“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション屋上の電話アンテナが、騒音源

もう半年くらい前になりますが、マンション最上階にお住まいの方から、「低音が響いて、寝られない」というご相談がありました。

なかなか調査にうかがうことができなくて、メールのやりとりで、しばらくは「音源」探しをしたことがあります

 

先ず、お住まいのマンション内の可能性が高い、と思われたので、エアコン、給水ポンプ、エレベーター、換気扇など、考えられるマンション内の音源を、一つ一つ確認していただきました。しかし、どれも当てはまりません。

 

敷地外の「音源」も、半径100m以内を歩いて、それらしき「音源」を探していただきました。

すると1つだけ、約50m離れた道路脇にある、柱上トランスが唸っていました。写真を送っていただいて、それはコイルを巻いた古いタイプのトランスでした。

古いトランスからの「低周波騒音」は、これまでも数例ありました。

それは早速、東京電力に電話していただいて、新しいトランスに取り替えてもらい、直ぐに止まりました。

が、マンション内の「低周波騒音」は、止まりません。

 

やっと、日程の調整ができ、うかがって調べてみました。

最も大きく聴える室内で、四周の壁、天井・床を、騒音計で調べて回りました。

その結果、「問題の音」は、25・50ヘルツと倍音の100ヘルツの低い音が主成分の音であることが分かりました。

そしてその音は、界壁側の上が、最も大きな音になっていることが分かりました。

最上階のお宅なので、その上は、屋上しかありません。

管理人室にある竣工図を見せていただいても、その上には、何もありません。

 

しかし、管理人室の前にある掲示板に、携帯電話会社の中継アンテナの点検・工事の案内が貼ってありました。「んんん、これは」と思い、後日調べていただいたところ、ほぼその真上付近に、某携帯電話会社の中継アンテナがあることが分かりました。

騒音源は、そのアンテナで、蓄電池のファンだけでなく、ブースターが付いていて、その音・振動でした。

それを移設してもらって、解決しました。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.