“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マリンバの音、音楽室

先月、久しぶりにマリンバの音を聴きました。

 

ボクは以前、愛知の方で“竹音器's”という、竹・雑木で作った楽器を使って、バンドをやっていました。

今もそうですが、里山は竹の侵食によって、自然更新ができなくなり、絶滅寸前のところが、かなりあります。

そこで里山の手入れをする活動をしていました。

手入れで出てくる竹を使って、竹カゴなどの生活の利器、竹炭、竹とんぼなどの遊具などを、作ってきましたが、どれもその場だけ、になっていました。

もっと、永続的に楽しめるものは、ないかなぁ?と考えている時に出会ったのが、柴田旺山先生率いる、バンブー・シンフォニアでした。

「これだっ!」と思い、直ぐにご指導をお願いいたしました。

かなり強引で、かつボク等はボランティアで、オカネがありません。

今から思うと、とっても図々しく、恥知らずなことだった、と反省していますが、その時、旺山先生は「いいよ」と、ご気軽に承諾してくださいました。

それから月一回、名古屋市内の練習場で、楽器作りから、ご指導いただきました。

本当に身勝手で、交通費にもならないくらいの薄謝にも関わらず、熱意を持って、本気で教えてくださいました。

今から思うと、感謝、感謝。

顔から火が出るくらい、恥知らずなことでした。

 

メンバーは、会社員・公務員・自営・学生・主婦など、15歳くらいから70歳くらいまでの名古屋近辺に暮らす人たち。

音楽をやっている人もいれば、音楽は初めて、という人も。

そんなメンバーを、先生は丁寧に、親切に、本当に手を取って、教えてくださいました。

そんな練習の甲斐?もあって、帯広、全国雑木林会議で、デビュー。

名古屋を中心に、ライブ、テレビ・ラジオの取材など、数えてみると、5年間の内で約30回くらい、演奏しました。

 

その中で、旺山先生率いるバンブー・シンフォニアと、恥ずかし気も無く、共演させていただきました。

その時、プロのマリンバ奏者、何故か美女ばかりだったのですが、その時のマリンバの音の素晴らしさ、そして音が想いの他、大きかったこと、よく憶えています。

 

ちなみにボクは、竹笛を吹いていました。

ボクの音楽経験は、小学校から大学の初めまで、ブラス・バンド、その後少しジャズ・バンドをやっていました。

 

話しは長くなってしまいましたが、測定調査は、プロのマリンバ奏者のマリンバ室でした。

残念ながら、設計からではなく、完成後の測定調査でした。

 

戸建てで、「外に音が、漏れている」ということでした。

測定調査をしてみて、直ぐに「音の道」が分かりました。

 

一つは『空気伝搬音』特殊な換気システムが原因でした。

音響・防音をやっている人には考えられない、換気・通気のための、通気口・吸気口・排気口が、室内のいたる所に、存在していました。それが『音の道』でした。

 

もう一つは『固体伝搬音』マリンバの脚から、床フローリング、床下空間で『空気バネによる、共振共鳴』現象を起こしていました。これがもう一つの『音の道』でした。

 

対策としては、そんなに難しいことではなく、

ゞ気の通り道をふさぐ

▲泪螢鵐个竜咾硫爾法◆愆望弸燹戮鯢澆

ということで、屋外への音漏れは、ほとんど屋外の『暗騒音』以下になる、と考えられました。

 

教訓として、ものに依っては、「マリンバの音は、ピアノよりも大きい」ということを、あらためて感じました。

ピアノ・音楽防音室 | 09:38 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.