“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの防音(2)防音業者の実態…音を知らない業者が多すぎます
 先日、北区のご相談者のマンションを訪問しました。
「防音工事をしたのだけれど、騒音が止まらない」ということでした。

それで先ず、その工事の図面・写真を拝見しました。
寝室の床・壁・天井、六面の防音工事でした。かなりお金が掛かったそうです。

しかし、図面・写真を見て、唖然としました。
防音に効果がある仕様といえば、床・壁・天井には厚さ1个亮弉札掘璽函吸音材として戸建て住宅に使われる低密度のグラスウール、しかも袋入りのまま、でした。
“全く、音を知らない”人間、としか考えられません。

遮音シートは、これまで何度も測定してきましたが、効果がほとんど見られません。
質量則からいっても、比重1前後、厚さたった1个任蓮⊆弉擦任るはずもありません。
同様、低密度のグラスウールは、高音域でさえ吸音率が低く、ほとんど効果がありません。
その上、表面のビニールのままでした。
測定もしてみましたが、ビニールがあると吸音率は半減します。

とんでもない業者に、頼んだものです。
確かに、工事以前の空間があるだけ、と比べれば、少しは音も止められますが、ハッキリ言って、ダマシに近いものでしょう。

現場調査をしてみると、キッチンのGL壁からどうも斜め上階から、音・声が聴こえ、リビング・洋室の天井から、何処からか分からないドン音がしてきます。
それぞれ音域、振動を考え、防音材、組み合わせを提案させてもらいました。

「全く、無駄な工事をしてしまった」と、お客さまは後悔されていました。
現在、不景気もあり、リフォーム業者がドンドン安く見積もって、工事をあさっています。
今回のようなことになると、業界全体が悪く見られてしまいます。
くれぐれも、『本物の防音工事業者かどうか?』見極めていただけたら、と願っています。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.