“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション騒音、裁判の行方
最近、裁判の話しが多くなってきました。
そのほとんどが、マンション上下階の問題です。
実際に弁護士を立て、裁判所に訴えたものを拾ってみたら、4件ありました。
そうならないものは、この10倍、40件以上はあると思われます。

いろいろと、差し障りがあるので、具体的なことは書けませんが、その内、上階の『加害者』側からの相談が2件、下階の『被害者』側の相談が2件と、半々でした。

その上階側の内1件は、万全の対策を取っていて、下階を測定しても、ほとんど聴えないし、数値にも出ないにも関わらず、下階からの強引な、嫌がらせのような、主張に振り回されて、和解すら至りません。
もう1件は、お亡くなりになった親のリフォーム工事のために、騒音が酷くなった、という訴えで、正直息子さんは、早く和解に持って行こう、としているのに、全く和解に進まない、というものでした。
この2件は、ともに『加害者』ではなく、むしろ裁判の『被害者』でした

一方、下階側の内の1件は、そのマンションの設計者を訴え、結局設計者が非を認め、防音工事を行い、和解できたもの。
もう一件は、上階の床に、ボクの開発した『遮音制振マット』を敷いてくれることで、和解できました。
しかし、その方たちは、弁護士費用、諸々の裁判費用、その間の時間と労力、それらを考えると、「裁判なんか、やるもんじゃぁない。得なことは何もない」と口をそろえていました。

そうなんです。
争って得をすることは、絶対にありません。
やはり、通俗なことですが、『話し合い』が一番なんです。
『共同住宅』とは、よくぞ名付けたものです。
そこに暮らす人はみんな『共同体』なのです。
もし、マンション・上下階の問題で、悩んでみえる方がありましたら、何とか『仲良くなる』ことをお薦めいたします。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.