“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
給水管の「ウィーン」という共振音

昨年末、あるマンションで、珍しい「音」に出会いました。

「問題の音」を訴えてみえる方の室内にうかがい、「問題の音」を採ることができました。

その「問題の音」は、「ウィーン」と唸る、400Hz・800Hz・2500Hzをピークに持つ『複合音』でした。

ウィーンという音グラフ

 

その音は、常時聴える訳ではなく、断続的に起こり、しばらく続く連続音で、規則性はありません。

この「ウィーン」という音は、以前何処かで聴いたことがある、と感じ、一所懸命これまでの記憶をたどってみました。

その音は「給水管の共振」であることを、想い出しました。

 

音をたどって、外の廊下に出てみました。

しばらくすると、外廊下でもよく聴え、その音が最も大きい戸の前にたどり着きました。

 

どうも、メーターボックスの中から、音が出ているようです。

管理会社の方がみえたので、その戸のインターフォンを押してもらいました。

幸いご在宅で、事情をご説明して、中に入れていただきました。

 

そして、「問題の音」がする、メーターボックスに近い、洗面の水栓を開いていただきました。

すると室内では、かすかに「ウィーン」と聴える音が、外のメーターボックスからは、大きな音になって、響いていました。

その音源は、どうもメーター直後の給水弁の辺りから、発生していることが分かりました。

 

給水管が振動しています

水栓の開き具合によって、給水弁近くの管が『共振』を起こし、発生していることが、分かりました。

原因が分かれば、対策は簡単。

給水弁の開きを大きくしてもらったら、「問題の音」は止みました

 

今は少なくなりましたが、給水管で最も多い「音」は、「ウォーター・ハンマー現象」です。

通気がうまく行かず、開栓すると、管の中の水が「ガン」という衝撃音を発生させる、という現象です。

通気管が設備してあれば、ほとんど起きない現象です。

 

この「ウィーン」という音は、結構珍しい、そう、かつて都営住宅で1件あったくらいの、珍しい現象でした。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.