“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ライブ・ハウスの騒音…上階に伝搬音

最近、ライブ・ハウスからの騒音で、お困りになっている、というご相談があり、「これまでも、いくつかあったなぁ」と想い出しました。

 

1つは、渋谷のライブハウス、ビルの地階にあったのですが、上階の住宅に、かなりの音が伝搬している、という苦情があり、対策をするために、調査にうかがいました。

 伝搬ルートは、2つ有り、1つは給・排水管のパイプ・シャフトからの『空気伝搬』、

もう1つはスピーカーからコンクリートに『固体伝搬』でした。

 しかし残念ながら、苦情を訴えている住宅には、立ち入り調査ができず、その手前のパイプ・シャフト点検口、階段室の壁・柱で測定調査をするしか、方法がありませんでした。

 対策案としては、パイプ・シャフト内に隔壁床を設けて、『空気伝搬音』を遮断する、という方法がベストでしたが、ビルのオーナーか拒否。

 精々パイプシャフト内を、高密度のロック・ウールをギュウギュウ詰めにすることだけでした。

コンクリートの壁・床・柱の『固体伝搬音』は、ベストは音源近く、コンクリートに固定している金具に、振動が伝わらないようにすることでしたが、何故か採用されませんでした。コストの点からなのか、音響業者の言い分からなのか、結局、店舗のオーナーが拒否。

 「振動がコンクリートに入る前で、絶縁する」という原則の対策は、できませんでした。仕方なく、スピーカーの周囲をウールで包んだり、壁に『遮音制振ゴム』を貼り付けたりしましたが、コンクリートに入ってしまっている『振動』が、消える訳はなく、ほとんど効果はありませんでした。

 コンクリートは空気の約15倍、音をよく伝えます。いったん入ってしまうと、10階以上まで、届いてしまいます。

当然、解決にはならず、お金を払わない、などの嫌がらせを受けたりし、結局その店舗は、閉店しました。

 

もう1つは、郊外の駅近くにあるライブ・ハウスの騒音でした。

 幸いその建物は、商業店舗ばかりのビルで、地階のライブ・ハウスの営業時間には、締まっていました。その苦情は、ビル内からではなく、近隣の住宅からの苦情でした。

 これは明らかな『空気伝搬音』で、壁、窓、換気扇などの開口から音が伝搬していることを、調査により明らかにしました。

壁に『遮音制振ゴム』で、遮音と振動吸収。排煙に係わる窓は、ガラス面に『遮音制振ゴム』貼り、スキ間を無くすこととで、遮音と振動吸収。換気扇などの開口は、特注の『消音ダクト』を設け、気道は確保した上で、極力吸音=消音させました。

結果、苦情はなくなったようです。

 

音源と伝搬経路を調査すれば、確実に防音はできます

それも、ピン・ポイントで無駄なく、対策ができます。

それを如何にご理解いただけるか?

それが一番の問題です。

店舗・ホテルの騒音 | 12:44 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.