“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マンションの低周波騒音…騒音源探し
今年の冬、マンションの低周波騒音の調査測定に行ったことがあります。その件は、『騒音源探し』でしたが、これまでとは、違っていました。

都内のマンション管理会社の方から、小型のマンションにお住まいの方が、「モーターのような低い音が、いつもしていて、寝られない」と苦情から、依頼があり、調査にうかがいました。
 その住戸は3階建ての3階にあり、調べてみると、窓などからの空気伝搬音ではなく、明らかにコンクリートを伝わってくる、固体伝搬音。そして天井よりも床、窓側の壁よりも内壁、左よりも右の壁からが、最も大きな音が伝わっていることが分かりました。

明らかに、建物内の何処かの住戸から、ということが分かってきました。
日時を改めて、3階と1階、3軒を戸内に入らせていただいて、調べました。
しかし、一切それらしい音、それを発生させそうなものはありません。
残りは2階の2軒、3階の1軒だけになりました。

またしばらくして、了解が取れた、ということで、残り3軒の調査にうかがいました。
そして、ありました。
下階の右戸内で、『24時間換気』と書かれたプレートが貼ってある、バスの換気扇の音が、ピッタリ波形も当てはまりました。
お住まいの方にお聞きすると、最初からそうだったようで、かれこれ10年以上は、休み無しに回り続けていた、という換気扇でした。古いため、かなりの音になっていました。

原因が分かれば簡単、直ぐに取り替えて、無事に解決しました。

ここで特筆すべきは、管理会社の担当者の『頑張り』です。
よくここまで、話を付け、了解を取り付けられたなぁ、つくづく感じました。
管理会社の人というと、ほとんどが事なかれ主義、無事平穏にすませよう、という人が多い中、こんなに真摯に、困っている人のため、頑張ってくれる人もみえるんだなぁ、と敬意を表しました。
 
エアコン室外機の振動・騒音
 かなり、サボってしまいました。
2ヶ月以上、になりますか。

今が一番寒い時期のためか、エアコンの騒音相談が増えています。

先月、木造アパートにお住まいの方から、ご相談がありました。
「今までベランダの床に据え付けてあった室外機を、何故か建物の壁に直付けして、それ以来うるさくて、どうしたらよいでしょう」ということでした。

鉄筋コンクリートの壁でも、室外機の振動がコンクリートを伝わって、室内で騒音になっている、ということがあるのに、何の対策もせず、いきなり木造の柱に直付け。
それは、信じられない話しでした。
そんなことを提案、工事した業者はもちろん、それを認めた大家さんも、とんでもないことです。

結局、お金は掛けられない、ということで、大家さんの負担で、ボクも手伝って、室外機に防振シートを貼り、脚に防振マットを取付、対策をしました。

かなり音は低減しているはずなのですが、ご相談者は、「少しは良くなった気はするけれど、まだうるさい」とのこと。
一旦、意識にすり込まれてしまった感性には、知覚が反応してしまい、「またあの音だ」になってしまいます。
残念ですが、これ以上、ボクにはどうすることもできません。

その上、後日業者から、「工事代金は、そちらに請求させてもらっても良いですか?」という電話。
怒り心頭、「今回の騒音問題の原因は、オタクにあるのにも関わらず、良くそんな請求ができますね。無償で工事するのは当たり前でしょう!」と言ってしまいました。言わなくてもよいことを言ってしまいました。

本当に、残念、悲しいことです。
エアコン業者は、金儲けばかり考えずに、音(振動)がどう伝わるか?という勉強をして欲しいと痛切に思います。
さすがに、大手工事業者は、それなりに防振ゴムを敷いたり、していますが、それでも振動は伝わって、騒音問題になるのです。

エアコン・メーカーのページを見ても、そこまでの注意を書いているところはありません。
何とか携わる人たちに、教えて上げて欲しいものです。
マンションの低周波騒音…大型洗濯機・乾燥機
昨日、とってもうれしいことがありました。

麻布の超高級マンションでのことです。
1ヶ月前の話、「低音が聴こえて、うるさい。何とかならないか」というご相談が、リフォーム会社からありました。
担当は若い女性で、真剣でした。

それで、現場調査をしました。
測定をしてみると、問題の低音は、20/25Hzと50Hzをピークとする2種類あることが分かりました。
そして、伝搬経路をたどっていくと、80僂龍間がある天井裏が、最も大きな音になっていました。
音は、上階から来ていました。

図面を見せていただいて、上階は同じ間取り、もう一つ上の階は、違う間取りでした。構造はスラブ厚こそ15cmでしたが、こまめに小梁が入っていて、たわみが少ない構造になっていて、音にとっては良い構造でした。

騒音は、モーター音のように聴こえました。
そのマンションは、全室ドイツ製の洗濯機・乾燥機・冷蔵庫など、すべてビルト・インになっていましたので、恐らくこれだろう、と思われる洗濯機・乾燥機を測定させてもらうと、正しく騒音源は、洗濯機・乾燥機でした。

あとは、上階の機器を運転していただいて、下階で聴いていただいて、上階で測定して、それぞれ確認していけば、騒音源が分かる、ということで、2週間後、上階の方々のご了解をいただいて、再調査を行いました。

その結果、上階の洗濯機・乾燥機、その上の階の同じく洗濯機・乾燥機から、と確認できました。



そこまで分かれば、次は対策です。
ここまでの大型洗濯機ではありませんが、以前、あるホームセンターに、洗濯機用防音マットを卸していたことがあり、経験・実績がありました。
その防音マットを敷くことを提案しました。
ただ、それはドイツ製ミーレの洗濯機で、重量が95キロもありました。
普通に置けば、集中荷重で、折角のマットがその脚のところだけ、潰れてしまい効果が出ません。
合板9个硫爾頬媛札泪奪箸鬚鯢澆い討發蕕い泙靴拭

その結果が、昨日、電話でした。
結局、上々階はマット1枚、上階はマット2枚を敷いて、お住まいの方に、喜んでもらえた、という電話でした。

ボクの仕事は、お金はともかく、『困っている人が喜んでくださる』というのが、一番うれしいことです。
ホッとすると同時に、ボクも佳かったなぁ、と満足に浸れる一日になりました。
マンションの低周波騒音…揚水ポンプの振動
 少し前、管理会社から、「マンションにお住まいの方から低周波騒音のクレームが出ている。調査してもらえませんか」という相談がありました。
事情をお聞きすると、どうも揚水ポンプが騒音源ではないか?というお話しでした。

現場は、住宅棟とは別に、ポンプ棟があり、そこから、住宅棟屋上の給水タンクに送る、大型の揚水ポンプ2基稼動していました。

「本当に、こんなに離れていて、音が伝わるんですかね?」
と担当の方は、おっしゃっていました。

測定してみると、音源は125Hzの音が飛び抜けて大きい音を立てていました。
85dBもありました。

聴診器を使い、ポンプ棟の壁→基礎→アスファルト面→住宅棟の基礎と揚水管→6階の壁→住戸内と見事に聴き取れました。
その管に近い寝室で測定してみると、125Hzが40dB以上、飛び抜けて出ており、波形を見ても同じ、聴いても同じ、ということで、あっけなく証明できました。

低周波騒音は、100Hz以下なので、正確に言うと、低周波騒音ではありませんが、直ぐ隣の音なので、低周波騒音と同じ対策案を出しておきました。

結局、管を伝搬して、コンクリートに伝わり、寝室の中、特に内が空洞の間仕切り壁がタイコのように共振して、その階のその室だけで、騒音問題が起きていました。
低周波騒音は、波長が長いので、発現するところが限られてきます。
そして個人差も大きく、なかなか難しい問題です。

今回は、波形がハッキリしていて、見極めやすく助かりました。

そう、建物が違っていても、音が伝搬するという、見事な例でした。
意外、マンションの低周波騒音
 最近の話しです。
横浜のマンションから、「低周波騒音がする」というご相談がありまして、測定調査に行ってきました。

住民の方が、かなり真剣で、それに皆さん協力的でした。
被害を訴えてみえる室で、測定をすることにし、2軒となり、2階上下までの範囲で、いろいろな音を測定することが出来ました。

とりあえず、学会基準のタイヤなどの床衝撃音試験、雑音発生装置を使っての室間音圧差試験、それにご要望で、カカトで音を出す試験を行いました。

被害を訴えてみえる方の話しによると、
◇ドラムを叩くような低い音
◇深夜から早朝、不定時に出る
◇玄関脇の洋室のみで聴こえる
というような騒音のようです。

学会の試験は、一つの物差しとして、そのマンションがどのくらいの性能であるか、測定しました。

問題は、カカトのトントン音でした。
直上階がもっと大きな音であるのは、当然ですが、2番目はもう一つ上の階の音でした。
カカト・トントン音の成分は、63Hzが中心で、直上階が70dB、もう一つ上の階は60dB。
同じ階のお隣の戸は48dB、そして意外だったのは、もう一つ上の斜め上の階で、お隣より少し大きい、50dBもしました。
これは完全な固体伝搬音で、距離が近いところが大きいのは当然ですが、斜め下の階は38dBと小さく、床衝撃音の伝搬は、下階からよりも上階からの方が大きな音になるようです。

結局、問題のドラムを叩くような音の正体は、トントン、カカトで歩く音だったようです。
本当に、勉強になりました。
同時に、何冊も専門書を読むよりも、現場に行くことの方が、はるかに価値がある、
大捜査線ではないですが、「現場で事件は起こっている」ということを、痛切に感じました。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.