“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション、下階からの被害は…
マンションの騒音問題で、相変わらず、不動の一番は、『上下階の床衝撃騒音』です。
下階の方からの、『被害相談』がほとんどなのですが、時には上階の方からの、『加害相談』もあります。
本当は「迷惑を掛けないように」というそのお気持ちはありがたく、うれしいのですが、その実、下階の方から、脅されて、ということが多いようです。
下階の方のお気持ちも、よく分かるのですが、どうもその怒りが、度を超えているのでは?と感じることが、たまにあります。

都内であった例ですが、下階の方が上階に向けて、深夜に音楽を向けて響かせて、寝られない、というお話しが先月ありました。
いくら「やめてくれ」と言いに行っても、「それはウチじゃ、ない」と言って、取り合ってくれないそうです。
それで、何時まで経っても、止めてくれないそうです。

そう言う時こそ動かなければならない、管理組合・管理会社は、「紛争は、当人間で」と言って、逃げてしまっているようです。
思い余って、警察に連絡しても、来てはくれても、「事件ではないので」とか言って、そのままになっているようです。

ご相談いただいたボクとしても、
,話し合いをする
⊆衛防音をする
E承錣垢
という方法しか、お薦めできなくて、苦い気持ちでいます。

弁護士さんに相談したら、と言っても、相手にしてくれないそうです。
そんな面倒くさくって、お金にならない仕事は、やりたがらないのでしょうか。

本当に、無力感を感じます。
何にもお役に立てない、そんな悩みの中に、ボクはいます。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.