“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
低周波騒音の被害と対策(その5)温泉のボイラー
最近、低周波騒音についてのご相談が、多くなってきました。
今回は、多摩にある温泉施設から。

直線距離にして約20m離れた住宅からの苦情があり、夜寝られない、ということで市役所に相談し、測定した所、60Hzと80Hzの低周波音が原因、とされ、どうしたらよいか?という相談がありました。

いろいろお聞きしてみると、そう感じてみえるのは奥様だけ、場所も寝室だけ。

低周波音が聴こえるかどうかは、個人差がかなりあり、ある人にはよく聴こえても、全く聴こえない人もいます。
また低周波音は波長が長く、共振・共鳴が起きる場所は限られてきます。
とてもやっかいで、最近になって、裁判でも認められるようになってきましたが、これまでは泣き寝入りするしかない場合が多かったようです。

発生源を探ると、ボイラー音が、どうも原因のよう。
夜は11時まで営業していて、早く終わる訳にはいかない。
煙突を塞ぐ訳にも行きません。
低周波音は、吸音させるのも難しく、かといってこの不景気のご時世、お金を掛けて本格的な装置を付けるという訳にも行きません。
それで、煙突に住宅の反対側に反射させるような遮音壁を提案しました。
反対側は山で、何もありません。
今回の場合、それしか選択肢がありませんでした。

その後、何とも苦情は来ていないそうです。
店舗・ホテルの騒音 | 08:27 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.