“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの低周波騒音…揚水ポンプの振動
 少し前、管理会社から、「マンションにお住まいの方から低周波騒音のクレームが出ている。調査してもらえませんか」という相談がありました。
事情をお聞きすると、どうも揚水ポンプが騒音源ではないか?というお話しでした。

現場は、住宅棟とは別に、ポンプ棟があり、そこから、住宅棟屋上の給水タンクに送る、大型の揚水ポンプ2基稼動していました。

「本当に、こんなに離れていて、音が伝わるんですかね?」
と担当の方は、おっしゃっていました。

測定してみると、音源は125Hzの音が飛び抜けて大きい音を立てていました。
85dBもありました。

聴診器を使い、ポンプ棟の壁→基礎→アスファルト面→住宅棟の基礎と揚水管→6階の壁→住戸内と見事に聴き取れました。
その管に近い寝室で測定してみると、125Hzが40dB以上、飛び抜けて出ており、波形を見ても同じ、聴いても同じ、ということで、あっけなく証明できました。

低周波騒音は、100Hz以下なので、正確に言うと、低周波騒音ではありませんが、直ぐ隣の音なので、低周波騒音と同じ対策案を出しておきました。

結局、管を伝搬して、コンクリートに伝わり、寝室の中、特に内が空洞の間仕切り壁がタイコのように共振して、その階のその室だけで、騒音問題が起きていました。
低周波騒音は、波長が長いので、発現するところが限られてきます。
そして個人差も大きく、なかなか難しい問題です。

今回は、波形がハッキリしていて、見極めやすく助かりました。

そう、建物が違っていても、音が伝搬するという、見事な例でした。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.