“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鉄骨造のビルに、ピアノ室(2)…工事からオープンまで

横浜の某・駅前のビル、ピアノ教室の続きです。

 

【固体伝搬音、対策プラン】

前回の測定調査で、対策の必要がある、と考えられる、ピアノの脚からの『固体伝搬音』対策、建物の鉄骨に絶対に伝えないために、K社のピアノ室の床に、『振動絶縁』のために、合計9層になる、制振・遮音層を構築することにしました。

 

此処まで大掛かりになった大きな要因は、ピアノの荷重が約350圓砲發覆蝓△つその荷重が脚3本に分散され、『集中荷重』として、床に掛かってしまう、という点でした。

これを振動を伝えずに、『全体荷重』に換え、床全面で支え、かつ振動を完全に吸収する、という考え方のため、ここまで大掛かりな構成になってしまいました。

 

最も苦慮した点は、この建物が鉄骨造である、という構造としての問題でした。

この鉄骨造のビルは古く、残っている図面は、建築確認時の図面・構造計算書・書類しか、ありませんでした。それを基に、梁の大きさ、位置を特定しました。

 

現在の床・梁の上に、ピアノ約350圈△修靴藤房劼離團▲亮爾硫拿鼎蓮何と600圓發△襪茲Δ任靴拭

合計、950圓硫拿鼎髻以下に分散するか?

そして決定したピアノ室、配置位置は、なるべく大きな梁、なるべく多くの梁に掛けるように、また重要なのは、鉄骨に空気伝搬させないため、30僂藁イ后△箸い条件から、決定しました。

 

【ピアノ室設置、防音工事】

ピアノ室を設置してもらう前に、絶対にやらなければならないことが、ありました。それは、ピアノ室の下に『遮音制振ゴム』を敷くことでした。『防振』では、その振動が消滅しません。吸収してしまう、『制振』でなければ、なりません。

選んだのは、自動車のエンジン・ルームにも使われている、『遮音制振ゴム』でした。

 

遮音制振ゴム敷き

〔ピアノ室の下に、遮音制振ゴム〕

このゴムの位置出し、敷き込み、継ぎ目密着テープ貼り、はボクがやり、

この上に、K社のピアノ室を専門の業者さんにより、設置してもらいました。

 

ピアノ室、設置

〔設置した、ピアノ室〕

さあ、これからピアノ室内、床防音工事です。

 

しかしここで、大きな問題が発生しました。いつも防音工事をしてもらっている、パートナー業者の「見積もりが高く、予算がない」ということでした。

結論としては、「DIYでやりましょう」ということで、結局難しい部分の1日だけ、職人さんに頼み、それ以外のほとんどは、ボク一人でやることになりました。

本当は、やりたくありませんが、責任上仕方ありません。ピアノ室、杉板

しかしやってみれば、なかなか楽しく、室内の壁には、

『二次共振』がほとんどない、杉板を張ることに

なりました。

杉板を張ると、ビビリ音がなくなり、ピアノの音、

そのものが、よく聴えるようになりました。

 

その他、オープンに必要な細々としたところなど、

ボクもお手伝いして、何とかオープンにこぎ着けました。

 

その後、何もご連絡はありませんが、無事に行っている

ことと、拝察しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノ・音楽防音室 | 12:00 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.