“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの床 ボイド・スラブ…「上階の声が聴える」、信じられない遮音性能

 昨年の夏頃、名古屋のマンションにお住まいの方から、ご相談がありました。
「上階の話し声が聴こえる」という、信じられないようなご相談でした。
その方は、悩んでこれまでも、いろいろ防音対策をされてきたようですが、あまり改善されなかったようで、ボクの方に廻ってきました。
これは一度、測定調査の必要がある、ということをご説明し、上階の方のご了承をいただき、実現しました。

建築学会の『遮音性能基準』に準じた試験方法で、室間音圧レベル差、床衝撃音試験を行いました。

ご相談から、床衝撃音ではないな、と思いながらも、結果は軽量衝撃音でLL-55、重量衝撃音でLH-50以上と、標準的な結果でした。

ところが室間音圧レベル差試験、上階でピンク・ノイズを発生させ、下階で何デシベルに聴こえるか、を行ったところ、ある1室のみ、異常に悪く、測定していて、ハッキリ聴こえるほどでした。
他のリビングなど、D-60以上あるのに、その1室のみ、D-40くらいなのです

その室は、これまでに防音工事をしていて、それでもこのレベル
では、それ以前は一体どれくらいだったのだろう?
と思わされる結果でした。

その防音工事の仕様からすると、D-20レベルくらいは改善されているはずなので、何とその前は、D-20レベル、ベランダの引違サッシ並みの遮音性能しかない、ということになります。
そんなマンション、体験したことも、聞いたこともありません。
もちろん、建築基準法違反になります。
しかし現状では、ギリギリ施工令の数値はクリアしています。

資料、竣工図面を拝見したところ、そのマンションはボイド・スラブで造られていました。
ボイド・スラブは、大スパンが可能、コストが下げられるなど、一時期大いに流行った工法ですが、
床スラブの空間が、音に弱いというクレームから、直ぐに消えてしまいました。
そのマンションは、その最盛期に建てられたものでした。

その工法は、オムニア・スラブなどと名を変えて、空間を無くして、現在でも継承されています。
ただ、スパンが大きいことには変わりなく、重量衝撃音など、構造たわみに対しては、当然無力で、『足音がうるさい』などのクレームを生んでいます。

どうしても、コストとクレームの関係は、コストが安くなれば、クレームが増加するという、相反する関係にあります。
基本的に、販売業者の社会認識、設計者の良心に、負うところが多いまま、現在に至っています。
残念なことです。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.