“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション、下階の音がうるさい
 マンション騒音で、『下階からの音がうるさい』という、珍しいご相談がありました。
早速、下階の方のご了解を得て、実際にいろいろな音を出し、測定調査をすることになりました。

スピーカーによる『空気伝搬音』の性能は、建築学会・性能基準において、D-65近く、集合住宅では特級という、とてもすぐれた遮音性能でした。
ところが、下階の足音、下階で、木箱を叩く音などが、上階で異常によく響いているのです。
学会基準で言うと、『級外』でした。

聴診器で、その音の伝わり方を調べてみると、下階の床に伝わった音は、二重床のため、タイコ現象で増幅し、その音がコンクリート・スラブに伝わっていました。もう一方、その音は、二重壁の空間から、やはりコンクリートに伝わり、ともに建物中に伝搬していました。

それは、2・3軒となり、2・3階上下階でも、よく聴こえました。
コンクリートは、空気の約15倍、音を伝えやすいからです。

これは、コンクリートはしっかり厚く打設していても、その上に床・壁を二重にすると、かえって音がよく伝わったり、大きくなったりするという、典型的な例でした。

よく、マンションの販売パンフレットに、『二重床、二重壁、二重天井だから防音』というようなコピーに出会いますが、これは『固体伝搬音』に関しては、まったく逆で、かえって音を大きくしてしまう、ということもあります。

しっかり出来たマンションだったため、それがハッキリ分かりました。
よい勉強になりました。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.