“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
戸建てのピアノ室、遮音性能調査が、決め手でした

夏の頃、戸建ての住宅に、グランド・ピアノを弾く室を造りたい、というご相談がありました。
これまでも、いくつか手がけてきましたが、今回のご要望は、「出来るだけ、お金を掛けないで」ということでした。
それで早速、遮音性能調査にうかがいました。

駅近くの住宅地にあり、家と家の距離はあまりなく、音漏れは必ず苦情になる、というような地域でした。
ピアノ室の中で、高い音から低い音を、同じエネルギーにそろえた、ピンク・ノイズを、ピアノが出すと思われる、100dB程度の

音エネルギーを発生させ、建物内、屋外の重要と思われる場所で、どれだけに聴えるか?測定調査をしました。

家の中はともかく、近隣に接している場所を中心に、測定調査をしてみました。
その結果、外壁の遮音性能は、思ったより良く、D−40レベル、騒音値AP(A)は、47.7dBも低減していました。
そして、これが重要なのですが、周囲の普段の音、『暗騒音』とほぼ同じくらいになっていました
たとえ遮音性能が、低くても、漏れる音が周囲の音以下であれば、聴えない、ということになる訳です。
実際には、人の聴感覚は素晴らしく、音を聴き分けてしまい、知覚してしまうのですが、原則としては、そうなります。

実はその遮音性能には、3mくらいしか離れていない窓があり、そこから回り込んでいて、そういう数値になっています。
実際の遮音性能は、もっとあるはずです。
また、周囲の環境は、自動車騒音が多く、よほど耳を澄まさないと、聴えないと感じました。

この建物の弱点は、窓と基礎にありました
この建物は、2×6で、輸入物の気密サッシが付いていましたので、窓の遮音性能は高く、D−30レベルでした。
基礎は、今はやりの基礎パッキン、基礎と土台のスキ間から、かなりの音が漏れていました。

それで対策は、思い切って外壁を止め、窓は内窓を付け二重サッシに、床はピアノの下に、振動を吸収する『緩衝材』と、音を遮る『遮音材』を、合板などとサンドし、床のフローリングには、絶対に音を伝えない、という対策をしました。
その結果、コストは安く、ご満足いただくことが出来ました。

これも、事前の測定調査があったればこそ。
そこで、ピン・ポイントの対策プランが、出来ました。

ピアノ・音楽防音室 | 10:34 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.