“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション騒音…1階店舗からのとんでもない、複合低周波騒音(その2)

以前書いた、「1階店舗からのとんでもない、複合低周波騒音(その1)」の続き。

 

結局、その2階の室は、住めず、貸せず、空室のまま、裁判・訴訟、ということになりました

民法上の「受忍限度を超えている」というところで、住めず、貸せない室の、損害金額プラス慰謝料という、訴訟です。

1階の店舗は、全国的に有名な、飲食店舗。かつてブラック企業として、ネットでも騒がれた店舗です。

 

そこを貸している不動産屋さんを間に立て、1階店舗の中を測定することができました。

その結果、天井に吊っている排気ダクトの吸・排気口の音と、2階の室内・リビングの受音の波形、成分が一致しました

下のグラフのようです。

大久保騒音比較グラフ

明らかに、40Hz、1オクターブ高い80Hz、それに小型モーターからと思われる、315Hzの音が伝搬しています。

特に315Hzの音は、『固体伝搬』の媒体、鋼製ボルト、コンクリートなどの固有振動数が近いのか、『共振透過』に近い音エネルギー量になっています

 

実際にこの音が、2階の室内で、一番大きく聴えていました。

これは、低周波音ではありません。

男性のやや高い声くらいの周波数の音、「ブーン」という音です。

これが60dBを超える、大きな音で、とても室内に居られないレベルの『騒音』です

 


実は、訴訟になる前は、調停申請を出されたようです。

しかし、相手の会社からは、誰も出て来ず、調停すらなされず、訴訟ということになったようです。

それ以前に、「問題の音は、下階から伝搬している」と結論づけた、ボクの報告書を受け取っているのに、対策はおろか、何の返答も、帰ってこない、という情況でした。

 

これまでボクは、数多くの騒音問題に掛かる裁判に、関わってきましたが、これほどヒドイ対応は、初めてです。

普通であれば、店舗を運営している会社は、社会的に悪い評判が立たないように、必ず対応します。

この会社は、対応すらしない、とても常識では考えられない会社、でした。

 

その後、訴訟がどうなっているのか、未だ分かりません。

何の知らせも無いところを見ると、どうも、うまく進んでいない、と思われます。

 

「対策ができない訳ではなく、その気がない」という考えられない会社、人たちのようです。

この厚い壁に、怒りを通り越して、何にもできない無力さ、悲しさに埋もれています。

何とか、できないものでしょうか?

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.