“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション騒音の本当
今、床の防音材の開発を手がけていて、つくづく想うことがあります。
それは、マンション騒音で困っている人とマンションを造っている側の人との乖離です。

マンションの騒音に困っている人の8割は、上下階の騒音、特に足音です。
それも、軽く歩く音・スリッパの音ではなく、走り廻る音・跳び降りる音・カカトで歩く音です。
いわば『重量衝撃音』LH-の方の音です。

それなのに、マンションの規約などで、問題にされているのは、『軽量衝撃音』、『LL-40以上の床材を使用すること』などと規定されています。
軽量衝撃音用の防音材では、重量衝撃音には、ほとんど効果がありません。

そもそも、ボクは『重量衝撃音は、構造のたわみに由来している』と考えています。
コンクリート・スラブ上の構造・仕様で、左右されているわけではないのです。

例えば、実験しているとよく分かるのですが、厚150ミリと厚200ミリのコンクリート・スラブでは、厚150ミリの方が、1ランク、5dB聴える音は大きく聴えます。

例えば、床スラブの梁から梁の間隔が、広ければ広いほど、大きな音になります。
それは、古いのだけれど、都心の高級マンションで測定調査をしていると、梁と梁の間に、小梁が入っていて、スパンの長さが短く、天井裏も40センチ以上あったりして、ほとんど上階の音が気になりません。

そう、イメージしていただくと、よくお分かりいただけると思いますが、たわみ量の違いが、音の大きさの違いになってくるのです。

でも、いったん造ってしまったマンションの構造は、もう直せません。
どうしたらよいのか?

ボクは、それを一所懸命に探求しています。
考え方として、『上階の、大きな衝撃を、少しでも小さくしてやれば、たわみ量を小さくしてやれば、小さな音になるはずです。』

いろいろ、材料を探しました。
いろいろ、落下試験をしてみました。
今、その大きな衝撃を吸収できそうなものを、いくつか見つけております。
それらを、何とか世に出したい、と考え、進めております。

その内の一つが、初期の頃に見付けた、『マット9』です。
ブログ、ホームページにも、上げています。
ただ、まだまだ、上を目指しています。

そして、それは、軽量衝撃音でも、良い結果が出るようなものにしたい、と考えています。
LL-40で、重量衝撃音にも強いもの、それを目指しています。
それこそが、住む側と造る側の乖離を、解決することになる、と考えています。

もう少しのところまで、来ています。
出来ましたら、ここでお知らせしようと、思っています。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.