“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
あるマンションでの騒音トラブル
それは、コーポラティブ方式で、1年前に建ったかなり高級なマンションで、有名な建築家のオーダーマンションでした。
下階の方から、「上階のからの音がうるさくて、寝るどころか暮らせない」という騒音問題で、下階のお施主が建築家を相手に、裁判に訴える、というところで、依頼がその建築家の設計事務所からありました。

実際に現場で音を出してもらって、測定してみると、低・中音域で歩く音は50dBを越え、跳ぶ音では60dBを越えていました。

現場を拝見して、原因はすぐに分かりました。
上階の床をコンクリートにしたい、ということで、スタイロフォームを敷き、その上をモルタル塗りしたためでした。
原因は、建築家が防音材と思っているスタイロフォームが、何の防音効果もない、という事が分からなかったところにありました。音に関わった事のある人間は、スタイロフォームは防音材ではない、と知っていますが、建築業界では、何故か、昔から防音材又は吸音材と思われているところに原因があります。

 結局、間に入って、仲介のような立場にさせられ、調査・提案・設計・工事をしました。
上階の床を壊す訳にはいかず、下階(被害者)の天井・壁で防音する、という方法で、工事しました。

 結果、60dBあった歩行音が、MAX30dBに低減、大幅な効果は出ているのに、建築家はプライドが高く、お施主は感情的になっていて、調停になりません。
 あまりのバカバカしさに、お金も一部もらえずに、下りてしまいました。
ただ、防音対策としては成功でしたが、苦い経験でした。

 私は建築デザイン・技術者として、そのような中身のない設計はしません。今後も誠実に建築デザインや防音設計・対策に取り組むだけです。

 それにしても、有名な建築家って何なんでしょう。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.