“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの低周波騒音 揚水ポンプの音
 5年前になります。
横浜のマンションにお住まいの方から、提携先の防音職人さんを通じて、ご相談がありました。

現地にうかがったところ、1階にお住まいの隣に、給水タンクがあり、その水中ポンプの音(振動)が隣接する、書斎・トイレでかなりうるさい状態になっていました。
測定すると、成分は63〜250Hzの音で、40〜50dBの強さ。
数値的には、大したことはないのですが、狭い室空間で、これだけあれば、仕事になりません。

どうもその騒音は、ポンプ室改修後に始まった、とのこと。
それまでは、何ともなかったようです。
それで、管理組合に訴えて、管理会社の方が調査会社に依頼して、それにより防振対策をしたようですが、ほとんど効果がなかったようです。

それ以前の状態が分からないので、何とも言えませんが、ポンプの振動が、コンクリート躯体に伝わり、それが隣接する住戸の壁・天井・床を共振させ、押し寄せている、という感じでした。

その調査会社の報告書を見せてもらったところ、対策として『ポンプの振動が水槽パネルに伝わっている』というような捉え方で、絶縁を提案し、実際に管理会社の方で、最もうるさい1台に、ポンプに防振ゴムを貼り、台の下に防振ゴムとスノコを敷き、管の接続支持部に防振ゴムを巻いていました。

『音は音源で断て』というのが、防音の原則ですので、対策案として『絶縁』を目指しているのは当然ですが、何故水槽・配管にこだわるのでしょう?
水槽の支持台をはじめ、コンクリートに伝わっているところは、いくらでもあります。
止めるのなら、それらすべてを絶縁しなければ、ほとんど効果は考えられません。

その上、防振ゴムを触ってみましたが、ホームセンターで売っているような普通のゴム。
堅くて、とても振動を吸収するようなゴムではありません。
振動周波数に対して、吸収するゴムを選ばなくては、効果がありません。
何でも良い、というものではありません。


ということで、『コンクリートの絶縁』を具体的に提案して、この件は終わりましたが、その後何も連絡がないので、多分、管理会社がその通りにやって、収まったのでは、と思います。

調査会社といっても、いろいろ、です。
この件については、担当者が建築を含めて、あまり現場を知らない、ということでしょうか。
それとも、あまり考えたくないですが、裏でいろいろ政治的なやり取りがあったのでは?とも考えられます。

普通、調査会社は対策案を出しません。
当然、責任を取らなければならないから、です。
多くは、『ウチは調査会社ですから』と言って、断っているようです。
それはそれで、筋が通っているように思いますが、それでは本当に音に困っている人のためにはなりません。

ボクは、本職が建築設計ということもあり、分かる限り対策案を出し、設計をし、時には工事もしています。
それでないと、プロとは言えませんから。
マンションの低周波騒音
 もう一つ、マンションの低周波騒音の話しです。
代官山のマンション住民の方から、ご相談がありました。
中古のマンションを買われて、引っ越しをしたのだけれど、「低いとんでもない音がする」という内容でした。

早速調査にうかがいました。
その場には、仲介の会社も立ち会わせてください、ということで、了解しました。
お聞きすると、重要事項説明は、一切無し。
間違いなく、違反になります。
無条件解約になります。
彼等も必死なのでしょう。

入ると、ブゥ〜ンというスゴイ音。
これは、大変だ!
ということで、測定器を片手に、“犯人捜し”が始まりました。
かなり古いマンションで、どうもパイプシャフトが“騒音の通路”になっているようで、その周辺が特にひどい音を伝えていました。

先ず、地下に変電・受電設備がありまして、古いものですから、かなりの低周波音が出ていました。
でも、時間が違い問題の音はそれでは無さそうで、次は地下駐車場の排気ダクトが、パイプシャフトを通り、屋上のファンから排出されていて、波形としてはかなり近いものでしたが、これも時間が合いません。
その他、隣のビルの中華料理店の排気音、上階水槽のポンプ音など、考えられるものすべてを測定してみましたが、どれも問題の音では無さそうでした。

“犯人捜し”は行き詰まりました。
後日、直上階から低い音が聴こえる、ということで、直接お訪ねしたところ、ありました。
重さ250キロもあるような、古い水冷空調機がうなっていました。
お住まいのおばあさんは、「そう、もう取り替えようと思っていたの」とのこと。
見事解決することが出来ました。

それは良かったのですが、今想い出しても腹立たしいことがありました。
依頼者に報告書を作成したのですが、その報告書を見た仲介会社の担当者から、信じられないような依頼が出てきました。
「傍目があるので、報告書のデーターを、もっと小さいものにしてもらえませんかと言うのです。

その不動産仲介業者と管理会社の間で、何があるのかよく分かりませんが、胡散臭いものを感じました。
調査するのに、いろいろ無理も聞いてもらっていたので、『あなたからお金はもらっていません』とだけ言って、断りましたが、お金も払っていないのに、ウソのデーターを作れ、などとよく言えるものだ、それらの人間が介在している、そのマンションの人たちは、可哀相だな、と思いました。

なかなか、本当の意味で、住民の側に立った管理会社というのは、ないものだ、つくづく感じました。
マンションの低周波騒音
 最近、低周波騒音の相談が増えています。
最近の冷蔵庫の音も、人がうるさく感じる125Hzから、もっと低い63・31.5Hzの方にピークを下げているようですし、住宅内には、様々な低周波音が増えているようです。

練馬のマンションの話しです。
組合の理事長さんからのご相談だったのですが、「低く重い音で、とても室内にいられない、というお宅が何軒もある」ということでした。

現地へ行って、調べてみると、断続的なブーンという、31.5〜125Hzまでの低周波騒音でした。
早速、“犯人捜し”を始めました。
エレベーター、給水ポンプ、受電設備、稼働時の騒音を測定してみましたが、それ程大きくありません。
そこで、敷地の中を測定していくと、東側の境界でかなりの低周波音が出ていることが分かりました。

場所は住宅地の中にあるのですが、東隣には5階建て相当の電気機器メーカーのビル=工場がありました。
どうもそこから出ているようだ、ということは分かってきました。
しかし、被害を訴えているお宅は、東境界に面している戸ではなく、2/3戸離れた1階部分に集中していました。
低周波騒音の場合、波長が長いため、共振の発生する同調点の距離が長くなり、すぐ近くより少し離れた所でよく聴こえる、といった現象が起きます。

そこまでは分かってきました。
「さあ、それからどうするか?」
それが問題でした。

いきなり、犯人扱いするには難しく、ともかく「お隣として、協力してください」というところから始めるしかない、ということに、その場での会議ではなりました。
その後、お聞きしたところによると、組合として、お隣の工場に苦情を訴えて、内部を見せてもらったり、社内で調査してもらったようですが、どうもハッキリとした結論は、出ないようでした。

騒音源を確定しないことには、対策を立てることも難しいです。
かと言って、放って置くことは出来ません。
その戸だけ防衛するか?という話も出てきましたが、金額もバカになりません。
誰が負担するのか?とても決まりません。

その後、どうなったか?お聞きしていませんが、どうも被害は軽減されたようです。
多分、その会社でも問題視して、何らかの対応策を立ててくれたようです。
まぁ、“解決”とまでは行きませんが、何とか暮らせるようにはなったようです。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.