“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の お問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音測定で「問題の音」を特定し、「音源」を特定し、分析をすることから始まります。 その結果に基づいて、防音対策プランを作成し、ご提案します。

お問い合わせは、こちら

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745
TEL 090-1564-8206

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
戸内に、騒音源が無い…騒音源は、お隣の換気扇

先々月、関西方面のマンションで、特筆すべき騒音に出会いました。

 

その戸内に入ると、いきなり「ピー」というやや高い音が、耳に飛び込んできました。

「問題の音」は、630Hzをピークに持つ音で、玄関で48dBもありました。

周囲の周波数は、20dB以下。その差は28dB、人の聴感覚では、約8倍に感じるという、大きな音でした。

 

その音源は、何処か?

これまでの経験で、「これは簡単に、見つかるな」と油断したのは、確かでした。

 

これだけ大きい音は、騒音計を使わずとも、耳で追えます

最も大きかったのは、玄関から直ぐの、トイレでした。トイレ・中央で、何と、57.8dBもありました。

そこでトイレ室内を、水平方向、垂直方向に分けて、測定してみました。しかし不思議なことに、東西南北、天井・壁・床、ほとんど音の大きさは変わりません

 

音・振動は、音源・振動源に近いほど、大きな音・振動になります

???、これは、眼に見えていない裏側に、何かあるな、と考え、トイレの天井裏が見える、隣のユニット・バスの天井点検口を開けて、そこから見てみました。

そこの天井裏には、バスとトイレの換気扇とダクトが、あるだけでした。それが音源かな?、と考えましたが、電源は入っていません。音を発している、はずがありません。音源では、あり得ません。

この空間に「音源」はない、と分かりました。

 

しかしここで、トイレ室内の何処でも、音エネルギー量が変わらない原因が、分かりました。

それは、軽量鉄骨です。

鉄は空気の約20倍、音をよく伝えます。コンクリートは約15倍です。例えば窓からのテレビの音が、直上階で聴えている、とすると、鉄は20階上まで、テレビの音が伝わる、ということになります。

トイレの壁・天井は、軽量鉄骨が下地として入っていて、この軽量鉄骨が、均一に音・振動を伝えている、ことが原因でした。


ここで、「音源」探しとは別に、もう二つ、不思議な現象がありました。

,修琉譴弔蓮△修慮佑離ッチン・換気扇をONにすると、「問題の音」が止んだり、小さくなる。

△發Π譴弔蓮玄関ドアを開けると、「問題の音」が止んだり、小さくなる。

 

両方に共通していることは、どうも「気圧」に関係があるのでは、ということです。

,蓮換気扇をONにすると、「負圧」になる。

△蓮ドアを開けると、「正圧」になる。

という、正反対の現象になります。

 

その現象が起きるメカニズムは、よく分かりませんが、そうなる原因は、直ぐに分かりました。図面にはあるはずの、吸気口が存在しない、ということです。サッシも新しく、かなり気密性が高いようです。

 

この「気圧」の変化は、直接「音源」とは関係なさそうですが、『タイコ現象』が起きている、とすると、それは説明できます。タイコの皮に当たる、天井・壁のプラスター・ボードが、引っ張られたり、膨らませられたりして、「問題の音」が「固体伝搬」している、下地の軽量鉄骨の「共振」を止めたり、低減したりしている、のでは、ということになります。


その後、音が大きいクロゼットの中、キッチン・ダクト、ダクトが通っている梁など、戸内を測定して廻った結果、

「戸内に、音源は無い」という結論に至りました。

 

となると、「音源」がある可能性がある戸は、トイレに接している戸、ということになります。お隣と真上、念のため斜め上・下の戸を、測定調査をする必要があります。

ところがその日、管理をしている方のお話しで、許可を取っていないので、立ち入りはできない、ということでした。残念ながら、日を改めて、もう一度、ということになりました。

 

交通費を実費、出していただいているボクとしては、とても申し訳なく、忸怩たる思いですが、「解決」のためには、他に方法は、ありません。その1週間後、今度は直上階の戸・隣戸など、接している戸を測定調査をしました。

 

 

先ず、その戸で「問題の音」がしていることを確認して、最も可能性が高い、直上階の戸におうかがいしました。しかし、何ら「音源」らしきものはありませんでした。

次に接している、隣戸の玄関ドアを開けた途端、「問題の音」が止みました

隣戸のキッチン換気扇は、ONのまま、でした。原因は、隣戸のキッチン換気扇でした。

 

隣戸の玄関ドアを開けると、「問題の音」が止む、ということは、やはり上記の『タイコ現象』に起因している、ということになります。

 

物には必ず、『固有振動数』というものがあります。『共振透過』しやすい周波数がある、ということです。

大凡、その物の『固有振動数』は、軽く叩いた時の音、と言われています。今回の630Hzの音は、軽量鉄骨の『共振透過』周波数に近い、ということになります。

 

今回の音源は、隣戸のキッチン換気扇の運転音・振動、ということが分かりました。

換気扇など、モーター類は、ボクの経験では、24時間運転しっ放しの場合で約2年、時々の運転で約5年くらいで、音・振動が階段的に、増加します

「問題の音」は、今年の初め頃から発生している、とのこと。隣戸の換気扇は、ほぼ回しっ放しで、今年の初め、いきなり『共振状態に入った、ということのようです。

 

対策としては、

.ッチン換気扇の交換

各戸に、吸気口を設ける

をご提案しました。

 

その後、連絡はありませんので、何とか無事に過ごせているのでは、と安心しています。

これまでで最も難しい騒音源探し…ピチャ音とトン音が重なる

これまでで、最も難しい「音源」探し、先日出会いました。

それは、西日本のマンション、管理会社の方からのご相談でした。

 

調査にうかがって、「ピチャ」という音と、「トン」という音が、1階の集会室で、同時に聴えていました。

うかがったのは、夜の19時過ぎ、23時頃まで続きました。屋内を調べて回り、最も大きかったのは、集会室の隣の倉庫内で、露呈している排水管からでした。

どうも問題の音」は、「水」に関係していて、水道管からコンクリートに『固体伝搬』し、室内に『空中放射』されている、というところまでは、分かりました。

 

隣接している各戸のご協力いただき、測定して回ったところ、1階の集会室の界壁裏の戸内が、「問題の音」が最大になっていました。

そこまでは、明らかにできたのですが、そこから先の『伝搬経路』が分かりません。壁・天井・床をこわすことができれば、直ぐに確かめられるのですが、そうは行きません。騒音音源調査は、壁にぶつかってしまいました。

仕方がないので、問題の音が出ているだろう、翌朝、もう一度調査をする、ということで、その日は終わりました。

 

ホテルに帰っても、寝られず、その日の測定結果と、いただいた竣工図、特に設備図を引っ張り出し、様々な音源・伝搬経路の検討をしました。

その結果、「ピチャ」という音と、「トン」という音の大きい場所が、異なることに気が付きました。

「ピチャ」という音が大きい、1階の戸内と、「トン」という音が最も大きい集会室周辺に、翌朝、再度うかがって、それぞれの「音」について、最初から追跡し直そう、と決心しました。最大の場所の近くに、音源はある、という原則通り、そこからもう一度、始めることに決め、やっと寝られることができました。

 

「問題の音」が出ているのは、時間的には、夜と朝。どうも「水」をよく使う時間に、発生している、ということが分かっています。

そして「問題の音」が大きいのは、集会室と、界壁を隔てた1階のある戸

その近くに、音源があることは、確実です

 

【「ピチャ」という音】

「ピチャ」という音が大きいのは、1階のある戸のキッチン側の間仕切り壁とコンクリート界壁、特に排気管が通っている、と思われる梁型の前が、最大

これまでの経験から、推測をすると「ピチャ」という音は、水滴が垂れ、管底に溜まっている水に当たる音では、と思われます。その音・振動が、隣接している排気管に「固体伝搬」し、コンクリートに「固体伝搬」しているのでは、と推測されます。

また、排気管から「空中放射」される音・振動が、梁型を形作っているプラスター・ボードとの空間で、「タイコ現象」を起こし室内に「空気伝搬」、「空中放射」されている、と思われます。

その音の間隔は、数秒間隔。

 

【「トン」という音】

「トン」という音は、1階のその戸の界壁の真裏に当たる、集会室の壁・梁が最大でした。

集会室内よりも大きな測定値が測定されたのは、その隣の倉庫内で、露出して並んでいる、給水・排水管。その中で最大だったのは上階からの排水管でした。こちらは、幸いにも、仕上げがない倉庫内だったので、音を伝搬している排水管を特定できました。

これまでの経験から、排水管で「トン」という音源は、排水管内で、水滴が垂れ、管底に当たる音でした。こちらは、水は溜まっていない状態の場合でした。

その音の間隔は、やはり数秒間隔でした。

 

どうも「問題の音」、「ピチャ」音と「トン」音は、音質と最大の場所が違っていて、発生している場所が違うようです

 

 

でも、ここから先は、調べようがありません。

壁を破り、床をめくらない限りは、確認しようがありません。

ここから先は、給排水設備の業者さんを中心に、排水管をたどっていく他は、できません。

 

結局、そういう報告書を作成し、そこから先の調査を、移譲しました。

残念ながら、その後のご報告、お知らせは、未だ届いていません。

携帯電話・中継局、マンション下階にコンクリート伝搬音〔第3回〕

今年の2月、第3回目の騒音調査依頼がありました。

前回、前々回の騒音調査で、原因とされる屋上の電話・中継局のルーバー金物の撤去で、解決した、と思っていたのが、実はまだ

「コーン」という音がする、というのです。

 

屋上には、かなり大きい中継局があり、まだまだ「音源」となりそうな、設備・構造物が、多くあります。

本来なら、いっそのこと撤去してしまえば、すべて解決するのですが、貸し主・借り主とも、それはできないようです。

 

今度の「コーン」という音は、深夜、それも日が変わった1時以降に発生する、とのこと。

本来はお断りする時間帯なのですが、ここまでの経緯上、とても「し〜らない、もうイヤだ」とは、言えません。

時は2月の極寒の時、しかも0時から朝まで。

 

前回の調査で「問題の音」は、屋上の気温の変動による、金属の膨張・伸縮が原因による「音」でした。

今回もそれに近い「音源」ではないのかな?、と考えました。

それも深夜から明け方、冷却による「伸縮」が原因では?、と考えました。

屋上には未だ、中継設備はそのまま、それらの架台・柱・梁が残っています。

その内の何処から、「問題の音」が発生しているのか?

 

「問題の音」は、単発で一瞬の音、測定し逐える自信はありません。

そこで、今回は音楽用の録音機を用意しました。「問題の音」を測定、捉えられない時のための用意です。

 

調査には、ボクの他に依頼者でもある、管理会社の3人の方がお付き合いくださいました。それも部長さんまで、深夜の調査にお付き合い、くださいました。会社としても、それくらい重要なことなんだろうなぁ、と感じました。

 

「問題の音」は、ありました。1時30分頃でした。

が、結構小さな音で「これは?」と思っただけで、終わってしまいました。

ボクの仕事は、「問題の音」がしてくれないことには、始まりません。

ホッとしたのは束の間、測定など、できませんでした。

 

ただし、成果はありました。

「問題の音」が鳴っている方向が分かりました

南西の角から、でした。

 

それまでは、バス・ルームの天井・点検口を開け、それに向けて録音していたのですが、「問題の音」が聴えて来るのは、まったく違う南西の角から、でした。早速、録音機の位置を変えました。

 

2回目はそれから3分後、バタバタしている内に、終わってしまいました。

またしても、測定できていません。

 

3回目はそれから6分後、想像していたよりも、かなり小さな音で、「これか?」と思っている内に、終わっていました。

本当に難しいものです。

 

4回目はそれから15分後、集中しているのにも、限度があります。ホワーとしている時でした。

またしても、測定できませんでした。

 

ただ、こういう時には、4人もいると、助かります。

皆さん、「こっちの方から」と、南西角を指していました

 

その壁裏には、中継設備からの太いケーブルが4本、屋上から外壁に沿って、地上に降りています。そしてそのケーブルを囲っているステンレス板がありました。

どうも「問題の音」は、そのステンレス板の周囲で発生している、ということが、推測できます。

 

「問題の音」はそれ以降、ピタッと止んでしまいました。

後から気象庁のデーターを見ると、1時30分から2時の間が、その夜の最低気温を記録していました。その後、気温は上昇していたのです。原因は気温の低下に伴う、ステンレス板の収縮、に間違いないようです。

 

そこで、お二人の方に、屋上・地上のステンレス板を、棒で叩いていただきました。そしてその音を、測定しました。

マンションの最上階で、聴いていても、屋上の打撃音はピッタリでした。

地上の打撃音は、微かに聴えるレベル、間違いなく屋上の直ぐ下、外壁の真裏で、発生していることが、確認できました。

 

帰ってきて、録音機のデーターを取り出して、その音を測定したところ、ピーク音・波形は、どんピタリ

「問題の音」を特定でき、それらを報告書にまとめ、お送りしました。

 

その後、どうなったか、どう対処されたのかは分かりませんが、何もご連絡がないところから、解決できたのかなぁ、と推測しています。

 

新築時から、低周波騒音

昨年の4月、某ハウス・メーカーさんからの依頼で、低周波騒音の調査を行いました。

 

その戸建て建物は、4年前に竣工したのですが、竣工当時から、不明な低周波音が存在していた、とのことでした。

大手の音の調査会社が入り、調査をしてもらったところ、環境省の『心身に係る苦情に関する参照値』以下で、「低周波騒音問題の可能性は低い」という判定でした。

 

しかし、お施主さんは、そんな調査報告では、当然、納得できる訳もなく、挙げ句の果ては「建物に欠陥がある」という話しになって来ている、というお話しから、ボクに依頼をした、という経緯でした。

 


実際に窓・換気口を締め切り、ブレーカーをOFFにしていただいて、建物内で測定したところ、

16Hz

31.5〜50Hz

160〜250Hz

にピーク音、音の塊が現れました。

 

建物内に「音源」はなく、これらの「音」はすべて、建物外から、外壁・屋根・ガラスをものともせず、建物内に「伝搬」して来ている、ということは、明らかです。

建物は3階建てで、当然ながら遮蔽物が少ない、最上階の3階、特に小屋裏が最大値になっていました。

 

周囲の「音環境」は、都内の商・住が混在していて、かつ道路2本向こうには、幹線道路が走っている、というかなり騒々しい「音環境」の中にありました。

 

それにも関わらず、建物内の静粛性は大きく、特別な音がない時の『暗騒音』は、騒音値で20dB(A)という静かさでした

最近の建物は、壁・サッシの気密性能が上がり、ドンドン静かになって来ていますが、直近に測定した、在来木造の新築住宅内の『暗騒音』は、30dB(A)くらいでした。

10dB(A)小さくなると、人の聴感覚では、約1/2に聴えます

決して遮音性能が小さい、欠陥住宅ではないということは、明らかでした

 

そんな気密性能・遮音性能が高い、建物であっても、『音』は透過、進入してきます

 


「問題の音」は、建物外から伝搬して来ている、ということが明らかになりましたので、『音源』探しに、敷地外に出て、騒音計を頼りに、周囲を回ってみました。

一番多く、気になったのは、エアコン室外機の音でした。測定してみると、31.5〜50Hzがピークでした。

これは建物内に伝搬して来ている△硫擦縫團奪織螻催します。

しかし、これだけ数多くあり、止めてもらう訳にはいきません。

 

自衛対策をするとしたら、境界沿いに3階の窓まで届く、高く長い遮音壁を造るしか、ありません。

そんなことをしたら、「音」は止められるかも知れませんが、風、空気も止められてしまいます。何時までも湿気でジクジクした、不健康な環境になってしまいます。

かつ、近隣の人からは、「変人」として、お付き合いをしてもらえなくなることでしょう。

もしこの「音」が原因であれば、自宅のエアコン室外機でも、同じことになります。

しかし幸いなことに、お施主さんは「この音は、気にならない」とのこと「問題の音」では、ありません

 

他に多かったのは、換気扇の音です。測定してみると、160〜250Hzがピークとなる音でした。

これもの音に、該当します

換気扇の音は、住宅はもちろんですが、商店などからも出ています。これもエアコン同様、止められるものでは、ありません。

この音も、お施主さんは「この音は、気にならない」とのこと、「問題の音」では、ありません

 


では、お施主さんの「問題の音」は、どんな音なのか?

表現していただいたところ、「ゴォー、ゴォー」という音、「パタパタ」という音、とのこと。

「パタパタ」という音は、音の高・低はよく分かりませんが「ゴォー、ゴォー」という音は、明らかに低音を表している、と思われます。どうも「問題の音」は、低周波音のようです

でも、エアコンの室外機の音は、「問題の音」では、ありません。

 

「特別な音」があれば、特別な音がない普段の音『暗騒音』の波形の上に、現れてきます。

その「特別な音」の内、その人にとって「気になる音」が、「問題の音」になります。

当然、人によって、異なってきます

 


その後も、周囲を回りました。

すると、ある集合住宅の敷地内にある、変電設備・キュービクルから、かなり大きなピーク音、16Hzのピーク音が現れました。

これは,硫擦乏催します

その場所から、その方のお宅がよく見えます。直線距離にして、20mくらいの距離でしかありません。

 

しかしボクには、聴えません。ISOの分類でも、通常の人には聴えない、20Hz以下の『超低周波音』に分類されます。

残念ながら、お施主さんはその時、同行されていなかったのですが、後日確認していただいたところ「気になる音」であったようです。

 

波長が短い、中・高音は光のように直進しますが、波長がとてつもなく長く、普通は人には聴えない、16Hzのような超低周波音は『回折』という回り込みをします

また、一般に言われる『質量則』による、『空気伝搬音』の遮音性能は、波長の長い低周波音は、遮音板が薄いため、ほとんど効果が無く、透過してしまいます

16Hzの超低周波音は、外壁・ガラスを透過して、建物内に『空気伝搬』して、いました

 

「欠陥住宅」ではなかった、ということが証明でき、ハウス・メーカーの方からは、感謝のお言葉をいただきました。

地下鉄の音よりも大きい、地下のダンス教室の音

都内の賃貸マンションの所有者の方から、「地階にあるダンス教室の音が、6階まで響いて、とてもうるさい」というご相談がありました。

早速うかがって、測定をしてみました。

すると、かなり大きな「ドン」という音が、リズムを取って、響いてきました。

 

ダンス教室がある地階に下りて、その近くで確認しました。

そのダンス教室は、ヒップ・ホップ系のダンスのようで、流れの中で、全員が足をそろえて、床を打つ「ドン」という、同じ「衝撃音」に間違いありませんでした。

 

地階のダンスの振動が、コンクリート躯体に伝搬して、何と7階分上にある、6階のその居室に届き、かなり大きい「ドン」という放射音になっていました。

 

これまでも、折々お話ししてまいりましたが、コンクリートは、空気の約15倍、音をよく伝えます

こういう現象は、よく経験します。

 

そのマンションは、前面道路の下を、地下鉄が通っていて、その音・振動もよく聴えます。

しかし、その地下鉄の音以上に、このダンスの音の方が、大きく聴えているのです

ご参考までに、この6階の居室で測定した音を、グラフにしてみます。

 

地下鉄とダンス音、比較グラフ

     ※『暗騒音』=何もない時の、普段の音

高い音は地下鉄音の方が、大きくなっていますが、男性の声とほぼ同じ、250Hz以下の低い音は、ダンスの「ドン」音の方が

ピーク値で20デシベルくらい、大きくなっています

 

音エネルギー量と人の聴感覚は、対数の関係で、10デシベルは2倍に、20デシベルは4倍に聴えます

それくらい大きな「音」になっていたのです。

 

賃貸ですので、他の居住者のためにも、ダンス教室の衝撃音を低減するか、無くす対策をしてもらうよう、交渉できるはずです。

しかしこのマンションは、共同所有で、あいにくそのダンス教室は、他の所有者の区分になっていて、その所有者に交渉したもらうしか、解決するための手段がありません。

 

解決をしてもらうため、ボクが測定調査報告書を作成し、それを基に交渉していただいたようですが、なかなか前に進まないようでした。

丸1年くらい経ったこの夏、その方から、「結局、所有権を売却して、引っ越すことにしました」というご連絡をいただきました。

 

お聞きすると、そのダンス教室は未だに、引っ越さずに、運営を続けているようだ、とのこと。

お住まいの方は、どうしているのかな?、と思うと、最善の解決ではありません。

残念で、仕方ありません。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.