“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ソーラー発電所の低周波騒音
 今年の春頃、あるソーラー発電所を管理している会社から、ご相談がありました。
「低周波騒音で、近隣から苦情が来ている。調査して欲しい。」とのこと。
早速、調査いたしました。

騒音源は、直流を交流するパワー・コンディショナーが主で、変電設備は大した音は出ていませんでした。
パワー・コンディショナーの主な音は、80Hzと200Hz。そしてその倍音の400Hz、800Hzでした。
その騒音値dB(A)は、約70dBあったのですが、約20m離れた隣地境界では、約45dBに低減していて、その地域の騒音規制法の規制値、60dBよりもかなり小さな数値で、ホッとしました。

出力が上がると、騒音も大きくなるのでは?
という疑問のため、2時間おきに測定してみましたが、ほとんど変わりませんでした。

ボク自身も、建築設計の絡みで、これまで4件ほど、太陽光発電を設置してきましたが、それらは家庭用、2〜4KWくらいの小さなもの。まったく気にもしませんでしたが、さすかメガ・ソーラー、集まると、これ程の音になるんだ、と勉強しました。

今後ますます、いろいろな騒音が、登場してくる、と思います。
日々、勉強だなぁ、と改めて感じた次第です。
低周波騒音 | 11:26 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.