“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鉛信仰と防音設計
 川崎の住宅街にあるカラオケ店の話です。
 公団の1階にあるお店で、3方がコンクリートの壁、それ以外のバス通りに面している壁から盛大に外の通りに音が響いていました。

 昼間は車が通るので、気にならないのですが、夜になると近隣、特に上階の住人から苦情が来ている、とのこと。
 その壁が見事に共振体になって、アーケード、道路、反対側の建物などに反射して、上階が一番うるさい、という状況でした。

 調べてみて、その外壁に向けて、スピーカーが二つ、言わば外壁が太鼓の皮のようになって、共振体になっていることが分かりました。

 苦情があって、その壁の内側に、高価な鉛シートを貼ってみたけれど止まらない、どうしたらいいでしょう、というご相談でした。

 防音には、遮音・吸音・制振が必要なのに、この場合、制振・吸音が弱かったため、このようなことになったようです。
 壁の中にグラスウール、密度24kg品、厚50mmを入れてあるから、と設計者は弁解していましたが、この程度ではほとんど糠に釘、状態です。

 これ以上壁は壊せない、というので、制振ゴムと制振フェルトを重ねて、新たに壁を付け、事なきを得ました。
 全く聴こえなくなり、喜んでいただきました。

鉛信仰、建築の世界には、依然蔓延しているようです。
鉛は確かに、比重が重く、質量則ではすぐれた防音材ですが、反射材で、少しでもスキ間があれば、そこから音は漏れていきますし、制振性はありません。
その上、有害で、環境によくありません。
かつ、高価です。
鉛を使わなくても、防音はできます。
ピアノ・音楽防音室 | 16:10 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.