“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
地下鉄の音よりも大きい、地下のダンス教室の音

都内の賃貸マンションの所有者の方から、「地階にあるダンス教室の音が、6階まで響いて、とてもうるさい」というご相談がありました。

早速うかがって、測定をしてみました。

すると、かなり大きな「ドン」という音が、リズムを取って、響いてきました。

 

ダンス教室がある地階に下りて、その近くで確認しました。

そのダンス教室は、ヒップ・ホップ系のダンスのようで、流れの中で、全員が足をそろえて、床を打つ「ドン」という、同じ「衝撃音」に間違いありませんでした。

 

地階のダンスの振動が、コンクリート躯体に伝搬して、何と7階分上にある、6階のその居室に届き、かなり大きい「ドン」という放射音になっていました。

 

これまでも、折々お話ししてまいりましたが、コンクリートは、空気の約15倍、音をよく伝えます

こういう現象は、よく経験します。

 

そのマンションは、前面道路の下を、地下鉄が通っていて、その音・振動もよく聴えます。

しかし、その地下鉄の音以上に、このダンスの音の方が、大きく聴えているのです

ご参考までに、この6階の居室で測定した音を、グラフにしてみます。

 

地下鉄とダンス音、比較グラフ

     ※『暗騒音』=何もない時の、普段の音

高い音は地下鉄音の方が、大きくなっていますが、男性の声とほぼ同じ、250Hz以下の低い音は、ダンスの「ドン」音の方が

ピーク値で20デシベルくらい、大きくなっています

 

音エネルギー量と人の聴感覚は、対数の関係で、10デシベルは2倍に、20デシベルは4倍に聴えます

それくらい大きな「音」になっていたのです。

 

賃貸ですので、他の居住者のためにも、ダンス教室の衝撃音を低減するか、無くす対策をしてもらうよう、交渉できるはずです。

しかしこのマンションは、共同所有で、あいにくそのダンス教室は、他の所有者の区分になっていて、その所有者に交渉したもらうしか、解決するための手段がありません。

 

解決をしてもらうため、ボクが測定調査報告書を作成し、それを基に交渉していただいたようですが、なかなか前に進まないようでした。

丸1年くらい経ったこの夏、その方から、「結局、所有権を売却して、引っ越すことにしました」というご連絡をいただきました。

 

お聞きすると、そのダンス教室は未だに、引っ越さずに、運営を続けているようだ、とのこと。

お住まいの方は、どうしているのかな?、と思うと、最善の解決ではありません。

残念で、仕方ありません。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.