“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
信じられないカラオケ店舗、小屋裏の壁がない

昨年の春頃、都心のカラオケ店の騒音調査と防音工事のプラン作成を依頼されました。

その建物は、在来木造2階建てで、1階に2店舗、2階は空き家状態でした。

騒音問題は、カラオケ店のお隣の食事店から「カラオケの音がダダ漏れ、うるさくて困る」という苦情があり、カラオケ店のオーナーさんからの依頼でした。

 

実際にカラオケ店で曲を演奏、音を出してもらい、お隣の店舗で測定をしてみました。

お隣のお店に入ると、かなり大きく聴えていて、その結果、何と騒音値で18.9dB(A)しか、低減していませんでした。

建築基準法では、「長屋又は共同住宅の各戸の界壁」の遮音性能を規定しています。

以下に、測定値とともに、表にしてみます。

建築基準法・施行令の遮音性能基準と測定値 一覧表 (dB)
125Hz 500Hz 2000Hz 騒音値 dB(A)

法・令 基準値

25.0

40.0 50.0 (40.0)
測定値 28.7 12.0 25.6 18.9
+ 3.7 - 28.0 - 24.4 - 21.1

※ 音源は、あまり音量が変わらないBGM曲を選びましたが、カラオケの楽曲のため、音は常に変動しています。

  そのため、正確な判定ではありません。

※ 基準法・令に騒音値の規定はありませんが、数値は遮音性能、D−40の数値になっています。

 

125Hzは、測定値の方が遮音性能が良くなっていますが、音源が変動する影響から、たまたま受音の時に125Hzの音が少なかったのでは、と考えられます。

500Hz・2000Hz・騒音値の遮音性能値は、21.1〜28.0 dB不足していることが、分かります。

 

立てた防音プランは、界壁・天井部分で、遮音・吸音を使って、20dBと30dB、2つの低減プランをご提案しましたが、コストの関係から、コストの掛からない、20dB低減プランで、防音工事をすることになりました。

 

防音工事が始まって、現場から電話がありました。

「こわしてみたら、天井裏に壁がない」

エェッ、そんなバカな、と思いつつ、現場に行ってみると、界壁は天井まで。

そこから上の壁がありません。

お隣の天井裏が見えます。

 

建築基準法には「界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものとする」とあります

加えて、防火にも同様な規定があります。

そう、違反建築で造られた建物だったのです。

 

お店のオーナーさんのせいではありません。

建物の所有者の責任です。

不動産屋を通して、建物の所有者と交渉してもらいましたが、所有者は逃げるだけ。

結局、お店のオーナーは諦めて、お店を止めてしまいました。

大変なのは工事業者、少しはお金をもらえたようですが、後は泣き寝入り。

 

お店の周辺は、ゴミゴミした呑み屋街、よくある話しで、どうも確認申請もせず、勝手に改装して、そのままだったようです。

ひょっとしたら、まだまだこのような建物、いくつもあるかも知れません。

店舗・ホテルの騒音 | 10:39 | - | - | - | - |
マンション屋上の電話アンテナが、騒音源

もう半年くらい前になりますが、マンション最上階にお住まいの方から、「低音が響いて、寝られない」というご相談がありました。

なかなか調査にうかがうことができなくて、メールのやりとりで、しばらくは「音源」探しをしたことがあります

 

先ず、お住まいのマンション内の可能性が高い、と思われたので、エアコン、給水ポンプ、エレベーター、換気扇など、考えられるマンション内の音源を、一つ一つ確認していただきました。しかし、どれも当てはまりません。

 

敷地外の「音源」も、半径100m以内を歩いて、それらしき「音源」を探していただきました。

すると1つだけ、約50m離れた道路脇にある、柱上トランスが唸っていました。写真を送っていただいて、それはコイルを巻いた古いタイプのトランスでした。

古いトランスからの「低周波騒音」は、これまでも数例ありました。

それは早速、東京電力に電話していただいて、新しいトランスに取り替えてもらい、直ぐに止まりました。

が、マンション内の「低周波騒音」は、止まりません。

 

やっと、日程の調整ができ、うかがって調べてみました。

最も大きく聴える室内で、四周の壁、天井・床を、騒音計で調べて回りました。

その結果、「問題の音」は、25・50ヘルツと倍音の100ヘルツの低い音が主成分の音であることが分かりました。

そしてその音は、界壁側の上が、最も大きな音になっていることが分かりました。

最上階のお宅なので、その上は、屋上しかありません。

管理人室にある竣工図を見せていただいても、その上には、何もありません。

 

しかし、管理人室の前にある掲示板に、携帯電話会社の中継アンテナの点検・工事の案内が貼ってありました。「んんん、これは」と思い、後日調べていただいたところ、ほぼその真上付近に、某携帯電話会社の中継アンテナがあることが分かりました。

騒音源は、そのアンテナで、蓄電池のファンだけでなく、ブースターが付いていて、その音・振動でした。

それを移設してもらって、解決しました。

「シャー」という音…給水管からの音

先日、またまた「珍しい騒音」に出会いました。

その音は、「シャー」という、正にエアーとか水が漏れているような音でした。

 

マンション1階の外廊下では、何か聴えるな、くらいな音が、その室内では、かなりな音になっていました。

そのマンションは外廊下が北側にあり、それに面して、羊羹を切ったような形で、各戸が設けてある、という配置でした。

 

「シャー」という音は、測定してみると、1250Hz・1600Hzという高音にピークがある音でした。

その「問題の音」、「シャー」という音をたどって、音源を探索してみました。

 

その戸内では、南窓側が小さい音で、明らかに北窓側が大きな音になっていました。

そのその外廊下に面している、北側の窓・壁を入念に測定してみました。

その結果、壁面の東側、それも床近くが、最も大きな音になっていることが分かりました。

 

その1250・1600Hzをピークに持つ音が、大きい方に、音源はあります

 

戸外の外廊下に出ると、自動車などの音に「マスキング」され、「問題の音」はあまり大きく聴えません。

でも測定してみると、戸内よりも大きな音になっています。

その周辺に音源はある、ということが、明らかになりました。

 

「シャー」という音は、エアーか水か?

マンションなので、エアー・コンプレッサーはありません。

ガスが漏れていれば、大変なことになります。

しかし、臭いはありません。

残るは、水しかなさそうです

 

建物の図面を見ると、その外廊下の下に、40个竜訖經匹通っていることになっています。

先ずはそれが怪しい、ということで、地上に出ている、周辺の戸のメーター・ボックス内にある、管・メーターを測定してみました。

「問題の音」は、その戸が最も大きくなっています。

 

そこで今度は、外廊下の床面の音をたどってみました

その結果、その戸の玄関ドア脇が最も大きくなっています。

そう、その場所は、戸内の北壁・東・床の、ちょうど真裏に当たります

 

今度はその位置から直角、北方向を測定してみました。

すると、外廊下のフェス側の床が、最も大きな音になっています。

そのフェンスの外側は、いきなり小さくなっていました。

 

「音源」は、その近くのコンクリート下にある、40个竜訖經匹ら、と考えられます。

その管は、市の所有なので、勝手に処置できません。

それ以上は、追跡できないので、そこまでで調査は止めました。

その後、お礼のメールが届きましたので、うまく処理できたのでは、と思われます。

 

給水管の「ウィーン」という共振音

昨年末、あるマンションで、珍しい「音」に出会いました。

「問題の音」を訴えてみえる方の室内にうかがい、「問題の音」を採ることができました。

その「問題の音」は、「ウィーン」と唸る、400Hz・800Hz・2500Hzをピークに持つ『複合音』でした。

ウィーンという音グラフ

 

その音は、常時聴える訳ではなく、断続的に起こり、しばらく続く連続音で、規則性はありません。

この「ウィーン」という音は、以前何処かで聴いたことがある、と感じ、一所懸命これまでの記憶をたどってみました。

その音は「給水管の共振」であることを、想い出しました。

 

音をたどって、外の廊下に出てみました。

しばらくすると、外廊下でもよく聴え、その音が最も大きい戸の前にたどり着きました。

 

どうも、メーターボックスの中から、音が出ているようです。

管理会社の方がみえたので、その戸のインターフォンを押してもらいました。

幸いご在宅で、事情をご説明して、中に入れていただきました。

 

そして、「問題の音」がする、メーターボックスに近い、洗面の水栓を開いていただきました。

すると室内では、かすかに「ウィーン」と聴える音が、外のメーターボックスからは、大きな音になって、響いていました。

その音源は、どうもメーター直後の給水弁の辺りから、発生していることが分かりました。

 

給水管が振動しています

水栓の開き具合によって、給水弁近くの管が『共振』を起こし、発生していることが、分かりました。

原因が分かれば、対策は簡単。

給水弁の開きを大きくしてもらったら、「問題の音」は止みました

 

今は少なくなりましたが、給水管で最も多い「音」は、「ウォーター・ハンマー現象」です。

通気がうまく行かず、開栓すると、管の中の水が「ガン」という衝撃音を発生させる、という現象です。

通気管が設備してあれば、ほとんど起きない現象です。

 

この「ウィーン」という音は、結構珍しい、そう、かつて都営住宅で1件あったくらいの、珍しい現象でした。

事前の緩衝マット…下階に迷惑を掛けたくない

以前ブログにも書いた、新築マンションをご購入後、下階に迷惑を掛けたくない、というお気持ちから、子どもさんが走り回るだろう廊下・室内の床に、『緩衝マット9』を敷き詰められた方から、ご依頼があって、先月、新たに別の室の床に、緩衝マットを敷くお手伝いをしてきました。

 

前回は、マットの厚さ分床が上がるので、建具の高さ調整が必要だったので、職人さんに頼みましたが、今回は、開きドアの部分だけ緩衝材を減らして、ご依頼の方と一緒に、施工しました。

DIYです

 

今回使用したマットは、新しく開発した『緩衝マット11』です。

前回の『緩衝マット9』は、およそ体重が20キロくらいまでの「お子さんが、走り回る衝撃」を吸収する性能でしたが、今回開発した『緩衝マット11』は、およそ体重70キロくらいまでの、「大人のカカト歩き衝撃」くらいまでは、吸収できています。未だ正式に大阪の試験所で、測定していませんが、鉄骨造の2階会議室に敷いて、1階の事務室で、全く聴えないレベルの性能でした。もちろん土足です。

 

今回は、子どもさんが大きくなり、専用の子ども室を用意することになり、その子ども室の床に『緩衝マット11』を敷き詰める工事でした。

結果は、未だお聞きしていませんが、前回の『マット9』は、下階の方からは「全然聴えない」というお話しでした。

今回の方が強力なので、もっと聴えないのでは?と推測しています。

 

マンションは『共同住宅』です。

いろいろな、たくさんの人が一緒に暮らしている建物です。

他人に迷惑を掛けないことは、最低限、必要なことと思います。

しかし、おカネが掛かります。

なかなか事前に、予防としてできることではありません。

 

このご相談者に、ボクは敬意を表しています。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.