“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
とてつもない「地下鉄の音」

昨年のこと、「中古のマンションを買ったけれど、地下鉄の音がうるさくて、生活できない」というご相談があり、直ぐに、測定調査にうかがいました。

戸内に入って直ぐ、ものすごい轟音が、響きました。

通りに面したリビングで、測定してみたところ、100Hzをピークに持つ、60dBを超える音が、騒音計に現れました。

とんでもない音です。

伝搬を確認するまでもなく、その音は「ゴー」という下方向からの音紛れもなく「地下鉄の音・振動」でした。

 

その通りの下を通る地下鉄の時刻表を基に、測定値を比べてみると、建物の遠くを通る上り電車よりも、近くを通る下りの地下鉄電車の方が、約10dBも大きくなっていました

これだけ明確に測定できたことは、初めてです。

 

このマンションは、築後約20年、これまでの所有者=売り主は、イベントなどに使っていて、この戸内で生活はされていなかったようです。

 

戸内すべてを測定し、平面的、立面的に最も大きい音エネルギーが伝搬している場所は、窓側の角付近でした。

図面を見るとそこには、柱があり、その基礎地下には、直径1.7mの地中杭が、支持層のあるGL−33mまで、達していることが分かりました。

 

一方地下鉄の線路がある深度は、GL−約20m辺りを通っており、トンネル内には留置線があり上りと下り、合わせて3線路が平行してマンション前の道路下を通っていることが、分かりました。

道路幅から計算してみると、そのトンネルの壁の位置は、何と地中杭から2〜3m離れた位置を通っていることが分かりました。

 

ここまで分かってきましたが、さて、どう進めたらよいか?

 

いろいろご相談いたしましたが、こうなって来ると、先ず進めるべき選択肢は、「解約」です。

宅建法上、売り主は、「重要事項説明書」にこういう騒音があることを、書いていなければならないはずで、書いていない場合、「無条件解約」ができるはずです。ボクは宅建主任の資格も持っていて、かつて土地・建物の売買・仲介の仕事をしていたこともあります。

進めるべき方向は、ハッキリしているので、相手、仲介業者を通して、売り主さんに「解約」の交渉ができるだけの「報告書」を作成しました。

 

結果をお話しすると、「買い戻し」ということになったそうです。

「無条件解約」となると、契約・登記にかかった費用などを、売り主側が負担しなければなりません。

それを避けるため「買い戻し」ということになった模様です。

 

ご相談者からは、「費用に掛かった約100万円くらいは、損したけれど、善かった」とおっしゃっていただき、ボクもホッとしました。

こういう結果は、希有のことと、ボクには思われます。

売り主さんも、良心の呵責を感じて、そういう選択をされたのかな?と想像しています。

まだまだ世の中、捨てたもんじゃぁ、ないな、とあらためて感じました。

電車・地下鉄の騒音 | 12:31 | - | - | - | - |
「音難民」、調査費を払えない人が、増えています

例年、年の暮れから2月にかけて、ご相談・お問い合わせがピタッと止みます

調べてみると、5月の連休、お盆のシーズンも、やはり少ないようです。

そこからどうも「音」に困っている人は、周囲の人を優先させて、自分を後回しにしているのでは?という姿が垣間見えてきます。

 

昨年のご相談・お問い合わせのデーターを整理していて、気が付いたことがあります。

ご相談内容にも依りますが、ほとんどの件は調査が必要になります。

現在、近くであれば交通費は込み、ということで、調査・報告書作成費として、30,000円+税をいただいています。

しかし、現在であればその「32,400円の費用が払えない」というご相談者が、昨年だけで、何と5件ありました

交通費・宿泊費が加わる、遠隔地の場合では、沖縄・宮崎・福岡・下関・広島・岡山・長野・仙台・札幌など、約10件くらいありました

確か一昨年は、遠隔地を含めても、3件くらいだったように憶えています。

一体、この件数の増加は、何を表しているのでしょう?

 

おかげさまと言うか、ボクのブログにアクセスされる方の数は、現在、多い日には500を超えているようです。少ない日でも、50は下らないようです。

そのことは、検索エンジンに掛かりやすくなっていることを表しているのかも知れませんが「音」に苦しんでいる、困っている人は、確実に増えていることを、表しているのでは?と感じています。

 

以前ボクは、そういう「音」から逃げるしか方法が無い人を、「音難民」と呼んできました

悲しいことに、その「音難民」が昨年は、一挙に5倍に増加した、ということになるのでしょうか?

 

原因は、二の次になる「音の調査費」に回せるオカネが減って来た、基になる収入が減少して来た、ということなのでしょうか?

 

政府の発表では、アベノミクスは成功し、景気はバブル期以上になっているようです。

が、実際の生活では、そうなっていない、ということなのでしょうか?

 

ボクにできることは、「音」に困っている人のお役に立つことです。

「音難民」を無くす、ということは無理でも、少なくするため、ボクに何ができるのかなぁ?

何をやって行けば善いのかなぁ?、と漠然とした、大きな不安を感じています

音、全般 | 09:57 | - | - | - | - |
オゾン発生器の騒音

もう1年前になりますか、「オゾン発生器」の騒音を低減して欲しい、というご相談がありました。

 

ビックリしたのは、メールとお電話でお話ししたら、いきなりその商品が宅配で届いたことです。

スバらしい行動力とともに、そこまで信用してくれる、ということに、大変うれしく思いました。

 

お聞きしたところ、インフルエンザの予防対策として、現場事務所に設置したのだけれど「音が大きくて、寝られない」という苦情が出て来て、至急何とかしなければならない、とのことでした。

 

原理としては、酸素分子O2を放電エネルギーにより、酸素原子に分解し、オゾンO3を生成する、という装置です。

オゾンは、大腸菌・インフルエンザ菌などの細菌を殺し、ホルムアルデヒドなどの有害な物質を分解する、という、人にとって有り難い機器のようです。

 

届いた機器は、ちょうどデスクトップのパソコンくらいの大きさ、オゾン濃度は調整できるようになっていました。

 

詳しいことは、ここでは書けませんが、音源としては冷却用の小型ファンの音と思われる低・中周波音と放電によると思われる高周波音が出ていました。

この音の内、「寝られない」原因となる音は、人により異なる、と思われます。

低音がよく聴える人、高音がよく聴える人、人それぞれです。

ということは、全音域の音を低減の対象と考えざるを得ません。

 

ただし音域により、遮音・制振・吸音のどの効果をねらうか?

それぞれの効果に対して、最も効果がある材料、コストに合う材料は、どれか?

ここが、これまでやって来た、ボクのノウハウになります。

 

「吸音」は、機器の熱を発散させなければならず、気道を確保した上での吸音は、狭い機器内では困難です。

「遮音」も「空気伝搬」である限り、同上の理由で、困難です。

残る方法は「制振」しかありません

 

低音用、中音用、高音用、それぞれに効果がある制振材を組み合わせるプランを、ご提案いたしました

しかし時は、11月末。

もう納品、設置しなければ間に合わない、ということで、中止になってしまいました。

 

残念ながら、昨年はお話しがありませんでした。

うまく「解決」できていれば善いがなぁ、と思いつつ、実際にボクのプランで、どのくらいの効果があったのか?確認したかったなぁ、と想い出したところです。

商品開発 | 10:55 | - | - | - | - |
信じられないカラオケ店舗、小屋裏の壁がない

昨年の春頃、都心のカラオケ店の騒音調査と防音工事のプラン作成を依頼されました。

その建物は、在来木造2階建てで、1階に2店舗、2階は空き家状態でした。

騒音問題は、カラオケ店のお隣の食事店から「カラオケの音がダダ漏れ、うるさくて困る」という苦情があり、カラオケ店のオーナーさんからの依頼でした。

 

実際にカラオケ店で曲を演奏、音を出してもらい、お隣の店舗で測定をしてみました。

お隣のお店に入ると、かなり大きく聴えていて、その結果、何と騒音値で18.9dB(A)しか、低減していませんでした。

建築基準法では、「長屋又は共同住宅の各戸の界壁」の遮音性能を規定しています。

以下に、測定値とともに、表にしてみます。

建築基準法・施行令の遮音性能基準と測定値 一覧表 (dB)
125Hz 500Hz 2000Hz 騒音値 dB(A)

法・令 基準値

25.0

40.0 50.0 (40.0)
測定値 28.7 12.0 25.6 18.9
+ 3.7 - 28.0 - 24.4 - 21.1

※ 音源は、あまり音量が変わらないBGM曲を選びましたが、カラオケの楽曲のため、音は常に変動しています。

  そのため、正確な判定ではありません。

※ 基準法・令に騒音値の規定はありませんが、数値は遮音性能、D−40の数値になっています。

 

125Hzは、測定値の方が遮音性能が良くなっていますが、音源が変動する影響から、たまたま受音の時に125Hzの音が少なかったのでは、と考えられます。

500Hz・2000Hz・騒音値の遮音性能値は、21.1〜28.0 dB不足していることが、分かります。

 

立てた防音プランは、界壁・天井部分で、遮音・吸音を使って、20dBと30dB、2つの低減プランをご提案しましたが、コストの関係から、コストの掛からない、20dB低減プランで、防音工事をすることになりました。

 

防音工事が始まって、現場から電話がありました。

「こわしてみたら、天井裏に壁がない」

エェッ、そんなバカな、と思いつつ、現場に行ってみると、界壁は天井まで。

そこから上の壁がありません。

お隣の天井裏が見えます。

 

建築基準法には「界壁は、小屋裏又は天井裏に達するものとする」とあります

加えて、防火にも同様な規定があります。

そう、違反建築で造られた建物だったのです。

 

お店のオーナーさんのせいではありません。

建物の所有者の責任です。

不動産屋を通して、建物の所有者と交渉してもらいましたが、所有者は逃げるだけ。

結局、お店のオーナーは諦めて、お店を止めてしまいました。

大変なのは工事業者、少しはお金をもらえたようですが、後は泣き寝入り。

 

お店の周辺は、ゴミゴミした呑み屋街、よくある話しで、どうも確認申請もせず、勝手に改装して、そのままだったようです。

ひょっとしたら、まだまだこのような建物、いくつもあるかも知れません。

店舗・ホテルの騒音 | 10:39 | - | - | - | - |
マンション屋上の電話アンテナが、騒音源

もう半年くらい前になりますが、マンション最上階にお住まいの方から、「低音が響いて、寝られない」というご相談がありました。

なかなか調査にうかがうことができなくて、メールのやりとりで、しばらくは「音源」探しをしたことがあります

 

先ず、お住まいのマンション内の可能性が高い、と思われたので、エアコン、給水ポンプ、エレベーター、換気扇など、考えられるマンション内の音源を、一つ一つ確認していただきました。しかし、どれも当てはまりません。

 

敷地外の「音源」も、半径100m以内を歩いて、それらしき「音源」を探していただきました。

すると1つだけ、約50m離れた道路脇にある、柱上トランスが唸っていました。写真を送っていただいて、それはコイルを巻いた古いタイプのトランスでした。

古いトランスからの「低周波騒音」は、これまでも数例ありました。

それは早速、東京電力に電話していただいて、新しいトランスに取り替えてもらい、直ぐに止まりました。

が、マンション内の「低周波騒音」は、止まりません。

 

やっと、日程の調整ができ、うかがって調べてみました。

最も大きく聴える室内で、四周の壁、天井・床を、騒音計で調べて回りました。

その結果、「問題の音」は、25・50ヘルツと倍音の100ヘルツの低い音が主成分の音であることが分かりました。

そしてその音は、界壁側の上が、最も大きな音になっていることが分かりました。

最上階のお宅なので、その上は、屋上しかありません。

管理人室にある竣工図を見せていただいても、その上には、何もありません。

 

しかし、管理人室の前にある掲示板に、携帯電話会社の中継アンテナの点検・工事の案内が貼ってありました。「んんん、これは」と思い、後日調べていただいたところ、ほぼその真上付近に、某携帯電話会社の中継アンテナがあることが分かりました。

騒音源は、そのアンテナで、蓄電池のファンだけでなく、ブースターが付いていて、その音・振動でした。

それを移設してもらって、解決しました。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.