“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
信じられないカラオケ店舗、小屋裏の壁がない

昨年の春頃、都心のカラオケ店の騒音調査と防音工事のプラン作成を依頼されました。

その建物は、在来木造2階建てで、1階に2店舗、2階は空き家状態でした。

騒音問題は、カラオケ店のお隣の食事店から「カラオケの音がダダ漏れ、うるさくて困る」という苦情があり、カラオケ店のオーナーさんからの依頼でした。

 

実際にカラオケ店で曲を演奏、音を出してもらい、お隣の店舗で測定をしてみました。

お隣のお店に入ると、かなり大きく聴えていて、その結果、何と騒音値で18.9dB(A)しか、低減していませんでした。

建築基準法では、「長屋又は共同住宅の各戸の界壁」の遮音性能を規定しています。

以下に、測定値とともに、表にしてみます。

建築基準法・施行令の遮音性能基準と測定値 一覧表 (dB)
125Hz 500Hz 2000Hz 騒音値 dB(A)

法・令 基準値

25.0

40.0 50.0 (40.0)
測定値 28.7 12.0 25.6 18.9
+ 3.7 - 28.0 - 24.4 - 21.1

※ 音源は、あまり音量が変わらないBGM曲を選びましたが、カラオケの楽曲のため、音は常に変動しています。

  そのため、正確な判定ではありません。

※ 基準法・令に騒音値の規定はありませんが、数値は遮音性能、D−40の数値になっています。

 

125Hzは、測定値の方が遮音性能が良くなっていますが、音源が変動する影響から、たまたま受音の時に125Hzの音が少なかったのでは、と考えられます。

500Hz・2000Hz・騒音値の遮音性能値は、21.1〜28.0 dB不足していることが、分かります。

 

立てた防音プランは、界壁・天井部分で、遮音・吸音を使って、20dBと30dB、2つの低減プランをご提案しましたが、コストの関係から、コストの掛からない、20dB低減プランで、防音工事をすることになりました。

 

防音工事が始まって、現場から電話がありました。

「こわしてみたら、天井裏に壁がない」

エェッ、そんなバカな、と思いつつ、現場に行ってみると、界壁は天井まで。

そこから上の壁がありません。

お隣の天井裏が見えます。

 

建築基準法には「界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものとする」とあります

加えて、防火にも同様な規定があります。

そう、違反建築で造られた建物だったのです。

 

お店のオーナーさんのせいではありません。

建物の所有者の責任です。

不動産屋を通して、建物の所有者と交渉してもらいましたが、所有者は逃げるだけ。

結局、お店のオーナーは諦めて、お店を止めてしまいました。

大変なのは工事業者、少しはお金をもらえたようですが、後は泣き寝入り。

 

お店の周辺は、ゴミゴミした呑み屋街、よくある話しで、どうも確認申請もせず、勝手に改装して、そのままだったようです。

ひょっとしたら、まだまだこのような建物、いくつもあるかも知れません。

店舗・ホテルの騒音 | 10:39 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.