“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コロナ・ウィルスの影響…その3

コロナ・ウィルスの影響が出始めた、3月頃から、マンションの騒音、ご相談が増え始めました。

そう、ほとんどが人為的な「生活騒音」です。

 

そりゃぁ、そうですよね、「ステイ・ホーム」ですから。

マンション内に、滞在する人・時間が増えてくれば、当然、「生活騒音の増加」、になります。

 

最初の内は、これまでのように、

 嵬簑蠅硫察廚瞭団

◆嵬簑蠅硫察廚療組揃佻の特定

J鷙・提案書の作成

それから、管理組合・管理会社を通して、対策を進めて行く、ということになるのですが、

今回のコロナ騒ぎ。

まず、どのマンションも、立ち入りをさせてくれません

騒音調査ができなければ、対策案も出せません

 

ボクとしては、何もできません。

ご相談者は怒りまくるし管理会社は逃げまくるし、そんな案件ばかり、になってしまいました。

今回ばかりは、コロナに怒りを感じました

一体、誰が、何処で、こんな殺人兵器、コロナを発明したんだっ!

そんな理不尽な思考にまで、至ってしまいました。

 

マンションの騒音問題、解決のカギは、「居住者、すべての人が、気を遣い合う」ということに、尽きます。

日本のマンションの構造・仕様では、生活騒音の根絶は、無理です

麻布などの、超高級マンションは別にして。

 

それらの超高級マンションは、コンクリート・スラブの床厚はそうでもなくても、梁間が短い、3〜5m程度です。

それだけ短ければ、『構造たわみ』も発生しません

また仕様も、土足文化に合わせ、豪華な絨毯などです。

天井裏も立って歩けるぐらい高く、メンテナンスがしやすいように、できています。

天井裏が高ければ、『タイコ現象』も、発生しません

ただし家賃は、200万円/月くらいだそうです。

セキュリティも厳重で、事前に許可を取らなければ、入らせてもらうことすら、できません。

居住者は、外国人と日本人のセレブたちです。

 

超高級マンションは別にして、中には前向きに、マンションの遮音性能の試験を依頼される管理会社もありました。

建築基準法には、『空気伝搬音』の『遮音性能』の規定しか無く、『床・衝撃音』の規定は無い、というご説明をし、

しかも試験の方法上、どうしても「立ち入りをしなければ、試験はできません」、とお話しすると、ご納得なさり、諦められ、

「そう管理組合にお話しほし、ご納得いただく」、と電話を切られました。

 

悲しいことです

いろいろな「音」 | 09:37 | - | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.