“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの騒音…大型水槽のブーンというモーター音

暑い夏が、またやってきました。
この時期になると、必ず出てくるのが、エアコンによる騒音です。

昨年の夏、都内のマンションにお住まいの方から、「エアコンの音がうるさく、寝られない」というご相談をいただき、測定調査をしました。
お隣のエアコン室外機、向かいのビルの大型エアコンの室外機、測定してみると、確かにそれなりの音はしているのですが、中心の周波数が違うのです。

その問題の音は、200Hzという、エアコンとしては、やや高い音が、リビングのそれも、一部の天井部分から、聴えて来るのです。
戸内の天井裏のダクト、換気扇などの音も調べてみましたが、聴感覚と波形が一致する音はありません。
もちろん、戸外の周囲もいろいろ調べてみましたが、該当する音はありません。
結論として、これは直上階から伝わっている、としか考えられません。直上階にある、何らかの機器のモーター音では?ということになりました。

しかし、それからが大変でした。
うかつに、「お宅から、うるさい音が響いてくる」とは言えません。
一緒に暮らしている、共同住宅ですから、簡単に調査させてもらうことは不可能です。
結局、組合の総会の議題に掛けていただいて、やっと調査が出来ました。
「とてもうるさい音がしていて、寝られない。立ち入り調査をして欲しい。」という要望として、挙げました。

原因はやはり、直上階にある、大型水槽のポンプの音でした。
床に直接置かれていたポンプを、台の上に、緩衝材を敷いて、置いてもらいました。
それだけで、解決しました。

たったこれだけのことですが、何気なくやってしまうのではないでしょうか。
共同住宅ですから、こういった所にも、気を遣うことが必要なんだなぁ、と気付かされることでした。

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.