“音”の世界から、建築・暮らしを考える

“音”に関わりながら、騒音問題、ピアノ室・音楽室の設計、自然材料に由来する新しい音の材料を開発、音システムの開発など、気が付いたことを記していきます。
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
自然・建築・防音
騒音調査・防音対策の御問合せ

低周波騒音と調査
*マンションなどの住宅、工場・ビルなどの騒音対策の基本は、音源の分析と音測定です。その結果を踏まえて、防音対策を検討します。

神奈川県 川崎市麻生区
下麻生1-6-22-705
株式会社ヴォイス

代表:西村文利(一級建築士)
FAX 044-988-4745

六番町店 ダ・ヴィンチ店
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
保育園の子どもの声は、騒音か?

先日、首都圏内の、ある保育園で騒音調査をしてきました。

今年4月に開園したところ、近隣にお住まいのある方から「子どもの声がうるさい」というお話しがあり、

実際にどのくらいの音が出ているのか?

もしそれで、ご迷惑をお掛けしているようであれば、どういう対策をしたら良いか?

それを知るために、1週間にわたり、測定調査を行いました。

 

その保育園には、0歳から5歳児まで、40人くらいの子どもさんが、通っているとのこと。

年齢によって、動きも声も変わります。

それである程度、年齢別のクラスごとに、いろいろな行動パターンを想定し、それぞれについて、測定をしました。

今回は、「園庭でのお話し」、「お歌とダンス」、「その他の遊戯」に分け、年齢ごとの、周波数とその音量を調べてみました。

 

その結果、周波数は、喚声の時を除いて、年齢が大きくなるにつれ、低い声になることが分かりました。

その声の中心周波数は、0〜2歳児くらいまでが、1250Hzくらい。3〜5歳児では、だんだん低くなってきて、630Hzくらいまでになりました。

ちなみに、大雑把に言うと、男性の声は100〜250Hzくらい、女性の声は250〜500Hzくらいの声が、多いようです。

 

人の聴感覚は、騒音計では、騒音値・A特性(dBA)として表されます。

人の聴感覚は、2500Hzが最もよく聴え、音圧値(音エネルギー値)・F特性(dB)では、1000Hzでは-1.3dB、500Hzでは-4.5dB、250Hzでは-9.9dB、小さく聴えます。

人の聴感覚は、10dB下がると、1/2に聴えます。

同じ音圧でも、2500Hzと比べると、250Hzの音は、約半分に聴えていることになります。

つまり「子どもの高い声は、大きく聴える」ということになります。

 

音量=騒音値・A特性(dBA)の最大値は、初めてプール遊びをした、3歳児の75.8dBAでした。

ただ、この園庭は、四周をマンション・アパート・ビルに囲まれた『囲繞地』(いじょうち=法律用語)にあります。

建物の壁に反射され、『音』はエコーを起こしていました。

この『音環境』で、どういう対策が、現実として可能か?

 

そもそもその前に『子どもの声は、騒音』であるかどうか?が問題になります。

JISでは、「望ましくない音。たとえば、音声、音楽などの伝達を妨害したり、耳に苦痛、障害を与えたりする音」と、定義されています。

『耳に苦痛、障害を与えたりする音』は、完全に身体的に有害であるので、『騒音』である、と言えます。

それ以外は『望ましくない音。たとえば、音声・音楽などの伝搬を妨害』する音と、いうことになります。

今回の子どもの声は、『望ましくない音』に当たるのでしょうか?

 

『望ましくない音』というのは、その人、個々によって変わってきます。

例えば、音楽を大きな音で聴いている人にとっては、『騒音』ではありませんが、それを聴きたくもないのに聴かされる人にとっては、『騒音』になります。

今回の場合『子どもの声が騒音』であるかどうかは、人による、というのが、結論になります。

 

 

今回、『騒音』として訴えている方は少数です。大多数の方は、『騒音』として捉えていなくて、むしろ「元気をもらっている」と、おっしゃる方もみえました。

でも、その少数の方にとっては、我慢できない事情、情況などが、きっとあるのでしょう。

ご迷惑をお掛けしていることは、確かなようです

可能な限り、低減する対策を、施していかなければ、とボクは考えています。

 

対策としては、園庭がすっぽり収まるような、シェルター、ドームのようなものができれば、一番なのですが、

そんな何千万円も掛かるようなものは、不可能です。

次善の策としてボクがご提案したのは「吸音・乱反射などに依り、音エネルギーを低減させる」ことです。

具体的には、園舎の壁面に吸音板を貼ったり、常緑樹を園庭の境界沿いに植栽したり、園舎の壁面に置いたりすることです。

 

ボクの本業は、建築設計で、これまでいくつか、防音の目的で、吸音板を貼ったり、植栽をしたことがあります。

それなりに、効果はありました。

何とか『解決』して欲しい、と願っています。

音、全般 | 08:34 | - | - | - | - |
信じられない「ピアノ室」、ピアノの音が、下階に伝搬

昨年の暮れ、考えられないことに出会いました。

首都圏のマンション「ピアノ室を造ったが、どうも防音ができていないようだ。何とかできないか?」というご相談を受けました。

お聞きしたところ、「最近、下階の人の態度が変。どうもピアノの音が漏れているようだ。」とのこと。

早速、現在のピアノ室の防音性能を、調査にうかがいました。

 

室内で、低音から高音を一定の音エネルギーにした『ピンク・ノイズ』を発生させ、測定できる、いろいろな箇所で、測定をしてみました。

お使いのピアノは、国産の中では、最も大きな音が出せる、と言われているアップライトピアノでした。

それなので、そのピアノが出すと思われる、ピアノ室・中央で、騒音値、80 dBAくらいのピンク・ノイズの音源で、測定をしました。

 

下のグラフが、その結果です。

アビテックス 遮音性能2

 

ドアから、125〜160Hzの音が漏れていることが分かりました。

測定場所は、ピアノ室に接している、東の廊下・玄関、南の洗面・壁前、北の屋外廊下・窓前、で測定をしました。

隣戸の界壁側は、不可能だったので、諦めました。

お隣からは、特にクレームは出ていない、ということでした。

 

上記の音による、遮音性能は、下記のようになりました。

アビテックス 遮音性能グラフ

このピアノ室の仕様は、『D-35』ということです。

間に既存の壁がある、洗面・壁前はD-31、『D-30』ランク。

ドアの遮音性能がそのまま反映する、廊下・ドア前はD-26、『D-25』ランク。

間に間仕切り壁がある、玄関・壁前はD-17、『D-15』ランク。

屋外である北廊下・窓前は、二重サッシの性能そのものであるはずですが、D-19、『D-20』ランクでした。

 

どれも、仕様『D-35』に達していません

 

それ以上に問題だったのは、聴診器で玄関・床のピアノ音を聴いてみたところ、ピアノの音が、大きな音のまま、伝わっていました。

そこで、学会・基準にはない、『固体伝搬音』の測定をすることにしました。

その結果が、下記のグラフになります。

アビテックス 振動性能グラフ

ピアノの音は、ピアノの脚から伝搬している、と考えられるので、ピアノ室内のピアノの脚の振動、その直下のカーペット、その下のフローリング、を測定してみました。

そして、コンクリート・スラブ直接である、玄関・床、その上にある、床の木下地に接している玄関・幅木の振動・音を測定してみました。

 

その結果、100Hzまでの低周波音が、ほとんど減衰することなく、伝搬していることが、分かりました。

特に玄関・床は、63〜100Hzの低音が、大きく伝わっていました

上記の音による『振動低減性能』は、下記のグラフになります。

アビテックス 振動性能グラフ

室内床、玄関床・幅木ともに、結果はすべて、4000Hzという高い音・振動が良くなく、そこで振動低減性能は、決まっています。

ピアノ室内は、カーペット上がD-10、フローリング上がD-12、ともにD-10ランクでした。

つまり10dBしか、低減していない、ということです。

もっと良くなかったのが、玄関です。

床がD-5、幅木がD-6、ともに室内よりも良くない、D-5ランクでした。

つまり、ほとんど低減していない、ということです。

 

もうひとつ、このレンジは『透過損失』D値のレンジを使いましたが、もっと良くないのは、100Hz以下の低周波音です。

このレンジには、低周波音はありません。

 

総合すると、恐らく下階の室内には、かなりの音が伝搬していたのでは?と考えられます。

何としても、『固体伝搬音』を低減しなければなりません

 

このピアノ室を造るのに、大金を使ってみえるので、なるべくコストは安くしなければなりません。

そこで、遮音性能が良くない場所は、すべて戸内、対外的な箇所は、北廊下・窓だけなので、『空気伝搬音』は目をつぶって、『固体伝搬音』対策を徹底しよう、という考え方にしました。

 

これもコストのことを考えて、既存の床をそのまま使い、その上にスタインウェイ同等の性能と考え、11層の遮音制振層を構築する、というプランをご提案しました。

合計約60万円くらいでした。

 

工事後、下階の方のご了承をいただき、上階のピアノを思い切り弾いていただき、下階の室で測定しました。

その結果は、ほとんど伝搬していませんでした。

騒音計では暗騒音と比べ、一部約5dB程度の盛り上がりはありましたが、測定していて、耳を澄ますと、微かに聴えるかな?くらい、の音で、何時スィッチを押して良いか、分からないくらいでした。

下階の方からも、「これならば、大丈夫ですね」というお墨付きをいただきました。

 

しかし問題は、こういう性能の良くない音楽室を、高い値段で、売っていること

とてもボクには、考えられません。

ピアノ・音楽防音室 | 10:34 | - | - | - | - |
マンションの騒音問題とマスコミ

先日、後味の悪い問い合わせがありました。

それは某テレビ、ニュース番組の特集として、『マンションの騒音問題』を取り上げたい、というボクにとっては、ありがたい、うれしいお話しでした。

マンションの騒音問題を解決するには、一般の人たちの皆さんのご理解こそ、最も大事なことだ、とボクは考えているため、です。

先ず、女性から電話で、そのような趣旨のお話しがあり、ボクは「それは、ありがたいことです。」とお答えしました。

それで、どのように捉え、どのように進めて行くか?お話を聞いていると、だんだん、???という気持ちになってきました。

そして最後に、「どなたか、騒音で困っている方を、ご紹介くださいませんか?」と言われて初めて、気が付きました。

そうだ、そうだったんだ!

 

マンションの騒音問題の特徴は先ず、法律がないことです。

そのために、「個人の感覚だ」とか「あなただけでしょう」など、管理会社から、突き放されるのです。

何とか、管理組合に持ち込んでも、逆に変なマンション規約によって、騒音に困っている方たちが、追い詰められているのです。

「個人のトラブルに、管理組合は介入しない」とか

「民事の争いには介入しない」とか

訴えれば訴えるほど、マンション内で、村八分になって、相手にされなくなっているのです。

 

マンションの騒音問題にお悩みの方たちは、非常に困難な境遇にあるところを、解決に向け、ボクも一緒になって、考え、やれることを実践し、それでもなかなか前に進めない、そんな情況の中にいるのに、悩みをネタに、商売をしよう、なんて、許せない気持ちで、イッパイになりました。

 

ついつい感情が入って、「ふざけるな!どれだけ皆、苦しんでいると思うんですか!」

と言ってしまいました。

 

可能性として、マスコミに取り上げられることで、そういった事情を知らなかった人たちは、「ああ、そんなに困っているんだ」

何とかしてあげなくっちゃ、と考えてくださる方もみえるかも知れません。

しかしマスコミのニュースと一般の人たちの関係は、簡単に言うと、ウケをねらうマスコミと、それをウォッチャーになってしまう、一般の人の関係になってしまいます。

そして、ドンドン流されてしまいます。

とても、解決には向かいません。

 

そんな問題ではない!

とボクはいつも考えて、やっています。

 

その後も、テレビ番組の制作会社から、変なメールが入ったりしましたが、ボクはお断りしました。

高級老人ホーム…最高の難度、たった一瞬の異音
去年の暮れ、いつもご相談がある、高級老人マンションから、『異音』騒音のご相談を受けました。
それは、マンション室内で、「10分おきに、ググッという音がする」という調査依頼でした。

1回目と2回目は、その『異音』に出会えず、やっと3回目、聴くことができ、採音、測定し、コンセント・ボックスの中の音を、聴診器で、聴くことができました。
 それは、「グルッグルッ」という、たった1秒間くらいの音でした。
その間隔は、約10分ごと。
そしてその音は、1時間くらいして、聴えなくなりました。

お住まいの方は、その『異音』が発生した時間を、克明にメモしてみえました。
それによると、その『異音』に気付かれたのが12月上旬。
午前10時過ぎくらいから、続く時は深夜まで。
また、それが続く日は4〜5日。
『異音』がない日もあり、長い時は3週間くらい経った頃、また始まる、といった現象になっていました。

その音がする時と、風の関係も調べてみました。
気象庁のホームページから、1時間ごとの風向・風力を調べてみましたが、ほとんど関係は無さそうです。

『異音』は、50Hz〜200Hzの低・中音が含まれた『複合音』
音エネルギー量は、40〜45dB
環境省が出している『低周波音問題の手引き書』にある、『心身に係る苦情に関する参照値』は、80Hzの音域で、わずかに超えていました。

音がしている時間が1秒では、その音をたどることもできません。
廊下に出ると、もうその音は聴えません。
壁の中には、それ以上の音が、渦巻いている情況です。
建物内には、通常の給排水設備の他に、セキュリティー設備、厨房設備、そして温泉設備まであります。

「どうやったら、騒音源の特定ができるか?」

先ず、『伝搬経路』は、見付けられません。
その『異音』をたどることは、不可能です。
そこで考えたのは、逆からたどる方法でした。

記憶を頼りに、その『グルッグルッ』という音を出す可能性があるものを、探しました。
一番それに近いものがありました。
それは、給水と、給湯設備の『電磁弁』でした。
それは、給水の場合は、タンクの水位が設定の位置以下になった時、スイッチが入り、給湯の場合は、洗い場でお湯が使われる時、スイッチが入るように、なっていました。
音は「グルッグルッ」、ピッタリです。
そして、1秒間くらいで、止まります。

ただ、そこまでは、推測でしかありません。
伝搬していることを、証明しなければなりません。
それがないと、対策ができません。

そうこうしている内に、音が止んだしまいました。
3月の中頃でしたでしょうか。
そこから先は、また寒くなり、音が出始めるまで、待たなければなりません。

そもそも、何故12月から3月の間だけなのか?
寒さ、温度と関係があるのか?
何故10時頃からなのか?
疑問は、まだまだ続きます。

これほど難しい音の問題は、初めてです。
恐らく、これ以上の難問は、無いのでは?と思えます。
まだまだ試練は続きます。
サポーターの情熱を数値化する !!
4月16日(土)、ひょんなことから、味の素スタジアム、FC東京 vs 川崎フロンターレの試合で、「騒音?測定調査」をしてきました。
本屋さんには置いていない、硬派のサッカー専門雑誌、『フットボール批評』の編集者からのご依頼でした。

そのテーマは「サポーターの情熱を数値化する !!」というもので、サポーターの声援が、音量、何デシベル(dB)になるか?
という測定の仕事でした。

音の世界では、これに該当する用語はありません。
最も近いのが、『騒音測定』という用語になってしまいます。
「騒音」ではないだろう!と怒られてしまいますが、正式にはそれしかありません。
ここでは仮に、『情熱測定』と呼ぶことにします。

試合開始の2時間前、編集者の方とゲート前で待ち合わせ、あこがれだった「関係者専用通路」から、入りました。
ホームのFC東京の方にご挨拶、「楽しみにしています」とお声を掛けていただき、「へぇー、そんなに期待されてんだぁ」と、逆にプレッシャーを頂戴してしまったり、記者控室では、この世界の住人らしい、ネームプレートを首から提げた人たちが、ワイワイ右往左往行き交う中、川崎フロンターレ担当の方をご紹介されたり、みんながみんな、ワクワクしながら、これ以上ないくらい楽しんでいる、そんな空間にはまり、その空気を吸っていました。

で、早速、ボクは、もらった赤いビブスを着て、ピッチへ。
サッカーでは、グラウンドとは呼ばず、ピッチと呼ばれているようで、厳密にピッチとは、ゲームをする白線の中を言うらしい、ということが、少しずつ分かってきました。

赤いビブスは、テレビ・クルー用らしく、FC東京・ホーム側ゴール裏付近の取材エリア、他の人のジャマにならないよう、端っこに、100円ショップで買ってきた、折りたたみイスに座り、待機しました。

ボクは、サッカーは野球より好きで、黄金時代のジュビロ、名波さんのファンで、何回かジュビロスタジアムに通ったり、名古屋の瑞穂競技場、豊田スタジアムにも、行ったこともあります。
現在は、フロンターレ、憲剛さんのファンで、麻生の練習場が近いので、たまに練習を見に行ったりしています。

でもこれまで、サッカー場でボクがいた場所は、スタンドの中、ピッチに下りたことは、一度もありません。
座ってみて、先ず感じたのは、「音がボクに向かってくる」という感じ。
スタンドの屋根の角度、スタンド・観客席の勾配、選手に聴えるように、設計されているのでは?と思うくらい、大きく、よく聴えます。

早速測定してみました。
試合前の音楽がない、お客さんが期待イッパイで、三々五々席に着き始める、ザワザワした時が、騒音値AP(A)で65dB(A)、
最も静かだった時は、ゲーム前、熊本地震の被害に遭われた人に黙祷時で、57dB(A)でした。

最も大きかったのは、やはりゴール時。
前半4分、ネイサン・バーンズのゴール時、と後半11分、前田遼一のゴール時。
ともに、106.9dB(A)。
バーンズの時は、ホームの反対側、前田の時は、こちら側、全く同じ音量でした。

サポーターは、エライもんです。
近くだろうと、遠くだろうと、全く同じ音量を出せるのです。
これは、「奇跡に近い」とボクには思えます。
ボクの使っている騒音計は、6/1000 dBまで測定できます。
そんなピッタリに、数値を合わせることは、不可能です。
サポーターは、エライもんです。

もうひとつビックリし、感動したのは、前田遼一のゴールした時です。
ボクは音を採るのに夢中で、「最大値、最大値」と念じながら、騒音計を見つめていたその時、その騒音計のわずか5兩茲髻∩暗栂飽豼手の太ももが、横切ったのです。
彼はサポーターに向かって、両手を突き上げて、鼓舞していました。
彼の太ももは、大きかった!

その時の106.9dB(A)、地響きのよう、ボクの身体が揺れるのを、感じました。
フットボール批評 71
逆に、前半11分、フロンターレ・大久保のゴール時は、97.9dB(A)、
約10dB(A)も小さかったです。やはり味方のゴールに勝るものは、
無いようです。
ただここで面白いのは、男性の低い声、と思われる200Hzの音は、
バーンズのゴール時は、89.1dB(A)、大久保の時は、91.9dB(A)、
「おおーっ」というため息?の方が、勝っていたようです。

もうひとつ、音の成分を見ると、ゴール時は、500Hz〜2KHz、
そう女性と子どもの声と思われる、中・高音域が大きくなっているのです。
それもピークは、800Hz。
普段よりも、1オクターブ高い声が、主成分となっているようです。
人は興奮すると、1オクターブ高い声を発するようです。

結局、考えてみると、80%は騒音計を見つめていて、残りの20%くらいしか、
ゲームを見ていられませんでしたが、本当に感動し、楽しい仕事でした。
普段は、騒音に困っている測定調査がほとんど、まぁそれは当然なのですが、
「こういう楽しい仕事、佳いなぁ」と、つくづく感じました。
「もし次があるようでしたら、お願いします」と、言っていました。

右に、送っていただいた『フットボール批評』11号の表紙写真を、付けておきます。
ネットでしか買えませんが、興味のある方は、どうぞ。
音、全般 | 09:47 | - | - | - | - |

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.