“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
冬になると多くなる、『低周波騒音問題』

今年の冬は寒いせいか、マンションにお住まいの方の『低周波騒音問題』のご相談が、多いようです。
今日までに5件、低周波騒音のご相談が来て、測定調査にうかがいました。
暖かい秋までは、窓を開けていて、『問題の低周波音』を他の音が『マスキング』していたり、低周波騒音問題で最も多いエアコン騒音の出力が小さかったため、と考えられます。

測定調査とは呼んでも、具体的には、『騒音源探し』になります。
そのすべてが判明しましたが、その5件の内、換気扇・空調によるものが3件と最も多く、他の2件は、エアコン、自然騒音でした。

換気扇・空調は、ファン・モーター音と風洞音であり、その気があれば、解決できるものです。
原因がファンの経年劣化であれば、新しいものに交換すればよいことだし、ダクトの共振による共振音、風洞音であれば、ダクトに防音処置をすれば、低減できたり、解消させることができます。
しかし、その所有が別の人・会社であったりしたら、なかなかうまく進みません。

エアコンの室外機の場合は、『空気伝搬』と『固体伝搬』の経路を、絶縁してやればよいことになりますが、上記の所有の問題、設置してある場所により、難易度は変わります。

自然騒音の中でも、風による風洞音などの場合は、その渦を巻くところで、渦を巻かないようにすることで、解決しますが、その他の自然騒音の場合は、ほとんど自衛とならざるを得ません
ある戸建て住宅の場合、敷地内にある排水枡の中に、大きな低周波音エネルギーがあり、その音が基礎・壁を通じて、室内で放射されていました。
周囲を回ってみましたが、1匏内にその大きな音エネルギーを出しているような施設・工場はありませんでした。
せめて伝搬の方向だけでも、と思いましたが、波長が長いため、同調点が思わぬ所に表れたりして、特定はできませんでした。
これも、『伝搬経路を絶縁する』自衛とならざるを得ません。

というような事情で、人為的なものは、解決の方法はあるのですが、社会的な情況、工事の難易度・金額などの条件から、なかなか前に進めません。
自然によるものは、ほとんど自衛するしか有りません

『低周波騒音』問題は、本当に難しい、とあらためて感じています。

低周波騒音 | 10:32 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.