“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの騒音・GL壁
またまた、マンションの騒音・GL壁の話しです。
都内のマンションで、「上階からの音楽がうるさい」何とかしたいが、どうしたらよい?というご相談がありました。

早速、うかがって、測定調査をしてみました。
足音、引き戸の戸当たり音などもかなり大きく聴えましたが、それよりも大きく聴えるのが、音楽の音でした。

これは上階の方にお願いして、原因を突き止めなければ、解決できない、と判断して、管理組合、賃貸仲介業者さんを通じて、何とか調査にうかがうことができました。
足音、引き戸の戸当たり音は、ご注意願うとして、問題の音楽音が大きく聴える理由が分かりました。

それは、スピーカーが窓際の壁にピッタリとくっついていて、そのGL壁から音が入り、下階の壁・梁・天井から、共振共鳴が起き、響いている、という伝搬経路が判明いたしました。

上階の方に、スピーカーを壁から離すこと、スピーカーの下に、絶縁ゴムを敷くことなどを、アドバイスをして、ほとんど聴えないレベルになりました。
ほんの些細なことですが、GL壁は要注意です。
いったんコンクリートに入ってしまうと、その伝搬音が、下階・隣戸のGL壁(タイコ)で共振共鳴を起こし、ある周波数は増幅したりします。

案外何気なく、置いているテレビ、オーディオ・スピーカーなどが、壁に接していると、とんでもないことになります。
マンションにお住まいの皆さん、気を付けてください。
一度、置いてある場所を、見直してみてください。
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.