“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
携帯電話・基地局、下階にコンクリート伝搬音 〔第2回、測定調査〕

1回目の調査からしばらく後、再調査の依頼がありました。

今度こそ「音源を明らかにする」、という覚悟でうかがいました。

 

前回の調査で、設備からではなく、周囲の鉄骨から「問題の音」が発生しているのでは?

という推測から、下階の室内と屋上に分かれ、携帯電話でやりとりしながら、「音」の確認をする、という方法で望みました。

 

よく発生する、といわれる朝7時から、始めました。

しばらく待ってみましたが、なかなか音は発生しません。

そこで、ここは、と思われる箇所を屋上で叩いてみて、下階で「問題の音」として聴えるか?実験してみました。

 

鉄骨の柱・梁、排水管の通気管、電気配管・ボックスなど、叩いて回りましたが、中継設備を囲っている、アルミ・ルーバーを叩いた時、「その音です」と一致しました

 

しかし、発生箇所は明らかになりましたが、発生原因が分かりません。

屋上で、耳を凝らして待ち続けました。

 

9時頃まで屋上にいて、屋上で発生した「音」は、

.ュービクルを囲っている、アルミ・ルーバーを固定しているビス部分から、「カシャ、ピキッ」という音

▲ュービクルを冷却する、エアコン室外機が稼働し始める直前に、「ガッン」という音

でした。

 

その内、下階で「問題の音」と言われたのは、,離▲襯漾Ε襦璽弌爾鮓把蠅靴討い襯咼垢良分から発生している「カシャ、ピキッ」という音でした。

「問題の音」が特定できました。

 

伝搬経路は、

アルミ・ルーバー  C型鉄骨  H型鉄骨柱  コンクリート  下階・室内に空中放射、と考えられます。

 

「問題の音」が発生する原因は、推定ですが、朝陽が当たり、温度が上昇し始めると、アルミ・ルーバーが線膨張し、その力で固定しているビスの接点で、「音」が発生しているのでは、ということでした。

 

この結果から、結局周囲を囲っているアルミ・ルーバーをすべて撤去し、「解決」したようです。

よかった、よかった、責任が果たせて、ホッとしました。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.