“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの騒音問題とマスコミ

先日、後味の悪い問い合わせがありました。

それは某テレビ、ニュース番組の特集として、『マンションの騒音問題』を取り上げたい、というボクにとっては、ありがたい、うれしいお話しでした。

マンションの騒音問題を解決するには、一般の人たちの理解こそ、最も大事なことだ、とボクは考えているから、です。

先ず、女性から電話で、そのような趣旨のお話しがあり、ボクは「それは、ありがたいことです。」とお答えしました。

それで、どのように捉え、どのように進めて行くか?お話を聞いていると、だんだん、???という気持ちになってきました。

そして最後に、「どなたか、騒音で困っている方を、ご紹介くださいませんか?」と言われて初めて、気が付きました。

そうだ、そうだったんだ!

 

マンションの騒音問題の特徴は先ず、法律がないことです。

そのために、「個人の感覚だ」とか「あなただけでしょう」など、管理会社から、突き放されるのです。

何とか、管理組合に持ち込んでも、逆に変なマンション規約によって、騒音に困っている方たちが、追い詰められているのです。

「個人のトラブルに、管理組合は介入しない」とか

「民事の争いには介入しない」とか

訴えれば訴えるほど、マンション内で、村八分になって、相手にされなくなっているのです。

 

マンションの騒音問題にお悩みの方たちは、非常に困難な境遇にあるところを、解決に向け、ボクも一緒になって、考え、やれることを実践し、それでもなかなか前に進めない、そんな情況の中にいるのに、悩みをネタに、商売をしよう、なんて、許せない気持ちで、イッパイになりました。

 

ついつい感情が入って、「ふざけるな!どれだけ皆、苦しんでいると思うんですか!」

と言ってしまいました。

 

可能性として、マスコミに取り上げられることで、そういった事情を知らなかった人たちは、「ああ、そんなに困っているんだ」

何とかしてあげなくっちゃ、と考えてくださる方もみえるかも知れません。

しかしマスコミのニュースと一般の人たちの関係は、簡単に言うと、ウケをねらうマスコミと、それをウォッチャーになってしまう、一般の人の関係になってしまいます。

そして、ドンドン流されてしまいます。

とても、解決には向かいません。

 

そんな問題ではない!

とボクはいつも考えて、やっています。

 

その後も、テレビ番組の制作会社から、変なメールが入ったりしましたが、ボクはお断りしました。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.