因は、その換気扇。
対策としては、その換気扇を取替るとか、その機器とか換気ダクト経路を固定している所の中に、お隣の室を共振させているような、『仕組み』があるはずで、そのポイントを無くしてやれば、お隣の騒音問題は、解決するはずです。

先ずは、ホッとしました。
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.