“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
信じられないカラオケ店舗、小屋裏の壁がない

昨年の春頃、都心のカラオケ店の騒音調査と防音工事のプラン作成を依頼されました。

その建物は、在来木造2階建てで、1階に2店舗、2階は空き家状態でした。

騒音問題は、カラオケ店のお隣の食事店から「カラオケの音がダダ漏れ、うるさくて困る」という苦情があり、カラオケ店のオーナーさんからの依頼でした。

 

実際にカラオケ店で曲を演奏、音を出してもらい、お隣の店舗で測定をしてみました。

お隣のお店に入ると、かなり大きく聴えていて、その結果、何と騒音値で18.9dB(A)しか、低減していませんでした。

建築基準法では、「長屋又は共同住宅の各戸の界壁」の遮音性能を規定しています。

以下に、測定値とともに、表にしてみます。

建築基準法・施行令の遮音性能基準と測定値 一覧表 (dB)
125Hz 500Hz 2000Hz 騒音値 dB(A)

法・令 基準値

25.0

40.0 50.0 (40.0)
測定値 28.7 12.0 25.6 18.9
+ 3.7 - 28.0 - 24.4 - 21.1

※ 音源は、あまり音量が変わらないBGM曲を選びましたが、カラオケの楽曲のため、音は常に変動しています。

  そのため、正確な判定ではありません。

※ 基準法・令に騒音値の規定はありませんが、数値は遮音性能、D−40の数値になっています。

 

125Hzは、測定値の方が遮音性能が良くなっていますが、音源が変動する影響から、たまたま受音の時に125Hzの音が少なかったのでは、と考えられます。

500Hz・2000Hz・騒音値の遮音性能値は、21.1〜28.0 dB不足していることが、分かります。

 

立てた防音プランは、界壁・天井部分で、遮音・吸音を使って、20dBと30dB、2つの低減プランをご提案しましたが、コストの関係から、コストの掛からない、20dB低減プランで、防音工事をすることになりました。

 

防音工事が始まって、現場から電話がありました。

「こわしてみたら、天井裏に壁がない」

エェッ、そんなバカな、と思いつつ、現場に行ってみると、界壁は天井まで。

そこから上の壁がありません。

お隣の天井裏が見えます。

 

建築基準法には「界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものとする」とあります

加えて、防火にも同様な規定があります。

そう、違反建築で造られた建物だったのです。

 

お店のオーナーさんのせいではありません。

建物の所有者の責任です。

不動産屋を通して、建物の所有者と交渉してもらいましたが、所有者は逃げるだけ。

結局、お店のオーナーは諦めて、お店を止めてしまいました。

大変なのは工事業者、少しはお金をもらえたようですが、後は泣き寝入り。

 

お店の周辺は、ゴミゴミした呑み屋街、よくある話しで、どうも確認申請もせず、勝手に改装して、そのままだったようです。

ひょっとしたら、まだまだこのような建物、いくつもあるかも知れません。

店舗・ホテルの騒音 | 10:39 | - | - | - | - |
ライブ・ハウスの騒音…上階に伝搬音

最近、ライブ・ハウスからの騒音で、お困りになっている、というご相談があり、「これまでも、いくつかあったなぁ」と想い出しました。

 

1つは、渋谷のライブハウス、ビルの地階にあったのですが、上階の住宅に、かなりの音が伝搬している、という苦情があり、対策をするために、調査にうかがいました。

 伝搬ルートは、2つ有り、1つは給・排水管のパイプ・シャフトからの『空気伝搬』、

もう1つはスピーカーからコンクリートに『固体伝搬』でした。

 しかし残念ながら、苦情を訴えている住宅には、立ち入り調査ができず、その手前のパイプ・シャフト点検口、階段室の壁・柱で測定調査をするしか、方法がありませんでした。

 対策案としては、パイプ・シャフト内に隔壁床を設けて、『空気伝搬音』を遮断する、という方法がベストでしたが、ビルのオーナーか拒否。

 精々パイプシャフト内を、高密度のロック・ウールをギュウギュウ詰めにすることだけでした。

コンクリートの壁・床・柱の『固体伝搬音』は、ベストは音源近く、コンクリートに固定している金具に、振動が伝わらないようにすることでしたが、何故か採用されませんでした。コストの点からなのか、音響業者の言い分からなのか、結局、店舗のオーナーが拒否。

 「振動がコンクリートに入る前で、絶縁する」という原則の対策は、できませんでした。仕方なく、スピーカーの周囲をウールで包んだり、壁に『遮音制振ゴム』を貼り付けたりしましたが、コンクリートに入ってしまっている『振動』が、消える訳はなく、ほとんど効果はありませんでした。

 コンクリートは空気の約15倍、音をよく伝えます。いったん入ってしまうと、10階以上まで、届いてしまいます。

当然、解決にはならず、お金を払わない、などの嫌がらせを受けたりし、結局その店舗は、閉店しました。

 

もう1つは、郊外の駅近くにあるライブ・ハウスの騒音でした。

 幸いその建物は、商業店舗ばかりのビルで、地階のライブ・ハウスの営業時間には、締まっていました。その苦情は、ビル内からではなく、近隣の住宅からの苦情でした。

 これは明らかな『空気伝搬音』で、壁、窓、換気扇などの開口から音が伝搬していることを、調査により明らかにしました。

壁に『遮音制振ゴム』で、遮音と振動吸収。排煙に係わる窓は、ガラス面に『遮音制振ゴム』貼り、スキ間を無くすこととで、遮音と振動吸収。換気扇などの開口は、特注の『消音ダクト』を設け、気道は確保した上で、極力吸音=消音させました。

結果、苦情はなくなったようです。

 

音源と伝搬経路を調査すれば、確実に防音はできます

それも、ピン・ポイントで無駄なく、対策ができます。

それを如何にご理解いただけるか?

それが一番の問題です。

店舗・ホテルの騒音 | 12:44 | - | - | - | - |
ビジネス・ホテルの騒音…またまたイビキの音

またまた、ホテルの騒音『イビキの音』の話しです。
先日、岡山のビジネス・ホテルに泊まりました。
そこも、全国展開している、有名なホテル・チェーン。

今回は、仕事のために持って行った騒音計があったため、初めて“測定”ができました。
またまた『イビキの音』に深夜、起こされました。
そこで今度は、測定開始。

今度は、80Hz。
前回、大阪は、多分63Hz。
低周波騒音の測定にうかがっている内、だんだん耳が慣れて、ボクの聴感覚器官によく共鳴するのは、63Hzと分かっているので、恐らく間違いない、と思います。

それから言うと、今回の『イビキの音』は、やや高いようです。
それは恐らく、界壁の構造・仕様よりも、イビキをかいている人の違いでは?と思われます。
でも残念ながら、前回は測定できなかったので、音量は比較することができませんが、今回はMax値、55.5dBもありました。
これは環境省の『低周波音の手引き』にある『心身に係る苦情に関する参照値』を遥かに超えていました。



実は、エアコンの音も大きかったのですが、125Hzと『参照値』の範囲を超えた高い音であるため、他に当てはまる『物差し』はありませんが、こちらもヒドク、耳に残りました。
恐らく、こんな夜が続けば、難聴など、聴覚障害になってしまうのでは?と思われます。
でもボクは、このエアコンの音は、寝られます。
でも、イビキの音は、寝られません
それは『気になる』という、意識、知覚の差だと考えています。

やっと、『問題の音』を捉えることができました。
でも、これからどう進めて行けば善いのか?

恐らく、これまでもやってきたように、ホテルのアンケートに書いても、どうせ握りつぶされるだけ
会社に苦情を言っても、門前払い
何しろ、この『イビキの音が伝搬する原因は、乾式工法の壁にある』のだから。
コンクリート打設壁では、固体伝搬にしない限りは、このようなことは、起きません

この工法は、従来のコンクリート打設壁と比べて、石膏ボードの2枚重ね貼りの乾式工法では、コストも掛からず、工期も短縮できるので、ほとんどビジネス・ホテルの全部、シティ・ホテルの大部分が、この工法になりつつあるようです。

それに、法的には建築基準法・第30条の『界壁の遮音性能基準』、建築基準法施行令・第22条の3『遮音性能の基準』、
 125Hz…25dB以上
 500Hz…40dB以上
2000Hz…50dB以上
を満たしていれば、善いことになっています。
125Hz未満の低い音は、規定がありません

一般的に乾式工法は、低い音、共振透過、固体伝搬に弱いです。
JISで決められた試験方法では、それらを解決することは、できません。
同じ工法を使う、タワー・マンションにお住まいの方から、最近、ご相談が増えています

低周波騒音に悩むご相談者では、とてもホテルで寝られないだろうなぁ、
ボクは寝られるだけでも、幸せなんだろうか?
さて、どうしたら善いかなぁ?

店舗・ホテルの騒音 | 10:13 | - | - | - | - |
ビジネス・ホテルの騒音

今年の正月、大阪・梅田の某有名チェーンの、ビジネス・ホテルに泊まり、ビックリしました。
夜中の1時頃、「ゴォー、ゴォー」という重低音に目が覚めました。
幹線道路沿いにあるので、大型トラックの音かな?と思いましたが、その音は通り過ぎず、しかも大きくなったり、小さくなったり、波があるのです。

よく聴いていて、分かりました。
それは隣室の、“イビキ”でした
耳をそばだてて聴いていると、これまでの経験上、63Hzとその1オクターブ上の125Hzの音が、『共振共鳴現象』を起こしていると分かりました。

界壁は恐らく、コンクリートではなく、乾式工法、軽量鉄骨の両面にプラスター・ボード貼りであり、これまでの経験から、ちょうど63Hz辺りの周波数が、共振共鳴する距離、65ミリのスタッドを使っているのでは?と考えました。

それにしても、よく響き、どこかのトイレ流水音の数倍は、大きな音になっていました。

想い出してみると、これまでも2回、イビキに目を覚まされたことがありました。
ともに有名なビジネス・ホテル・チェーンのホテルで、その内の1店は、オナラの音までも、聴えました。
それらのホテルの界壁は、やはり軽量鉄骨の乾式工法でした。

朝、チェック・アウトする時に、アンケートに現象から、原因について、細かく書いてきましたが、責任者に届いたものやら、連絡先まで、書いてきたのに、何の連絡もありません。
何だか虚しく、こんなんで善いのかな?と感じています。
か、と言って、告発する気もありませんが…

『“音”って、本当に難しい』
つくづく感じています。
 

店舗・ホテルの騒音 | 11:54 | - | - | - | - |
カラオケ店の騒音…ビル地階

 埼玉の東武線駅近くのカラオケ店の騒音で、ビルのオーナーから相談がありました。
そのカラオケ店は地下1階にあり、屋外では、自動車騒音もあり、「やってるな」くらいにしか聴こえないのですが、そのビルの1階には学習塾があり、測定調査をしました。

塾の室内で、ひどいところは低音域で50dB、中高音域では45dBくらいになっていました。
「音の抜け道」としては、地下の階段室から直接1階の店舗に入れるようにドアがあったところを、プラスター・ボードで塞いで、通れなくしている所と、1階の床から、の2つの道からでした。

両方とも、全く防音処置がされていなくて、当然と言える状況でした。

予算がない、ということで、地階のドア周りのスキ間を無くし、1階の床全面に、振動を吸収する、アスファルト・ボードを敷き詰め、その上にビニール・タイルを貼るということにしました。
オーナー自身で、ホームセンターから材料を買ってきて、工事をされ、何とか収まったようです。

防音対策をしなかったことが、そもそもの問題でしたが、原因さえ分かれば、DIYでも何とかなる、という現場でした。

店舗・ホテルの騒音 | 10:25 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.