“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
これまでで最も難しい騒音源探し…ピチャ音とトン音が重なる

これまでで、最も難しい「音源」探し、先日出会いました。

それは、西日本のマンション、管理会社の方からのご相談でした。

 

調査にうかがって、「ピチャ」という音と、「トン」という音が、1階の集会室で、同時に聴えていました。

うかがったのは、夜の19時過ぎ、23時頃まで続きました。屋内を調べて回り、最も大きかったのは、集会室の隣の倉庫内で、露呈している排水管からでした。

どうも問題の音」は、「水」に関係していて、水道管からコンクリートに『固体伝搬』し、室内に『空中放射』されている、というところまでは、分かりました。

 

隣接している各戸のご協力いただき、測定して回ったところ、1階の集会室の界壁裏の戸内が、「問題の音」が最大になっていました。

そこまでは、明らかにできたのですが、そこから先の『伝搬経路』が分かりません。壁・天井・床をこわすことができれば、直ぐに確かめられるのですが、そうは行きません。騒音音源調査は、壁にぶつかってしまいました。

仕方がないので、問題の音が出ているだろう、翌朝、もう一度調査をする、ということで、その日は終わりました。

 

ホテルに帰っても、寝られず、その日の測定結果と、いただいた竣工図、特に設備図を引っ張り出し、様々な音源・伝搬経路の検討をしました。

その結果、「ピチャ」という音と、「トン」という音の大きい場所が、異なることに気が付きました。

「ピチャ」という音が大きい、1階の戸内と、「トン」という音が最も大きい集会室周辺に、翌朝、再度うかがって、それぞれの「音」について、最初から追跡し直そう、と決心しました。最大の場所の近くに、音源はある、という原則通り、そこからもう一度、始めることに決め、やっと寝られることができました。

 

「問題の音」が出ているのは、時間的には、夜と朝。どうも「水」をよく使う時間に、発生している、ということが分かっています。

そして「問題の音」が大きいのは、集会室と、界壁を隔てた1階のある戸

その近くに、音源があることは、確実です

 

【「ピチャ」という音】

「ピチャ」という音が大きいのは、1階のある戸のキッチン側の間仕切り壁とコンクリート界壁、特に排気管が通っている、と思われる梁型の前が、最大

これまでの経験から、推測をすると「ピチャ」という音は、水滴が垂れ、管底に溜まっている水に当たる音では、と思われます。その音・振動が、隣接している排気管に「固体伝搬」し、コンクリートに「固体伝搬」しているのでは、と推測されます。

また、排気管から「空中放射」される音・振動が、梁型を形作っているプラスター・ボードとの空間で、「タイコ現象」を起こし室内に「空気伝搬」、「空中放射」されている、と思われます。

その音の間隔は、数秒間隔。

 

【「トン」という音】

「トン」という音は、1階のその戸の界壁の真裏に当たる、集会室の壁・梁が最大でした。

集会室内よりも大きな測定値が測定されたのは、その隣の倉庫内で、露出して並んでいる、給水・排水管。その中で最大だったのは上階からの排水管でした。こちらは、幸いにも、仕上げがない倉庫内だったので、音を伝搬している排水管を特定できました。

これまでの経験から、排水管で「トン」という音源は、排水管内で、水滴が垂れ、管底に当たる音でした。こちらは、水は溜まっていない状態の場合でした。

その音の間隔は、やはり数秒間隔でした。

 

どうも「問題の音」、「ピチャ」音と「トン」音は、音質と最大の場所が違っていて、発生している場所が違うようです

 

 

でも、ここから先は、調べようがありません。

壁を破り、床をめくらない限りは、確認しようがありません。

ここから先は、給排水設備の業者さんを中心に、排水管をたどっていく他は、できません。

 

結局、そういう報告書を作成し、そこから先の調査を、移譲しました。

残念ながら、その後のご報告、お知らせは、未だ届いていません。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.