“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンション騒音…地下鉄の騒音が聴こえる
 先日、都内のマンション関係の方から、今建築中のマンションの室内で、地下鉄の騒音(振動)が聴こえ、かなりうるさい、何とかならないか?というご相談がありました。

実際に測定してみると、40Hzを中心とした低周波騒音で、65dB近い騒音でした。
床からよりも、外壁からの騒音の方が大きく、伝わっていました。

お聞きすると、それでも床にアスファルト系の制振材を入れ、壁には鉛ボードを使っている、とのこと。
それは納得できます。
コンクリート躯体を伝わって来る振動(音)を止めるには、遮音材では無理で、制振材でないと、低減できません。空気伝搬であれば、鉛は効果ありますが、振動には、ほとんど効果がありません。

もう内装下地まで進んでいて、これから設計変更、再工事など考えると、とてもボクには、どうこうできる力がありません。
提案だけはして、ご遠慮しました。
その後、何とか善い方向に、進んでいると善いがなぁ、と願っています。
電車・地下鉄の騒音 | 10:39 | - | - | - | - |
地下鉄電車の騒音―マンションの防音

 電車で想い出しました。
強烈な騒音(振動)のマンションがありました。
2010年3月、賃貸マンションで、引き渡し前になって、「地下鉄の音がスゴイ」というクレームが入り、それを請け負ったゼネコンから、相談がありました。

地下鉄・大江戸線が、眼の前の幹線通りの下を通っていて、その騒音というか振動が問題でした。
この騒音を測定するのが大変で、上りと下り、直近の駅の時刻表を手に入れ、それから2分後とか時計を見ながら、ゴーという振動とともに、測定のスイッチを押して測定をしました。
何とそれが、4戸×7階分、すべて測定をしました。
それも前面の幹線道路の影響を受けにくい、深夜を選んで、というとんでもない過酷な作業でした。

しかし、おかげでいろいろなことが分かってきました。
その騒音の成分は、63〜125Hzの低周波音で、上りよりも下りの電車の方が大きく、何故か1階よりも3階の方が大きい、同じ階でも端の室よりも中の室が大きい、というようなことでした。

もう引き渡し前で、時間が無く、このデータを基にして、各室の床・壁の対策を変え、突貫工事でやってもらいました。

 

工事前と工事後の音は、下のグラフのようになりました。

工事の前と後

工事後、測定してみましたら、改善量の大きい室で約15dB、小さい室で約5dB良くなっていました。

何とか引渡も出来て、住む人にも、「何か聴こえるかな?」くらいにはなったかな、とホッとしました。

電車・地下鉄の騒音 | 08:53 | - | - | - | - |
電車の騒音・振動

 もう5年前くらいになります。静岡の新築早々の教会から、相談がありました。
高名な建築家の設計で、在来木造で、お金を掛けずに、結構シンプルでモダンな建物でした。
ところが、道路を挟んで反対側が、鉄道の線路。
電車が通る度に、地面が揺れる、轟音が窓から襲う、とてもミサを上げられるような状態ではありませんでした。
基礎はベタ基礎、今流行の免震などない時代の話しです。まともに振動が伝わります。
空気伝搬の騒音も、スマートな縦長の窓が並び、ガラス1枚。

何故、騒音が予想される線路側に窓を付けたのか?
→電車から、かっこよく見えるように

何故、基礎のコンクリートの下に、絶縁として、例えば高密度のウールを敷くなりしなかったのか?
→寄付金だけで建てられたので、予算がなかった。

???、とても信じられない話しでした。

その設計はともかく、対策をしなければなりません。
当然、建てたばかりで予算はありません。

いろいろお話しをし、なるべく安く入手できる材料を、信者の方のボランティアで、対策をすることにしました。
決めた方法は、先ず床は、安い厚めのフェルトを敷き、その上に寄付のカーペットを敷く。
最も透過がヒドイ窓は、ガラスの内側に、PETウールを詰め込み、アクリル板で押さえる、ことにしました。
その結果、何とかミサができ、お話しが聴こえるレベルにすることが出来ました。

高名な建築家は、「安い設計料だから、仕方がない。」と言って、相談に乗ってもくれなかったそうです。本当は、その名を公表したいところです。
またまた“建築家”。
建築家って、一体何なのですかね?

電車・地下鉄の騒音 | 15:50 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.