“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
低周波騒音の被害と対策(その2)工場のブロア
 最近、低周波騒音のご相談が多くなってきました。
前回、板橋のお米屋さんの、電気メーターの50Hz振動が壁に伝わって、という話しを書きました。
低周波騒音は、現在でこそ、裁判で認められるようになってきましたが、それまでは泣き寝入りの場合が多かったようです。

低周波騒音には、問題点があります。
その一つは、個人差がある、ということです。
これまでいくつか経験してきましたが、何故か中年以上の女性が被害者の場合が多いようです。
その因果関係はよく分かりませんが、他の人には聴こえない低周波音が、よく聴こえる人がいるようです。

千葉の工場であった例は、ある会社の事務所にいた女性が、頭が痛いということで、入院してしまったことから、始まりました。
第三者の調査の結果、どうも低周波騒音が原因では?ということで約50m離れた別の会社の工場が、原因ということになりました。

その相手の会社から依頼があり、調べてみると、トウモロコシを吸い込むブロワーの振動が、基礎のコンクリートに伝わり、建物自体を共振させて発生されている、90Hzの音が、原因でした。
低減対策として、機械の振動をコンクリートに伝えない緩衝材を入れ、建物の共振を止めることにしました。
結果、30〜40dB低減させることが出来、お隣の会社から、OKが出て解決しました。

この場合は、うまくできましたが、低周波騒音は、なかなか解決が難しいです。
工場・ビル騒音 | 09:20 | - | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.