“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コロナ・ウィルスの影響…ジワジワ、やって来ています

3月の中頃から、コロナ・ウィルスの影響から、騒音調査が少しずつ、延期になっています。

と、言っても、今のところ、2件だけですが、そろってお答えが、「コロナ騒動が落ち着いたら」、ということです。

その理由は、精神的にこれ以上のオーバー・ワークは難しい、家には子どもさんもいて、とても測定調査は難しい、とのこと。

騒音で困ってみえたり、悩んでみえたり、それでも、ご家族、周囲の皆さんに、影響を与えないように、というお心遣いから、のようです。

 

ご相談者の立場に立って、考えてみると、自分一人の「音」の悩みなど、家族、親しい人たちの、コロナの心配からすれば、優先順位からすれば、「後回し」のようです。

そのことは、ボクのご相談が、年末・年始、ゴールデンウィーク、お盆などの連休中は、ピタッと止まる現象からも、それはうかがえます。

皆さん、周りの人に優しく、自分のことは、「後回し」になさるため、とボクは理解しています。

 

他にも、

◇都内の老人ホームの防音工事が、都の指示から、延期になっています。

 

◇ボチボチ受注が始まった、「消音パーテイション」も、ビッグサイトの展示会用が、無期延期になりました。

 

少しずつ、ジワジワと、コロナ・ウィルスの影響が、出始めています。

まだまだ、数えるほどですが、確実に姿を現し始めたようです。

今のところ、ボクのところでは、「一時的なもの」と、割り切っていますが、ボクの仕事に隣接している、自動車の業界、建築業界は、かなり影響が出始めているようです。

 

ボクの仕事は、不要不急では無い、と考えています。

本当に音で困ってみえる人は、眠れないのですから。

健康が一番、優先されますから。

 

ボクの仕事では、とてもこの先、どうなって行くのか?

どう影響が及んで来るのか?

まったく予想、推測は立てられません。

 

そう言って、不安がっていても、仕方がないので、「一時的なもの」として、考えることにしています。

こんな情況は、初めてのこと、です。

さて、どうなる、ことやら。

騒音調査 | 14:58 | - | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.