“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
低周波騒音のご相談が、多くなってきました

最近、低周波騒音の相談が多いようです。

ボクが採っている低周波騒音調査の方法は、先ず気になる『問題の音』を特定し、その音を追跡するという方法です。
でも、なかなか最初の『問題の音』の特定が、なかなかできません

その原因は、聴覚が不自然になってしまっていることにあります。
多分に、『知覚』が入り込んでいて、聴覚よりも先に、「またあの音」みたいな思考回路に入ってしまうためです

その回路を解きほぐし、普通の聴覚に戻し、『問題の音』を特定します
それが直ぐにできる人は、素直な人です。
妙に考えてしまう人は、とてもそこまでたどり着けません

ほんと、『音』って、奥が深いですね。
医学の知識がないボクには、とても大きな壁です。
そこに至る病理、研究など、ボクなりに調べたりしてはいますが、ほとんど見つかりません。
どなたかに、教えを乞いたいところです。

もうひとつ。
気になる音が、人それぞれ、違います。
当たり前のことかも知れませんが、恐らく人が『音』と感じる過程の何処か、骨伝導の共振周波数の違い、とかが原因なのかな?
いろいろ推測しています。
それも、課題の一つです。

低周波騒音 | 05:55 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.