“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション騒音、『異音』が気になる理由

前回、『水滴』による『異音』のお話を書きました。
他にも、いろいろな『異音』のご相談が、あります。

最も多いのは、住戸内にある、何らかの機器からと思われる音。
ここ最近、「ブーン」というひとつは、125Hzの音。
もうひとつは、「ブーン」という50Hzの低音と500Hzの中音が混在する『複合音』でした。

昔のマンションでは、有り得なかった『騒音問題』です。
ここ10年くらいの問題でしょうか。

その大きな原因は、サッシの気密性です。
格段に気密性が良くなり、前にもこのブログに上げましたが、昔では有り得ないキッチン、流し台のワントラップのワンが、換気扇を回すと気圧が下がって、「パコ、パコ」上下して音を立てたり、結露が多くなったり。

『音』の世界も、大きく変わりました。
何もない時の『暗騒音』、騒音値 dB(A) で言うと、サッシが良くなかった昔は、だいたい35dB(A)。
最近は25dB(A)くらいの、静謐性の中で生活しています
ボクが住んでいる、築48年の公団アパートは、とっても静かな丘の上にあるのに、35dB(A)を切ることは、ありません。
最近測定した、都内の静かな住宅地にある、築11年のマンションは25dB(A)でした。

その静謐の中で、他の戸内にある『固体伝搬音・振動』を発する機器からの音が、マスキングが取れて、聴え始めた、というところでしょう。
具体的に言うと、空気清浄器、ファン・ヒーター、マッサージ機、水槽ポンプ、パソコン・サーバーなどの音が、これに当たります。

これらの機器の音・振動は、その室内では、『空気伝搬音』として、広い空間であれば、さほど気になりません。
ところが、その機器が直接床に置いてあったりすると、『固体伝搬音』となって、床板からコンクリート、コンクリートから下階の天井裏、そして天井のボードなどから、『空気伝搬音』として、放射されます
その空間によって、同調する周波数の音は、『共振共鳴現象』を起こし、上階では考えられないくらい、大きな音となって、放射されています

これまでの経験で、以上のような音の去就が、ボクには分かっていますが、初めての方にとっては『とんでもない音』になってしまいます。
気になって、しようがない、寝られない音になってしまいます。

そして、この問題が大変なのは、その騒音源探しです
共有部であれば、管理組合・管理会社にお願いすれば、ほとんどの場合は立ち入りさせてもらえますが、専有部であれば、所有者、居住者の許可がない限り、立ち入ることができません。
拒否されれば、それでお仕舞いになります。
折角苦労して、戸内の各所・各方向を調べ、『音の伝搬方向』を特定ができても、そこから先は、明らかになりません。

ボクは、こういった問題は、「なるべく直接交渉は、しない方が善い」とお話ししています。

ほとんどの場合、もめるだけ、ケンカになるだけ、です。

言われた人にしてみれば、「お宅が犯人でしょう」と言われているようなもの、です。
絶対に好い気持ちではありません。
間に管理会社・管理組合に入っていただき、解決して行く方が善い、とお薦めしています。

なかなか、大変な問題です。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.