“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの騒音…お隣のテレビの音がうるさい
昨年末、都内のマンションにお住まいの方から、「お隣のテレビの音がうるさくて、寝られない」というご相談がありました。 測定調査に行ってみると、本当によく聴えます。 特に音楽の低い音、女性の高い声、何を言っているか、聴き分けられるほどでした。 壁を叩いてみると、中が空洞、GL工法でした。 「それにしても、聴え過ぎるなぁ」 測定してみると、暗騒音が26dBのところが、54dBもの音が出ていました。 防音工事をして、暗騒音以下にするには、約30dB落とさなければなりません。 周波数ごとの調査もしましたが、主に中・高音域が悪く、その音域を落とさなければなりません。 「何か原因があるはずだ」 管理事務所に行き、竣工図を見せてもらいました。 原因が分かりました。 なんと、お隣との壁、界壁の厚さが120ミリしかないのです。 建築基準法には、界壁の厚さが120ミリではいけない、とは書いてありません。 しかし、遮音性能については規定があり、 125Hz…25dB 500Hz…40dB 2,000Hz…50dB 以上でなければいけない、とされています。 お隣に行って、測定はできませんので、実際の遮音性能は分かりませんが、テレビの音を、そんなに大きくしているはずはなさそうなので、反対側で50dB以上の音が出ているということは、基の音が 125Hz…40dB+25= 65dB 500Hz…40dB+40= 80dB 2,000Hz…55dB+50=105dB ということなります。 125Hzは別にして、そんなに大きな音で、テレビを見ている可能性は低いです。 比較的楽な中高音対策だったのですが、お引っ越し直後で、予算が取れない、ということで、かなり安価な防音工事プランを提示しましたが、何の連絡もありません。 その後、どうされているのか…

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.