“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの低周波騒音…大型洗濯機・乾燥機
昨日、とってもうれしいことがありました。

麻布の超高級マンションでのことです。
1ヶ月前の話、「低音が聴こえて、うるさい。何とかならないか」というご相談が、リフォーム会社からありました。
担当は若い女性で、真剣でした。

それで、現場調査をしました。
測定をしてみると、問題の低音は、20/25Hzと50Hzをピークとする2種類あることが分かりました。
そして、伝搬経路をたどっていくと、80僂龍間がある天井裏が、最も大きな音になっていました。
音は、上階から来ていました。

図面を見せていただいて、上階は同じ間取り、もう一つ上の階は、違う間取りでした。構造はスラブ厚こそ15cmでしたが、こまめに小梁が入っていて、たわみが少ない構造になっていて、音にとっては良い構造でした。

騒音は、モーター音のように聴こえました。
そのマンションは、全室ドイツ製の洗濯機・乾燥機・冷蔵庫など、すべてビルト・インになっていましたので、恐らくこれだろう、と思われる洗濯機・乾燥機を測定させてもらうと、正しく騒音源は、洗濯機・乾燥機でした。

あとは、上階の機器を運転していただいて、下階で聴いていただいて、上階で測定して、それぞれ確認していけば、騒音源が分かる、ということで、2週間後、上階の方々のご了解をいただいて、再調査を行いました。

その結果、上階の洗濯機・乾燥機、その上の階の同じく洗濯機・乾燥機から、と確認できました。



そこまで分かれば、次は対策です。
ここまでの大型洗濯機ではありませんが、以前、あるホームセンターに、洗濯機用防音マットを卸していたことがあり、経験・実績がありました。
その防音マットを敷くことを提案しました。
ただ、それはドイツ製ミーレの洗濯機で、重量が95キロもありました。
普通に置けば、集中荷重で、折角のマットがその脚のところだけ、潰れてしまい効果が出ません。
合板9个硫爾頬媛札泪奪箸鬚鯢澆い討發蕕い泙靴拭

その結果が、昨日、電話でした。
結局、上々階はマット1枚、上階はマット2枚を敷いて、お住まいの方に、喜んでもらえた、という電話でした。

ボクの仕事は、お金はともかく、『困っている人が喜んでくださる』というのが、一番うれしいことです。
ホッとすると同時に、ボクも佳かったなぁ、と満足に浸れる一日になりました。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.