“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
超低周波騒音、実はトンネル工事だった?

 以前、ボクには聴えない、20Hz、超低周波音のもどかしさを、書いたことがありました。

先日、その方からメールがあり、「今では、不思議なくらい、何ともない」というお話しがありました。

 今から4年前になります。

メールをやりとりしている内、たまたま地盤からの伝搬のお話を書いたところ、「ひょっとしたら、あの時、トンネル工事があった」

というお話しになりました。

 調べてみると、その周辺は岩が多く、「そこでトンネル工事をしていれば、当然大きな音・振動となって、伝わって来ます」という話しになりました。

 ちょうどその当時、高速道路の建設で、トンネルを造る工事を、近くでしていたそうです。

4年前は、海からの音では?と推測していたのですが、今になって「謎だった音源が、見えた」と、うれしくなりました。

 その方も、「そうかも知れない」とお話しされながら、正直なところ、ホッとされたのではないでしょうか

 

 想うのは、「音って、本当に奥が深い、まだまだだなぁ」ということ。

建築の方も、奥が深い仕事ですが、クライアント次第で、条件で、できることが、しぼられてきます。

 「音」は造る仕事はともかく、調べる仕事であれば、もうすでに在る訳で、探れば探るほど、何かが見えてくることがあります。

「やってて、好かったなぁ」と想いを、しみじみと感じました。

低周波騒音 | 11:26 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.