“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
工場の騒音…吸音による防音方法
 昨年、夏から秋にかけて、印刷工場の騒音対策に関わらせていただきました。
首都圏にある、かなり大きな工場で、地階にあるブロアー騒音により、近隣の住宅から、苦情が出ている、どうしたらよいか?というご相談から始まりました。

早速、周囲が静かな早朝を選んで、調査測定をしてみました。
苦情があった家からは、約200m離れていて、耳を澄ますと、確かにその工場の騒音が、聴き分けられました。
ただ、工場とその家の間には、幹線道路があり、トラックなどがよく通る日中では、ほとんど聴き分けられない環境でした。

条例に照らしても、騒音値を越えるものではありませんでした。
でも、「そのままでは、いけない」という会社のご判断で、何らかの対策をすることになりました。

先ず対策としては、そのマスキングがなくなる夜間から早朝の間、どうするか?という話しになりました。出力を落とすことは可能のようですが、完全に運転を止めることは、不可能とのこと。

では、どうするか?

その音の道は、地階から屋上の排気棟から、直接外気に接していました。
熱の問題もあり、それをふさぐことは不可能。予算があれば、機械本体を最新のものにしたり、フィルターなどの設備も設けたりできますが、急にそれは無理。

そこで考えたのは、『吸音』による低減方法でした。
その騒音の成分は、低周波音を主に、中音にもピークを持つ、複合音でした。
人の聴覚は、1000Hzをピークに、低い音も、高い音も聴力が低下していきます。
そこで先ずは、誰もが聴こえ易い、中音域の音を低減してやろう、という考え方でした。

コストが限られているので、大がかりな方法は採れません。
そこで、外気に放出する直前の屋上棟の内部を、ロック・ウールにより吸音させ、音エネルギーを低減させよう、と考えました。

結果は、中音域で、30〜40dB低減できました。
先ずは、ホッとしました。
その後、今のところ、クレームはないようです。
工場・ビル騒音 | 10:15 | - | - | - | - |
ビル・事務所の防音…遮音制振ゴムの実力

 4・5年前、大手某ハウス・メーカーの営業所での話し。
打合せ室の壁から、隣の室の話し声が聴こえる、耳を澄ますと内容まで聴こえる、何とかならないか?というご相談がありました。

早速、現場に行って、調べてみると、間仕切り壁は、軽量鉄骨で、両面にプラスター・ボード(厚9.5)を張っただけの仕様。
事務所としては、よくある仕様ではありましたが、測定してみると、D-26(26dB低減している)という性能でした。

人の話し声が60dBとすると、-26dB=34dBに聴こえるレベル。
その時の暗騒音(何もない、普段の音)が25dB程度、その差9dBが聴こえてくる訳です。
ちょっと大きい声の80dBであれば、54dBに聴こえ、話の中身も聞き分けられることになります。
「そりゃ、聴こえるだろうなぁ」というところでした。

コスト・工期のため、片面のボードを剥がして、ロック・ウールを詰め、いつもの『遮音制振ゴム』(厚3)を貼り、その上からプラスター・ボードを張って、クロスで仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工前と後の、遮音性能のグラフは、上記の通りでした。

遮音性能の改善量は22dB、透過損失レベルはD-38でした。
軽量鉄骨で、条件は不利だったのですが、ほとんど聴こえなくなりました。

自動車の防音から生まれた『遮音制振ゴム』の威力は、抜群でした。

 

工場・ビル騒音 | 10:56 | - | - | - | - |
低周波騒音の被害と対策(その3)ビルの水冷空調機
 今度は、虎ノ門にある、新築した大きなビジネス・ビルの話しです。
ある大手ゼネコンの下請け業者から、「今度入居するフロアの振動・騒音が止まらない、なんとかならないか」というので、相談がありました。

調べてみると、2・3階のパイプシャフトから響いていて、扉を開けてみると、空調水冷の冷媒管がうなっていました。
2階は、パイプシャフトの中の管は3階ほどではありませんが、床がうなっていました。
3階は、パイプシャフトの中の管はスゴイですが、床は何ともありませんでした。

原因は、地下3階にある空調用のポンプが凄まじい振動をあげていました。
測定してみると、冷媒管の音(振動)は50Hzでした。低周波音です。波長が長いため、丁度同調したのが、2・3階という訳です。
2階の床がうなっているのは、管を支える金物が2階にあるため、と考えられました。

ちょうど夏の頃で、空調をフル稼働させた時、起こっているようでした。
直すためには、空調メーカーが設置し直し、振動を止めるのがベストなのですが、何故かよく分かりませんが、稼働を低く押さえ、パイプシャフト内の防振遮音工事をすることで、お茶を濁すことになってしまいました。

結果として、クレームにはならなかったようです。
めでたし、めでたし、でした。

今から思うと、2階床のうなりは、20Hz以下の超低周波音だったようです。耳には聴こえなかったのに、身体を締め付けられるような空気波動がありました。
そのままオープンしていたら、大変なことになっていたと思います。
低周波騒音は怖いです。
工場・ビル騒音 | 14:54 | - | - | - | - |
低周波騒音の被害と対策(その2)工場のブロア
 最近、低周波騒音のご相談が多くなってきました。
前回、板橋のお米屋さんの、電気メーターの50Hz振動が壁に伝わって、という話しを書きました。
低周波騒音は、現在でこそ、裁判で認められるようになってきましたが、それまでは泣き寝入りの場合が多かったようです。

低周波騒音には、問題点があります。
その一つは、個人差がある、ということです。
これまでいくつか経験してきましたが、何故か中年以上の女性が被害者の場合が多いようです。
その因果関係はよく分かりませんが、他の人には聴こえない低周波音が、よく聴こえる人がいるようです。

千葉の工場であった例は、ある会社の事務所にいた女性が、頭が痛いということで、入院してしまったことから、始まりました。
第三者の調査の結果、どうも低周波騒音が原因では?ということで約50m離れた別の会社の工場が、原因ということになりました。

その相手の会社から依頼があり、調べてみると、トウモロコシを吸い込むブロワーの振動が、基礎のコンクリートに伝わり、建物自体を共振させて発生されている、90Hzの音が、原因でした。
低減対策として、機械の振動をコンクリートに伝えない緩衝材を入れ、建物の共振を止めることにしました。
結果、30〜40dB低減させることが出来、お隣の会社から、OKが出て解決しました。

この場合は、うまくできましたが、低周波騒音は、なかなか解決が難しいです。
工場・ビル騒音 | 09:20 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.