“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
低周波音と違う、315Hzの音

ここのところ、低周波騒音と言われて、調査したところ、100Hzまでの低周波音ではなく、315Hzの音だった、ということがたび重なっております。

都内マンション、下階から「ブーン」というモーター音。
調べてみたら下階・店舗からのダクト音、315Hzの音でした。
男性のやや高い声とおなじくらいの周波数の音、でした。

それが立て続けに2件、それにもうひとつ、都内・戸建ての方も。

 

皆さん、共通して言われた言葉は、「ブーンという低い音」でした。
学会、環境省の規定では、『低周波音は、0〜80Hz』ということになっています。
315Hzの音は、低周波音ではありません。

人の聴覚では、低い音よりも高い音の方が、同じ音エネルギーでも、大きく聴えます。
これらの場合、すべてが315Hzで50dBを超えていて、気にもなりますし、結構、騒音値にも反映します。
しかし、この音域の音は、何の法律にも係りません
環境省『低周波音問題の手引き』にも係りませんし、相手が『特定工場等』に該当しないため、騒音規制法にも係りません。
対応が非常に難しいことになります。

内1件は、居たたまれず、引っ越されて、無人状態。
結局、民法上の「『受忍限度』を超えている」というところで、訴えるしか、方法がありません

それでも通常は、訴えを聞いて、対策を講じてくれる店舗・会社がほとんどですが、中には何もしないところがあります。
それが問題になります。

低周波騒音 | 09:27 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.