“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの低周波騒音…騒音源探し
今年の冬、マンションの低周波騒音の調査測定に行ったことがあります。その件は、『騒音源探し』でしたが、これまでとは、違っていました。

都内のマンション管理会社の方から、小型のマンションにお住まいの方が、「モーターのような低い音が、いつもしていて、寝られない」と苦情から、依頼があり、調査にうかがいました。
 その住戸は3階建ての3階にあり、調べてみると、窓などからの空気伝搬音ではなく、明らかにコンクリートを伝わってくる、固体伝搬音。そして天井よりも床、窓側の壁よりも内壁、左よりも右の壁からが、最も大きな音が伝わっていることが分かりました。

明らかに、建物内の何処かの住戸から、ということが分かってきました。
日時を改めて、3階と1階、3軒を戸内に入らせていただいて、調べました。
しかし、一切それらしい音、それを発生させそうなものはありません。
残りは2階の2軒、3階の1軒だけになりました。

またしばらくして、了解が取れた、ということで、残り3軒の調査にうかがいました。
そして、ありました。
下階の右戸内で、『24時間換気』と書かれたプレートが貼ってある、バスの換気扇の音が、ピッタリ波形も当てはまりました。
お住まいの方にお聞きすると、最初からそうだったようで、かれこれ10年以上は、休み無しに回り続けていた、という換気扇でした。古いため、かなりの音になっていました。

原因が分かれば簡単、直ぐに取り替えて、無事に解決しました。

ここで特筆すべきは、管理会社の担当者の『頑張り』です。
よくここまで、話を付け、了解を取り付けられたなぁ、つくづく感じました。
管理会社の人というと、ほとんどが事なかれ主義、無事平穏にすませよう、という人が多い中、こんなに真摯に、困っている人のため、頑張ってくれる人もみえるんだなぁ、と敬意を表しました。
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.