“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コロナ・ウィルスの影響…その4

前回のマンション、生活騒音の続きです。

 

遮音性能試験は難しい、として、「解決」をするために、調査方法を変えてみました

これまでは、ご相談があった戸内にオジャマして、「問題の音」がするのを、ひたすら待って、測定をしていました。

しかしなかなか、「問題の音」は採れません。

かつ、採れても単発が多く、「伝搬経路」までは、探索ができませんでした。

 

そこで考え、むしろ逆に、管理組合・管理会社を通して、事前に上階の方のご承諾をいただき、コロナの恐れから、ボクが立ち入らず、上階の方、もしくは管理会社の方のご協力をいただき、上階で「問題の音」とされる「音」を実際に出していただいてそれをボクが下階で測定、調査をする、という方法で、いくつかのマンション・生活騒音の対策案を、ご提案することが、できました。

 

これまでは、マンション内のトラブルを恐れ、内緒で測定・調査、それが明らかになったところで、報告書にし、対策をご提案する、という方法でやって来ました。“コロナのおかげ”とでも言いましょうか、むしろ立ち入り調査が難しい、というところで開き直って、最初から、上階で「音」を出していただく、「実験」という形で、前に進めるようになって来ました。

 

それが可能になって来た、一番の理由は、やはり「コロナ」です。

スティ・ホームが当たり前になり、マンションの皆さんが、騒音を気にし始め、何とか「解決」したい、と皆さんが思い始めたから、その心理からだ、とボクは考えております。

 

以前は、そんなことを言おうものなら、「犯人じゃあ、無い!」、とお怒りになって、拒否、ということがほとんどでした。

皆さんが「騒音問題に、正面から向き合おう」という流れになって来たようです。

 

以下、その実例を、上げていきます。

いろいろな「音」 | 10:47 | - | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.