“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
携帯電話中継アンテナの騒音

今年になって、立て続けに、マンションの屋上にある、携帯電話中継アンテナによる、と思われる騒音相談がありました。 そのうちの一つは、測定調査をしたところ、ほとんど伝搬は確認できませんでしたが、もう一つの方は、明らかに伝搬していました。 騒音源は、停電時の蓄電池を冷却するファンの音(振動)でした。 測定したところ、その音は、315Hzをピークとする波形を持つ中音でした。 下階のお宅の壁から、全く同じ波形の音が測定され、聴診器で確認すると、明らかに蓄電池のファンの音でした。 伝搬経路を調べてみると、いつも問題になる『GL壁』であることも原因の一つだと思われるのですが、屋上に上がってみると、写真のような重量鉄骨の基礎の下に敷いてあるゴムのような制振材に、問題がありそうでした。 聴診器で調べてみると、ゴムの上の鉄骨に届いている振動が、明らかに床のコンクリートにも、伝搬していました。

これにも、原因があると考アンテナ基礎えられました。

 

 音エネルギーとしては、そんなに大きなものではありません
でしたが、人によっては、気になるくらいの音にはなってい
ました。

 

 対策としては、その中継アンテナの会社に連絡をとつて、
敷いてあるゴム状の制振材を、敷き替えていただき、
約5dB低減することができました。
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.