“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
携帯電話・基地局、下階にコンクリート伝搬音 〔第2回、測定調査〕

1回目の調査からしばらく後、再調査の依頼がありました。

今度こそ「音源を明らかにする」、という覚悟でうかがいました。

 

前回の調査で、設備からではなく、周囲の鉄骨から「問題の音」が発生しているのでは?

という推測から、下階の室内と屋上に分かれ、携帯電話でやりとりしながら、「音」の確認をする、という方法で望みました。

 

よく発生する、といわれる朝7時から、始めました。

しばらく待ってみましたが、なかなか音は発生しません。

そこで、ここは、と思われる箇所を屋上で叩いてみて、下階で「問題の音」として聴えるか?実験してみました。

 

鉄骨の柱・梁、排水管の通気管、電気配管・ボックスなど、叩いて回りましたが、中継設備を囲っている、アルミ・ルーバーを叩いた時、「その音です」と一致しました

 

しかし、発生箇所は明らかになりましたが、発生原因が分かりません。

屋上で、耳を凝らして待ち続けました。

 

9時頃まで屋上にいて、屋上で発生した「音」は、

.ュービクルを囲っている、アルミ・ルーバーを固定しているビス部分から、「カシャ、ピキッ」という音

▲ュービクルを冷却する、エアコン室外機が稼働し始める直前に、「ガッン」という音

でした。

 

その内、下階で「問題の音」と言われたのは、,離▲襯漾Ε襦璽弌爾鮓把蠅靴討い襯咼垢良分から発生している「カシャ、ピキッ」という音でした。

「問題の音」が特定できました。

 

伝搬経路は、

アルミ・ルーバー  C型鉄骨  H型鉄骨柱  コンクリート  下階・室内に空中放射、と考えられます。

 

「問題の音」が発生する原因は、推定ですが、朝陽が当たり、温度が上昇し始めると、アルミ・ルーバーが線膨張し、その力で固定しているビスの接点で、「音」が発生しているのでは、ということでした。

 

この結果から、結局周囲を囲っているアルミ・ルーバーをすべて撤去し、「解決」したようです。

よかった、よかった、責任が果たせて、ホッとしました。

携帯電話・基地局、下階にコンクリート伝搬音 〔第1回、測定調査〕

今年の3月、都内のマンションで、「屋上の基地局から、ゴーンという音が聴えて、うるさい」というご相談を受け、早速、騒音調査にうかがいました。

 

最上階のお宅で、「問題の音」がするのを待機していましたが、なかなか音はしません。

 

お住まいの方が録音された、スマホの音を測定してみると、800Hz〜6300Hzという中・高音域に、音の塊が現れました。

どうも「ゴーン」という「問題の音」は、かなり高い音のようです。

 


スマホで録音された「音」は、これまでも数多く測定してきましたが、あまり正確ではありません

その原因は、

.泪ぅの問題

▲好圈璽ーの問題

アプリの問題

にあるようです。

 

スマホのマイクは、人の声などの音域を中心として、高音・低音はカットされ、かつ大音量もカットされるように、なっているようです。スピーカーも同様です。

原理としては、空気振動である「音」を、マイクで捉え電気信号に変換します。

その電気信号をどのように表現するかは、アプリで異なっているようです。

実際に測定してみると、騒音計と同じ周波数になっていることは稀で、ほとんどのアプリは、その近辺の周波数になって、現れるようです。時には、とんでもない周波数になっていたこともあります。

 

スマホの音は、参考にはなりますが、正確ではありません。

 


小さな中継設備の場合は、主に蓄電池を冷却する小型ファンの音が主ですが、中継局の音は、通常低い音が主です

どうも設備機器からの音では、無さそうです。

 

お話をお聞きしている最中、南東角辺りで「ゴン」という小さな音がありました。

予想していたよりも、かなり「高い音」でしたしかも単独で、連続していません

屋上にある基地局、キュービクルの位置は、反対の北側にあります。

どうも中継設備機器から、ではないようです

 

その後、屋上に上がって、基地局の周囲、すべてを調査、測定をして回りました。

この基地局は、かなり大規模な設備で、蓄電設備の他に、整流機などの設備も付帯していて、約4畳くらいあるキュービクル室内を、家庭用のエアコンで、空調していました。

それが2基ありました。

 

中継設備の音源としては、低周波音を中心に、かなりの音エネルギーを持つ音源が、いくつもありました。

特に、人には聴えないとされる、20Hzの超低周波音が75dB以上あり、下階の室内でも50dBくらい伝搬していました

しかし、お住まいの方には聴えない、とうことでした。

聴えて気になる、今回の「問題の音」は、中・高音の「ゴーン」という音です。

どうも、中継設備機器からの音ではなく、

それらを支え、囲っている鉄骨に何かが当たる音では?

というのが、ボクの見立てでした。

 

第1回目の調査・測定は、そこまででした。

 

マンション屋上の電話アンテナが、騒音源

もう半年くらい前になりますが、マンション最上階にお住まいの方から、「低音が響いて、寝られない」というご相談がありました。

なかなか調査にうかがうことができなくて、メールのやりとりで、しばらくは「音源」探しをしたことがあります

 

先ず、お住まいのマンション内の可能性が高い、と思われたので、エアコン、給水ポンプ、エレベーター、換気扇など、考えられるマンション内の音源を、一つ一つ確認していただきました。しかし、どれも当てはまりません。

 

敷地外の「音源」も、半径100m以内を歩いて、それらしき「音源」を探していただきました。

すると1つだけ、約50m離れた道路脇にある、柱上トランスが唸っていました。写真を送っていただいて、それはコイルを巻いた古いタイプのトランスでした。

古いトランスからの「低周波騒音」は、これまでも数例ありました。

それは早速、東京電力に電話していただいて、新しいトランスに取り替えてもらい、直ぐに止まりました。

が、マンション内の「低周波騒音」は、止まりません。

 

やっと、日程の調整ができ、うかがって調べてみました。

最も大きく聴える室内で、四周の壁、天井・床を、騒音計で調べて回りました。

その結果、「問題の音」は、25・50ヘルツと倍音の100ヘルツの低い音が主成分の音であることが分かりました。

そしてその音は、界壁側の上が、最も大きな音になっていることが分かりました。

最上階のお宅なので、その上は、屋上しかありません。

管理人室にある竣工図を見せていただいても、その上には、何もありません。

 

しかし、管理人室の前にある掲示板に、携帯電話会社の中継アンテナの点検・工事の案内が貼ってありました。「んんん、これは」と思い、後日調べていただいたところ、ほぼその真上付近に、某携帯電話会社の中継アンテナがあることが分かりました。

騒音源は、そのアンテナで、蓄電池のファンだけでなく、ブースターが付いていて、その音・振動でした。

それを移設してもらって、解決しました。

携帯電話中継アンテナの騒音

今年になって、立て続けに、マンションの屋上にある、携帯電話中継アンテナによる、と思われる騒音相談がありました。 そのうちの一つは、測定調査をしたところ、ほとんど伝搬は確認できませんでしたが、もう一つの方は、明らかに伝搬していました。 騒音源は、停電時の蓄電池を冷却するファンの音(振動)でした。 測定したところ、その音は、315Hzをピークとする波形を持つ中音でした。 下階のお宅の壁から、全く同じ波形の音が測定され、聴診器で確認すると、明らかに蓄電池のファンの音でした。 伝搬経路を調べてみると、いつも問題になる『GL壁』であることも原因の一つだと思われるのですが、屋上に上がってみると、写真のような重量鉄骨の基礎の下に敷いてあるゴムのような制振材に、問題がありそうでした。 聴診器で調べてみると、ゴムの上の鉄骨に届いている振動が、明らかに床のコンクリートにも、伝搬していました。

これにも、原因があると考アンテナ基礎えられました。

 

 音エネルギーとしては、そんなに大きなものではありません
でしたが、人によっては、気になるくらいの音にはなってい
ました。

 

 対策としては、その中継アンテナの会社に連絡をとつて、
敷いてあるゴム状の制振材を、敷き替えていただき、
約5dB低減することができました。
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.