“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
バカにならない、水滴音…マンションの騒音

昨年秋頃から、連続して『水に因る騒音』の相談が、ありました。
それはシャーというような『水流音』ではなく、ポタッ、タンというような『水滴』に因る騒音でした。

一つは、1階にお住まいの方からで、「夜に、カンという音がする」というご相談でした。
その方は、その音源が、バス・洗面などのパイプ・シャフトからであることを、突き止められていました。

ここが大切なことですが、測定調査に当たり、先ず上階の方にお話しして、シャワーを流したり、トイレの水を流したり、という

ご協力をいただきました

うかがって先ず、上階の方にご挨拶、携帯電話により、水を流していただき、それを測定する、という段取りを付けました。
先ずバスの点検口を開け、排水縦管が見えるようにし、電話でシャワーを流していただきました。
最初は、「シャー」という水流音だけでしたが、しばらくして「カーン」という衝撃音らしき音が、約10秒おきにし始まりました。
これが『問題の音』でした。

瞬間ですが60デシベルくらいの音になります。
周囲に何も音がない時の『暗騒音』は、20デシベル以下。
それは、ドキッとします。

排水系統図を見ると、そこのパイプ・シャフトに、上階からのバス・洗面など雑排水縦管とトイレの汚水縦管が通っており、地上で横配管になっていました。
それ以上は、推測になりますが、上階のバス排水が横引き管で、縦管に接続されているところに、繊維くず・髪の毛などが固まっていて、そこから『しずく』が、1階の横配管に当たる音が、「カーン」という音になるのでは?と考えました。

対策として、上階の排水管のジェット洗浄をご提案したところ、それで『問題の音』は無くなりました。

もうひとつは、1階ではなく、2階の方からのご相談で、やはり夜中に「カン」という音がする、というご相談でした。
そこは、上階の方のご協力をお願いできない情況だったので、音がする、という時間に、やはりバスの天井点検口を開け、そこで待機しました。

すると、しばらくして「カン」という問題の音がしました。
実はその音の前は、シャワーをお使いになっている水流音、水を流す水流音が聴えていました。バスをお使いになってみえたようですが、その音が眼の前にあるように、よく聴えていました。
「よく聴えるなぁ」と感じました。

バスの音が止んだ10秒後くらい、その「カン」という音が始まりました。
推測になりますが、蛇口などの水滴が、ユニット・バス、FRP板に当たって音を出している、そんなイメージの音でした。
やはり、だいたい10秒間隔くらいで音が続き、しばらくして、その音は止みました。
私が推測したのは、蛇口にサビ・砂などが挟まり、キチッと締まらずに、溜まった水滴が、床に当たっているのでは?と考えました。

それは、水道業者さんに頼めば、すぐに止まりますが、私が気になったのは、「あまりにも、よく聴え過ぎる」ということです。
構造図を見ると、床スラブは、よく問題になる『ボイド・スラブ』でした。
『ボイド・スラブ』は断面中に、管状の空間があり、遮音性能の低下、『共振共鳴』による透過が起こります。
これは、大変な問題です。

その後、管理組合に提議されたと聞いていますが、簡単には改善できません。どうなったのか、気になっています。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.