“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
下階の音がうるさい…上階でなくても、響く
昨年、都内のマンションで、いつもとは違う、「下階の音がうるさい」というご相談がありました。
その方は2階にお住まいで、1階からの声、特に足音がよく聴える、というものでした。

調査にうかがってみると、確かに下階からの声・足音がよく聴えます。
上階からの音とは思われません。
ところがそのマンション、外から見ると、別棟になっていることが分かりました。
その間は、エキスパンションでおおわれていました。

「これは」と思い、屋内に入って、よく聴いてみると、その音はエキスパンション側の界壁から聴えていました。
その棟と隣の棟との間は、金属板で隠されてはいるものの、恐らく10僂らいは空間がある、と分かりました。

そしてその壁は、ご多分に漏れず、問題のGL工法の壁。
これが、1階で声・足音などを共振共鳴させ、コンクリート壁に挟まれた、せまい空間で反射を繰り返し、それがまた上階の壁から入り、GLで増幅され、大きな音になって聴えているのでは、と考えられます。

原因は分かりましたが、この問題を解決するためには、どうしたらよいのか?

ご相談者は、懸命に管理組合、管理会社に「何とかしてくれ」と訴えられましたが、ともに事なかれ主義、なかなか相手になってくれない。
となると残る手段は、自己防衛しかなくなります。

そこに面している壁はもちろん、空間でつながっている天井・床も、対策工事をしなければなりません。
工事業者に見積もってもらいましたが、かなりな金額になります。
とても、そんな多額の費用は、かけられない。
では、転売するのか?
結局、結論が出ず、そのままになってしまいました。

ボクの仕事は、『問題を解決すること』。
それを標榜しているのに、何も結局は出来ない、もどかしさ、悔しさ。
未だにその残念を、引きずっています。
「あと、何が出来たのかなぁ』
未だに解決の方法を、考えています。


 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.